「留学費」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「留学費」を含むコラム・事例

11件が該当しました

11件中 1~11件目

  • 1

親の気持ちは、複雑でありシンプル♪

人生を変えるメイクアップアーティストの星  泰衣(ほし やすえ)です。 今日は、プライベートなお話です。 私は、メイクアップアーティストであり、 一般社団法人 日本セルフプロデュースメイク協会協会 の代表理事であり、 そして、 一人の母親です。(大1と中3の娘がいます) 「英語を使って活躍したい!」 その夢叶えるために留学をしたいと言っていた上の娘の留学が決まりま...(続きを読む

星 泰衣
星 泰衣
(イメージコンサルタント)
2015/12/22 16:47

MBAって何?ビジネススクールって何?MBAの基礎の基礎。

MBAとは、Master of Business Administrationの略で、日本語では経営学修士と呼ばれます。日本の中小企業診断士や公認会計士のように国家試験に合格して与えられる資格とは違い、世界各国のビジネス系大学院(ビジネススクール)にて一定の単位を取得することで授与されるビジネス学位です。19世紀末のアメリカで、国の産業化を受けて各企業で経営を科学的に捉える考え方が生まれるようにな...(続きを読む

川尻 秀道
川尻 秀道
(留学アドバイザー)

今すぐバンクーバーの高校に留学したいです

「今すぐバンクーバーの高校に留学したいです」という下記のご相談がありました。 高校2年生です。1ヶ月の語学研修で日本の英語教育が最低なことに気がつきました。 そんな日本で英語の勉強を続けるより、早くもっと真剣に英語を勉強したいと思い始めました。 今やらなければ遅くなるとも思います。 うちは大学生の兄が一人、今年中学受験を控えている妹が一人います。 経済的にも厳しいと考えた僕は高校を転校してし...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

「どうしても留学したい!」 - なぜですか?

日本の高校生・大学生がカナダに正式留学するのを支えて35年になります。その立場から下記の質問に回答しました。_________________【相談】日本の大学二年生です。 留学への憧れをずっと持っており、高校時代イギリスで2週間短期留学した時に、これが自分のやりたかったことだと強く思いました。 留学で広い世界を見て視野を広げたい一方、日本が窮屈に思えてしまい、日々辛く感じています。 日本の...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダ留学格安手配 良くある質問 その2 留学エージェント選び

エージェントって本当に必要でしょうか? カナダ留学の手配について、その1についで多い質問です。 ウェブ検索や知恵袋などのQAコーナーでは、よく留学エージェント=悪徳のため使わないほうが良い。 自己手配でも問題なくできる などの書き込み、記事などをよく目にします。 そのため、私のところに来る相談についても、疑心暗鬼で不安を抱えたお客さまからのメールが良く来ます。 ここでは、エージェントと言うも...(続きを読む

末永 真一
末永 真一
(留学アドバイザー)
2014/06/24 09:12

2013年日本の富裕層約58万世帯減少(2012年対比)

6月15日の日経新聞有料会員記事に「日本の富裕層、世界3位の124万世帯 民間調査」という見出しを読み、愕然としました。ボストンコンサルティンググループリポートを掲載しており2013年の世帯数で比較しています。ちなみに1位は米国で2位は中国です。何に驚いたかといいますと、世帯数の減少です。RBCウェルス・マネジメントなどの調査によれば、2012年の富裕層第一位は米国で第2位は日本で約182万世帯で...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

留学・研修費用について一定期間の勤務を続けなければ費用の返還を義務付ける約定の有効性

○留学・研修費用について一定期間の勤務を続けなければ費用の返還を義務付ける約定の有効性 労働基準法16条は、労働者に不利益を課し、退職を抑制することを禁止する趣旨である。 留学・研修の業務性が強ければ、使用者の利益となり、損害賠償額の予約禁止(労働基準法16条)に違反し無効となる。 業務との関連性・必要性が弱ければ、従業員個人の利益といえ、労働契約とは別個の金銭消費貸借契約となり、損害...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

『留学したくない』高校生の6割

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、 渡辺です。   日本経済新聞の記事によると、全国の高校生の約6割が『留学したくない。』と考えていることが、 文部科学省2012年度に実施した調査で分かった。 語学力や留学費用を心配する生徒が多かった。 一方で高校生の留学を支援する自治体は倍増。 留学費用の支援制度を設けたり、留学経験者を高校に派遣した...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)

高校私費留学か交換留学か

アメリカやカナダの高校留学を考えている学生さんからのお問い合わせが増えております。保護者の方からも多くご相談いただきます。 カナダは多くの公立高校が留学生を受け入れており、語学講習プログラムも充実し、独自にサマーESLプログラムを開催したりと、高校留学ではユニークな、さらにリーズナブルな選択ができるという利点があります。 アメリカの場合は、私立のボーディングスクール(寮生活)の選択だと、たしか...(続きを読む

今入 亜希子
今入 亜希子
(留学アドバイザー)

【相談実例】極悪非道な元夫が離婚成立後もつきまとってきて…

こんにちは! 修復・離婚カウンセラーの谷口です。 今回は実際に相談をお受けした、「離婚した元夫がいつまでも付きまとってきて精神的に限界」な女性の方について、相談でお答えしました実例をお話しします。   ■相談者 30代前半の女性本当に助けて下さい。今は離婚していますが、籍を入れたのも失敗でした。しかし、籍を入れなければならない状態だったので籍を入れ生活をしました。二人の子供がいるにもかかわら...(続きを読む

谷口 憲子
谷口 憲子
(離婚アドバイザー)

アメリカのオペアプログラムについて

「オペア」(Au Pair)とはもともとはフランス語からきていて、ホストファミリー宅の子供のお世話をしながらホームステイをし、お小遣いをもらいながらその国である一定期間生活ができるというものです。ヨーロッパ発のプログラムですが、今や全世界で若者たちの海外経験の手段として利用されています。アメリカ政府が認可するオペアプログラムは、26歳までの若者が対象で(現地で27歳になるのは問題なし)、延長すれば...(続きを読む

今入 亜希子
今入 亜希子
(留学アドバイザー)

11件中 1~11 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索