人工知能に「何を」させるのか?という議論 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人工知能に「何を」させるのか?という議論

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践

おはようございます、今日は洋食器の日です。

先割れスプーンって、やはり日本の学校だけにあるのかしら・・・

 

物流等と新しい技術の流れについてお話をしています。

合理的過ぎる人工知能は、人間社会での実運用は辛いのではないかなぁ、という話について。

 

適宜人間が馬鹿さを発揮するか、人工知能を馬鹿にするのか。

これから、人工知能が仕事を任されるようになる分野は増えてくると思います。

その時に、あまりにも合理的過ぎる指示が飛びすぎてくると、その内人間側が発狂するのではないかと。

 

という辺りを踏まえると、もう一つ深まってくるべき議論として

 

・人工知能に何をさせるのか?

 

というところが予想できます。

現在、人工知能に関する話では

 

・どんなことができるのか?

・どれくらいできるのか?

 

という辺りでほぼ終わっています。

技術の性能という意味では正しいのですが、それではその技術をどの分野で使用するのか?についてはまだ議論が深まっているとは言い難いように思います。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

棲み分け(2017/08/21 07:08)

創造性とは何か?(2017/07/25 07:07)

型稽古の意味(2017/07/24 07:07)

武芸と自己認識(2017/07/23 07:07)

このコラムに類似したコラム

棲み分け 高橋 昌也 - 税理士(2017/08/21 07:00)

再び、再配達問題に話は戻る 高橋 昌也 - 税理士(2017/08/16 07:00)

人工知能による占いは何を産むのか? 高橋 昌也 - 税理士(2017/08/13 07:00)

専門家と専門バカ 高橋 昌也 - 税理士(2017/08/04 07:00)

衝動 高橋 昌也 - 税理士(2017/07/28 07:00)