相続対策にタワーマンション - 税金全般 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続対策にタワーマンション

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般
税金

相続税が平成27年から改正になり、増税になります。


相続税対策に頭を痛めている人も多いのではないでしょうか。


最近不動産市況が活発になってきたこともあり

不動産、しかもタワーマンションで節税に動く人も出てきています。


なぜ、タワーマンションが節税になるかというと

相続税の場合、土地の評価が非常に高いのがネックとなっています。


タワーマンションに限らず、通常のマンションでも

土地は区分所有になり、面積は非常に小さくなり、

土地の評価額は抑えられます。


まして、タワーマンションの場合、

戸数も多いので効果はあります。


さらに、建物の評価額です。


建物の相続税評価額は固定資産税評価額になります。


タワーマンションの場合、

同じ床面積でも低層階よりも高層階のほうが高いの通常です。


しかし、固定資産税評価額はそれほど違いはないのです。


ということは高層階のタワーマンションほど

節税効果が高いということになります。


ある都内のタワーマンションの高層階の場合

2億8千万円で販売されている部屋の相続税評価額は4700万円です。


8割以上の節税効果が生まれます。


それもあってマンションが売れているんですね。




カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

【急募 在宅ワーク求人】(2017/06/02 13:06)

【売り案件】調剤薬局(2017/02/23 19:02)

このコラムに類似したコラム

国外財産調書制度の通達公表 大黒たかのり - 税理士(2013/05/07 16:45)

相続は節税よりも納税資金の確保 大黒たかのり - 税理士(2013/12/05 15:55)

政治家の相続税対策 大黒たかのり - 税理士(2013/10/17 12:39)

家計簿節約術 林 高宏 - 税理士(2013/09/12 16:15)

相続財産を寄付した場合 大黒たかのり - 税理士(2013/09/05 10:53)