東北の開発 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東北の開発

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践

おはようございます、今日はスナックの日です。

じゃがいも不足からのポテト騒動は記憶にあたらしいところです。

 

物流等と新しい技術の流れについてお話をしています。

大規模な災害や戦争と開発の歴史について簡単に触れました。

 

実はこの話の流れに乗っかった開発は、ここ数年日本で進んでいます。

そう、東北です。

 

2011年のあの日、東北地方を中心に壊滅的な被害が出ました。

その結果、本当に文字通りの更地や、それに近い大規模破壊が生じました。

 

その跡地開発において、一部地域では相当に革新的な施策が進められたようです。

 

・少子高齢化を見込み、都市機能を駅周辺に集約化

・小中高校の一貫校舎建設、老人介護施設との併設による教育、介護インフラの効率化

・商業施設の近接化による買い物難民の回避

 

これらは実際に東北の一部地域で行われたことです。

なぜコレが可能だったかといえば、間違いなく「一度徹底的な破壊があったから」に他なりません。

 

念のために補足をしておきますが

 

・災害に乗じてけしからん!

・そういうことを言っていたら復興なんかできるか!

 

といった議論についてココでは避けさせて頂きます。

あくまでも事実認定の観点のみからこの後の話も続けていきます。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

棲み分け(2017/08/21 07:08)

創造性とは何か?(2017/07/25 07:07)

型稽古の意味(2017/07/24 07:07)

武芸と自己認識(2017/07/23 07:07)

このコラムに類似したコラム

複合企業体の形成 高橋 昌也 - 税理士(2017/06/26 07:00)

既に動いている人たちはいる 高橋 昌也 - 税理士(2017/06/23 07:00)

いずれ来る大災害 高橋 昌也 - 税理士(2017/06/22 07:00)

都市の根幹はどういうタイミングで整えられるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2017/06/19 07:00)

駐車スペースがいらなくなる? 高橋 昌也 - 税理士(2017/06/16 07:00)