アレルギー疾患急増の予想外の原因と対策とは?(6) - 心の不安・性格改善全般 - 専門家プロファイル

東京都
医師
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アレルギー疾患急増の予想外の原因と対策とは?(6)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 心の不安・性格改善全般
(続き)・・実はこのT細胞にも抗体にも、通常の免疫システムと並んで「アレルギー系」の免疫システムが存在するのです。専門用語でいうと、通常の抗体はIgG,アレルギー系の抗体はIgEと呼ばれます。また通常のT細胞はTh1,アレルギー系のそれはTh2です。

通常の免疫システムではIgGが外敵に付着してT細胞による攻撃をお膳立てするのに対し、アレルギー系ではIgEが花粉などのアレルゲンに付着してアレルギーの準備状態を作り、次に同じアレルゲンが付着すると隣接する肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が分泌されてアレルギー反応を引き起こすのです。

ヒスタミンなどの物質は気管支周囲の平滑筋を収縮させて呼吸困難を惹起し、血管壁の透過性を増加させて皮下浮腫や鼻水、流涙などを誘発し、白血球を誘い込んで炎症を併発させるなどの様々な悪さをします。それが花粉症やぜんそく、アトピーなどの症状をもたらすのです。

ただこのようなアレルギー系の反応は必ずしも全てが有害なものではありません。花粉やダニなどといった巨大な異物に関してはT細胞による攻撃では到底処理し切れないので、浮腫やくしゃみ、鼻水といった洪水の如き派手な反応を起こして一気に処理する必要も生じます。そのような目的でアレルギー系の反応が存在するといわれています。

つまり健常人に於いても、花粉やダニ、粉塵といった巨大な異物が一気に多量に侵入してきた場合には、上記のアレルギー系の免疫システムが一時的に働くことはあり得ます。これは正常の生活反応であり、決してアレルギー疾患とは呼びません。誰にでも起こり得る現象なのです。

それならば、大したこともない花粉やダニ、化学物質などの異物によって、何故に必要以上に激しい鼻水やくしゃみ、ぜんそく、アトピーといった反応が持続的に起こってしまうのでしょうか。それはこのアレルギー系の免疫反応が、異常に強く長く現れていることを意味します。

つまり現代の日本人に於いては、このアレルギー系の免疫反応が必要以上に強く長く作動してしまう状況にある、ということです。それはもう一方の「通常の」免疫システムの不活発さと、実は無縁ではないのです。それでは現代人に於ける、通常の免疫システムの不活発さとは一体何でしょうか?

人間は生まれる前の胎児の期間中は、主としてアレルギー系のTh2が免疫の主体を担っています。それは胎内では細菌などの外敵が少なく、通常のTh1はあまり必要ないという事情から来ているのかも知れません。潜在的にアレルギー反応が起きやすい環境といえます・・(続く)
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 医師)

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。