「既存を壊す」の良い意味と悪い意味 - 組織改善・風土改革 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「既存を壊す」の良い意味と悪い意味

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 組織改善・風土改革
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 「ぶち壊す」などというと、ちょっと物騒なニュアンスになりますが、組織において「既存を壊す」ということは、それが良い意味であることと、悪い意味であることの両方があります。

 

 良い意味で「既存を壊す」といえば、固定概念や非効率な慣習、既得権など、組織の停滞を引き起こしているようなことに対して、それを直す、修正する、変革するといった意味です。

 何を守り、何を変えていくかという判断はどんなときでも難しく、ともすれば、何でも「前例踏襲」「今まで通り」としてしまいがちですが、変わることに積極的でない組織は、いつか必ず衰退します。私も、実際にそういう企業の姿を何度も見てきました。

 組織作りの中で、「既存を壊す」ということは、なくてはならない必須要件だといえるでしょう。

 

 これに対して、悪い意味で「既存を壊す」というのは、良い雰囲気、前向きな行動、積極的な提案などに対して、却下したり抑え込んだり、まさに「ぶち壊す」「水を差す」ということです。

 私が企業の中で見かけるのは、実はこちらの方が多く、ほとんどの場合で管理職、マネージャー、その他リーダーの中に、「やる気がない」「自己保身的」「権威主義的」といった人がいて、その人の言動や行動が周囲の人のやる気や意欲や情熱を、文字通り火消ししてしまっています。

 これは俗にいう会社不満とは少し違って、ある特定個人か、少数の何人かに起因していることがほとんどで、中には経営者自身がこういう行動をしていることもあります。

 一見では「会社批判」でも、その中身は権力者個人の不適当な行動、言動に対する不満です。

 

 先日、ある会社であったことですが、全社の営業目標として、毎年「新規顧客開拓」が設定されていて、みんなはそれを何とか達成しようと、テレアポや顧客訪問から飛び込み営業まで、考えられることを一生懸命に取り組みますが、そんな中の一人の部下に対して、「どうせ無駄だからそんなことをやっても仕方がない」と言った営業リーダーがいたそうです。

 

 何か違う方法をアドバイスするならまだしも、「どうせ既存顧客からしか仕事は取れないから、そちらをやった方が良い」「そもそもの目標が高すぎるから、目標に届くわけがない」と何度も言われたそうで、憤慨した部下から営業部長に相談があり、その話が発覚したということでした。

 

 この営業リーダーは、厳重注意されてリーダー役からも外されましたが、営業部長によると、その数か月前から、営業部門の何人かの活動が遅かったり鈍かったりすることがあったそうです。

 それぞれのメンバーから話を聞いたり、全体にハッパをかけたりしていたそうですが、「おかしいと思っていた原因がやっとわかった」と言っていました。

 

 良い意味で「既存を壊す」というのは、なかなか組織全体には波及しづらいのに対し、悪い意味で「既存を壊す」は、それとは逆に良くない影響がすぐ出てきます。

 

 ただし、すぐに影響が出るということは、気づきさえすれば早く直せるということでもあります。原因になっている当事者が必ずいるので、常にアンテナを張って観察していれば、ある程度の様子はわかるはずです。ここで気づくのが遅れると、原因がわかりづらくなり、本当に元に戻せなくなってしまいます。

 

 良い意味で「既存を壊すこと」はじっくりと様子を見て進め、悪い意味でのそれは、良くない芽をできるだけ早く摘むことが重要です。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

このコラムに類似したコラム

管理部門が過剰な会社と軽視する会社 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2019/04/23 08:00)

「森林の世代交代」が企業の組織作りと共通しているという話 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2017/10/03 08:00)

「言葉のイメージ」による違いの難しさ 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2017/07/11 08:00)

活気がある会社とない会社の間で見える一つだけの違い 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/06/21 08:00)

「一体感」と「多様性」はどちらが大事? 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/03/29 08:00)