3種類の自然素材の断熱材を使っています - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

栗原 守
有限会社光設計 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

清水 康弘
清水 康弘
(工務店)

閲覧数順 2017年08月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

3種類の自然素材の断熱材を使っています

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
設計監理ダイアリー

現在工事中の中野区のT-HOUSEには、いつもの光設計定番の3種類の断熱材を適材適所で使っています。

屋根裏にはマツナガのセルロースファイバーを厚さ15cmで吹き込んでいます。外壁の外側には厚さ2.5cmの日本インシュレーションのBau-bio断熱Nを張り、柱間には羊毛の断熱材ウールブレスを充填しています。

3種類とも自然素材の断熱材で吸放湿する機能があります。

 

住まいの断熱性能を上げることは省エネルギーにもなりますのでとても大切になります。この3種類の断熱材をうまく使うと、昔の土壁の家のように湿気を調節する機能を持たせながら、いまの時代に求められる断熱性能を確保することができます。

              

このコラムに類似したコラム

異常気象と断熱性能 斉藤 進一 - 建築家(2017/02/27 08:00)

「野池が説く!新しい省エネ基準セミナー」 清水 康弘 - 工務店(2015/02/12 16:35)

【パッシブ発想に基づく省エネルギー住宅−2】 西島 正樹 - 建築家(2015/02/06 18:33)

「自立循環型住宅研究会アワード」 清水 康弘 - 工務店(2013/11/20 14:04)

「まだまだ未完成ですが・・・」 清水 康弘 - 工務店(2013/10/21 18:17)