その成果は「運が良かっただけ」は本当か - 人事評価・賃金精度 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)

閲覧数順 2019年06月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

その成果は「運が良かっただけ」は本当か

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事評価・賃金精度
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 ある会社の中堅クラスの営業マンについて、その個人評価を話していた中でのことです。

 

 この営業マンの仕事ぶりを、上司は「やる気がないしミスが多い」と言います。目標未達となることが頻繁にあるそうですが、何とか目標に近づけよう、達成しようという意欲が見られないそうです。また、事務処理の不手際による顧客クレームが、年に何回かあるのだといいます。

 上司の立場からすれば、大きなミスを定期的に起こすような部下に、重要な仕事を任せたり多くの権限移譲をすることはできませんし、売上や利益の目標がなかなか達成できなかったりすれば、良い評価をできないのはやむを得ないでしょう。

 

 ただ、過去数年分がまとめられた、この人の営業成績を見ていると、決してトップクラスではありませんが、比較的コンスタントな成果をあげています。もちろん多少の波はありますが、大きく伸びることがないかわりに、大きく減らすようなこともありません。

 

 このことを上司に尋ねると、「それはたまたま運が良かっただけ」と言います。くわしく聞くと、比較的古くからの顧客や受注に結びつきやすい常連客を、他の担当者から引き継いでいることが多く、要は営業的な難易度が低くて売りやすい顧客が多いという、運に恵まれている部分が大きいのだそうです。

 

 そう言われて、まとめられたデータをあらためて見ていて気づいたのは、この人の担当顧客の顔ぶれが、毎年少しずつ変わってきていることです。にもかかわらず、売上を維持し続けているということは、ただ「運が良い」ということでは説明がつきません。

 

 この点をさらに上司に聞くと、「そう言われてみれば・・・」と話してくれたことがいくつかあります。

 例えば、毎年お客様から届く年賀状は、営業担当者の中ではこの人が一番多いのだそうです。人当たりが良く、顧客から名指しで対応を頼まれることが意外にあるようです。

 また、件数は物足りないながらも、新規受注につなげた顧客がいくつかありますが、担当顧客から関係先を紹介してもらうことが、他の営業担当に比べて多かったようです。このことを、上司はただ「運がいいから」という見方をしていました。

 

 顧客から大きなクレームを受けるイメージが強く、上司としては、顧客の評判が良いとは捉えていませんでしたが、こうやってあらためて過去データを見ると、環境が変わっていっても、ある程度の成果は計算できると言えます。

 上司は、「ただ運が良いだけではないことがわかったので、これから彼の活かし方をもう少し考えなければいけない」と言っていました。

 

 運というのは、自分でつかみ取るというよりは、他人が運んできてくれるものだということが言われます。ここからすれば、「運が良い人」というのは、「周囲との関係性が良く、人とのつながりが多い人」です。

 

 運をただの偶然、ラッキーと位置付けて、出た結果は「運が良かったから」として、具体的な検証をやめてしまうと、現実はどうだったのかが見えなくなってしまいます。

 運の良し悪しには必ず理由があり、それを活かせるか活かせないかには、何か能力の違いがあります。

 

 「運が良かっただけ」は本当か、よく見極めることが必要です。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

このコラムに類似したコラム

偶然の出会いは本当に偶然なのか? 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2019/03/19 08:00)