「アレルゲン」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家コラムランキングRSS

「アレルゲン」を含むコラム・事例

16件が該当しました

16件中 1~16件目

  • 1

身体症状の裏に隠された、あなたの深層心理

  前回のコラムでは、心身に出る症状は、心の奥の封印されてしまったもう一人の自分からの「SOS」なのです、とお伝えしましたが、もう少し、そうした、身体の症状と心の問題に関して書いてみたいと思います。     アレルギーというものが、あります。毎年春先になるとお困りの方もおられる「花粉症」は有名なアレルギー症状ですが、「そばアレルギー」「猫アレルギー」など様々なアレルギーがありますよね。 ...(続きを読む

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛アドバイザー)

食物アレルギーが原因で「ウツ」に!?体と心の不調に隠された原因が・・

(続き)・・朝晩を中心に寒さが厳しくなり、西日本や東日本でも初雪の便りが聞かれるようになりました。例年よりも早い冬の訪れのようですね。皆さまの地域では、寒さや雪はいかがでしょうか。 寒さが強まるとともに、風邪がまさに猛威を振るっています。蒲田よしのクリニックにも、風邪をひいて来院される方が後を絶ちません。東京などで今はやっている風邪の特徴としては、高熱は出ないものの、咳やのどの痛みがしつこく続く...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))

◆マダニによるウイルス感染増加 ダニを防ぐ掃除術

エコ掃除プロモーターの高橋和子です。 専門家による時事ネタコラムJIJICOに 「マダニによるウイルス感染増加 ダニを防ぐ掃除術」が 掲載されました マダニ媒介のウイルスで10名の方が亡くなっていると 報道され驚きました。 本来、マダニは、山や草むらに生息。 人家で発生する事はありませんが、犬や猫のペットに寄生して 入り込む可能性は大なので安心できません。 家ダニもウイルス媒介だけで...(続きを読む

片付けプロモーター 高橋和子
片付けプロモーター 高橋和子
(収納アドバイザー)

食物アレルギー・アナフィランシー

小麦を常温で保管しておくと、すぐにダニが繁殖して、じんましんやアナフィランシーの症状がでることがあるらしい。 赤旗の潮流、2013年8月19日に報道されていました。その傾向のある方々、お子さんの親御さん、気をつけてください! 食物アレルギーや、アトピーは、30年前に比べれた、みんな知っている言葉になった。 食物アレルギーがどれほど、苦しいものかなってみないとなかなか分からないものだ。 わた...(続きを読む

黒澤 文子
黒澤 文子
(英語講師)

正しいお肌のホームケア・敏感肌のスキンケア

季節の変わり目や体調によってピリピリしたり、かゆみがでたり 揺らぎやすい敏感肌。 乾燥を伴う場合(乾燥性敏感肌)や、ニキビを伴う場合があります。 お肌のもつバリア機能が正常に働かずに刺激を受けやすくなってしまっています。 敏感肌の原因は、 遺伝性による肌質 環境的な要因(一時的なものも含む) 体調不良 ホルモンバランス アレルギー成分      などがあげられます。 遺伝性・...(続きを読む

中井 ちえか
中井 ちえか
(イメージコンサルタント)

花粉症と食生活の因果関係

花粉症と食生活の因果関係   花粉症などのアレルギーの原因は、アレルゲンが身体に入ってくると排除しようと身体が反応し、抗体を産生する働きを持つBリンパ球がアレルゲン反応するlgEを産生し、アレルゲンを除こうとします。 ところが、Bリンパ球単独ではlgE作ることはできないため、アレルゲンに反応するヘルパーTリンパ球が働き、Bリンパ球を助けてlgEを作ります。 ...(続きを読む

岩崎 治之
岩崎 治之
(柔道整復師)

住まいの衛生-インフルエンザ流行中のダニ・カビ・微生物対策

アレルギーブームと言われる現代...。アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそくや花粉症等アレルギー様症状を訴える人は、全年齢層で3人に1人が悩まされているそうです。 既にご存じのように、これらのアレルギー症状を引き起こす原因となるものをアレルゲンといいますが、アトピー性皮膚炎のアレルゲンは、ダニ、ハウスダストが圧倒的で、その他、カビ、ペット、黄色ブドウ球菌の出す毒素等となっています。また、気管支ぜんそく...(続きを読む

加藤 一枝
加藤 一枝
(建築家)

花粉症もぜんそくも怖くない!?アレルギー体質改善大作戦(6)

(続き)・・さらに「タマネギ」も有力な食材です。タマネギには抗酸化作用の高い成分がいくつか含まれていますが、中でもひときわ強力なのがケルセチンです。ケルセチンはポリフェノールの一種で活性酸素の発生を抑え、血液をサラサラにする効果も認められます。このタマネギの有効成分は外側の茶色い薄皮の部分により濃厚に含まれており、サプリメントにもなっています。タマネギの薄皮を剥いても捨てずに保存しておき、鍋で煮出...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))

