あらためて「逆の立場になって初めてわかること」 - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
長谷川 進
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

あらためて「逆の立場になって初めてわかること」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営コンサルティング全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 お付き合いしている会社から、「○○みたいなことに対応できる専門家の方を知りませんか?」と聞かれました。

 

 依頼したいことの概略は理解できましたし、私なりにいろいろな方々とつながりもあるから、まあ誰かいるだろうと気軽に引き受けたのですが、いざ探してみるとするとこれが意外に難しいのです。

 

 あの人かこの人かといただいた名刺をひっくり返し、いろんな人の顔が頭に浮かんでは消え、結局は意外に身近な人に行き当たって、何とか対応していただけそうで一安心です。

 

 この状況を逆の立場から見ると、私たちのようなコンサルタント、専門家というのは、こうやって周りの人から探される存在です。

 後から話を聞いて、「自分にも声をかけてくれれば何かできたのに・・・」などと思うこともありますが、実はお客様の立場では、これほどの面倒と多大な手間ヒマをかけた上で探し当てていただいているということで、そう思うと何か恐縮するやら申し訳ないやらという気持ちです。

 

 また、私のようにコンサルタントや専門家という立場にいて、それなりにつながりがある中で依頼先を探そうとしても、こんなに右往左往するのですから、普通に探していたらいかに大変かということがわかります。

 今のようにインターネットなどでの情報が容易に手に入り、探す手段は豊富にある環境であっても、良い人を探し当てるのは難しいことです。

 

 もう言い尽くされていることですが、「逆の立場になって初めてわかること」は、本当にたくさんあります。そういう意識を持っているつもりでいても、やはり実際にその立場になってみないとわからないものだとあらためて思います。

 

 これは顧客のある社長から以前言われたことで、その会社では社外の専門家をうまく活用して、いろいろな分野で業務支援やアウトソーシングサービスを使っていましたが、依頼先は基本的にネットの情報を参考にして探すことが多かったそうです。

 

 しかし、私のような「組織・人事の専門家」を探そうと考えたとき、ネットの情報では探せないと感じて、周りの人からの紹介を求めたそうです。

 ただ事務的な仕事だけを任せる訳でなく、もっと経営の根幹にかかわる「人」についての相談相手を求めていたので、自分と気が合うか、会社の価値観と合うか、社員との相性はどうかなど、相手の人となりがわからなければ依頼できないと思ったからだそうです。

 

 世の中のマッチングツールがどんなに進歩しても、テーマによって探し方は違い、昔ながらのアナログでなければ信頼できないようなことも、未だにあるということです。

 自分や自社のこと、できることや専門性をしっかりブランディングして発信するということは、お客様に探す手間を取らせないためにも、大事なことだと感じているところです。

 

 「逆の立場になって初めてわかること」は、今でもまだいろいろあります。


 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

このコラムに類似したコラム

「何か欲しければ、自分から先に与える」ということ 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2017/05/02 08:00)

コンサルタントの選び方 2/2(課題がわからない場合) 佐藤 宏樹 - 公認会計士(日本/米国)(2017/03/28 00:21)

コンサルタントの選び方 1/2(課題がある場合) 佐藤 宏樹 - 公認会計士(日本/米国)(2017/03/28 00:16)

7月度【BIPコンサルティング無料相談会】のお知らせ 高木 仁 - フランチャイズビジネスコンサルタント(2016/06/24 10:30)

フランチャイズ事業にも使える『ものづくり補助金』とは? 高木 仁 - フランチャイズビジネスコンサルタント(2016/04/28 20:58)