利益と税額 - 記帳代行・指導 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

利益と税額

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 記帳代行・指導
経営 会計・税務

おはようございます、今日は日刊新聞創刊の日です。
新聞も過渡期です。


税理士選びについてお話をしています。
顧問料の確定要素について、まず取引量や事業の規模について触れました。


次に触れておきたいのが、利益と税額です。
税金にも色々な種類がありますが、もっとも重要なのは利益に対する税金です。


・売上が1億円で利益が50万円
・売上が3,000万円で利益が1,000万円


両者を比較した場合、規模は前者の方が大きいですが、利益と税額は後者の方が高くなります。
発生する税額が高いということは、税理士もそれだけ色々な点を考慮する必要が出てきます。


そうなると、やはり顧問料は上げていかざるを得なくなります。
経常的に利益を獲得できている企業の場合には、顧問料もそれなりの金額になってきます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

最近の事例(2020/04/09 07:04)

土地勘のあるお付き合い(2020/04/07 07:04)

このコラムに類似したコラム

商売の規模は? 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/13 07:00)

惰性は怖いよね、というお話 高橋 昌也 - 税理士(2020/03/29 07:00)

選択肢の提示 高橋 昌也 - 税理士(2020/03/28 07:00)

脱税相談 高橋 昌也 - 税理士(2020/03/24 07:00)

丸投げ過ぎの事例 高橋 昌也 - 税理士(2020/03/23 07:00)