花粉症治療 「レーザー治療のすすめ」

毎年、花粉症で悩まれている方の一般的な治療法は薬物療法が大半であり、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を処方され、さらにステロイド薬含有している注射、減感作療法(患者さんのアレルゲンをほんの少しずつ体内に入れ、徐々に増やしていくことでそれに対する過敏な反応を減らしていこうという治療法)などです。 しかしこれらは、日常生活上で運転中や仕事中に眠気やだるさなどが生じることも多く、ステロイド薬を用いるケー...(続きを読む

岩崎 治之
岩崎 治之
(柔道整復師)

花粉症もぜんそくも怖くない!?アレルギー体質改善大作戦(3)

(続き)・・人類を含む動物は、細菌やウイルス、寄生虫などによる感染の危機に常に晒されて暮らしてきたため、免疫システムによる細菌などの駆除が何よりも重要な課題でした。細菌などの外敵が体内に侵入すると、マクロファージやT細胞、B細胞などの免疫担当細胞群が協調して外敵の駆除に当たります。一度侵入した外敵に関しては抗体が産生されて免疫記憶が成立し、二度目の侵入の際には急速な防御体制が敷かれて感染を未然に防...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))

花粉症もぜんそくも怖くない!?アレルギー体質改善大作戦(2)

(続き)・・ぜんそくは適切な緊急処置をすれば比較的落ち着きやすい病気ですが、重積発作と呼ばれる重度の発作を起こすと呼吸困難に陥り、最悪の場合は死に至ることもある恐ろしい病気でもあります。しかも一見軽い発作に見えても、油断すると大きな発作や重積発作に至ることもあるため、緊急時はもとより普段からのしっかりした治療と体調管理がことのほか大切です。そのため患者は日常的に用いる内服薬や吸入薬、あるいは発作時...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))

アレルギー疾患急増の予想外の原因と対策とは?(9)

(続き)・・食生活に関していうと、アレルギー体質を招きやすい食材というものがあります。各種の添加物や酸化しやすい植物油、精製した砂糖や小麦粉、卵、牛乳製品などです。これらはなるべく控え、新鮮な野菜や果物をたっぷりと、質のよい魚や肉を適量食べることが大切です。また玄米にはアレルギーを抑制する効果が認められています。 それと並んで「水」も大切です。良質な常温の水をたっぷりと飲むことによって、...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))
2010/03/15 07:00

アレルギー疾患急増の予想外の原因と対策とは?(6)

(続き)・・実はこのT細胞にも抗体にも、通常の免疫システムと並んで「アレルギー系」の免疫システムが存在するのです。専門用語でいうと、通常の抗体はIgG,アレルギー系の抗体はIgEと呼ばれます。また通常のT細胞はTh1,アレルギー系のそれはTh2です。 通常の免疫システムではIgGが外敵に付着してT細胞による攻撃をお膳立てするのに対し、アレルギー系ではIgEが花粉などのアレルゲンに付着して...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))
2010/03/04 07:00

アレルギー疾患急増の予想外の原因と対策とは?(4)

(続き)・・さらに最近目立つ病気としてはアトピーがあります。アトピーはしつこい痒みを伴う慢性の皮膚の湿疹で、多くはアレルギーの要素があります。主に乳幼児が罹患し、殆んどの人は成人するまでに治癒しますが、最近は成人後まで遷延したり、大人になって新たに発症する人が後を絶ちません。 皮膚の痒みは本当に辛くて、どうしても引っ掻いてしまいますが、掻くことによって皮膚が傷つき、刺激を受けてかえって痒...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))
2010/02/25 07:00

金属アレルギーと歯科

 最近、花粉症などを筆頭にアレルギー患者が増えています。  その原因は 1)花粉や家屋内のダニなどアレルゲンの種類や数が多くなったこと 2)ディーゼルエンジンなどによる大気汚染 3)食生活の変化 4)肉体的、精神的ストレスの増加 5)抗生物質などの薬剤の多用や清潔志向による細菌感染の減少 などではないかとされています。    また、過去に金属製の装飾品に「...(続きを読む

増岡 健司
増岡 健司
(歯科医師)
2009/01/03 13:26

大人とアレルギー疾患

赤ちゃんや幼児のアレルギーも多いですが、成人になってから発症するアレルギー疾患も多いと思いませんか? 大人になってから、突然アレルギー症状に見舞われた人は、気持ちの上でもショックを受けているようです。 蕁麻疹やアトピー性皮膚炎、気管支喘息や鼻炎など、アレルギー疾患にも色々ありますが、成人してからの発症は、仕事や生活習慣などによる慢性的なストレスが関連している可能性があります。 ...(続きを読む

檜垣 暁子
檜垣 暁子
(カイロプラクター)
2008/02/20 00:00

16件中 1~16 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索