「仕掛けること」と「成り行き任せ」のバランス - 人事労務・組織全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「仕掛けること」と「成り行き任せ」のバランス

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事労務・組織全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 お勧めの取り組み

 最近は、会社帰りに軽く一杯など、俗にいう「飲みニケーション」の機会が減っているといいます。

 いろいろな調査結果を見ても、「プライベートの時間を犠牲にしたくない」「仕事の延長で楽しくない」など、あまり積極的に参加したいと思わない人の比率が増えているようです。

 

 つい先日お話したある女性も、「最近、会社の人と飲みに行く事なんてないですよ!」と言っていました。その人は、決して飲み会が嫌いな訳でも、人付き合いが苦手な訳でもありませんが、どうもお互いの人付き合いを敬遠するような雰囲気が社内にあり、会社に対する自分自身の不満もあって、気づくとそんな感じになってしまったのだそうです。

 

 何も飲み会ばかりである必要はありませんが、コミュニケーションが希薄になる方向に会社の雰囲気が傾いてしまうのは、あまり良いことではありません。

 ただ、「飲みニケーション」の好き嫌いが言えて、それを断ったりできるのは、同僚や仲間が身近にいて、あえて意識しなくても、いつでも機会が作れるからということがあります。

 

 もしも、会社で毎日顔を合わせる以外の人と交流しようとすれば、ただ「成り行き任せ」という訳にはいきません。自分が会いたい人には自分で会う約束をしなければ、誰とも会うことができません。自分から行動する比率を増やして、自分から「仕掛けること」を意識しなければ、交流の機会はとても少なくなります。

 

 私自身も、会社員時代には何となく誰かが誘ってくれたり、「成り行き任せ」でよかったことが多々ありましたが、独立した今はなかなかそうはいきません。そんな環境にいるためか、「自分から行動する」ということの方が当たり前の感覚になっています。

 

 ただ、何でも自分から仕掛けて行動することが良いのかといえば、こちらも必ずしもそうではありません。

「自分から行動する」「自分から仕掛ける」ということは、見方を変えれば「自分の都合を相手に押し付ける」という面があります。“ゴリ押しの営業や押し売り”“Win-Winにならない商談”“気乗りしないことへの誘いや無理強い”などはこれに当たります。

 

 例えば、成績が良い営業職の人は、何でも仕掛けるばかりでなく、相手の様子を見たり、あえて待っていたりということを、実は結構しています。

 相手目線で相手の心理を考え、押す時は押し、引く時は引くということで、「仕掛けること」と「成り行き任せ」のバランスを取っているということですが、これは「飲みニケーション」の誘いでも同じではないかと思います。

 

 部下が飲み会の誘いを断ると嘆く上司の話を聞きますが、もしも突然の強引な誘いや説教モードの会話、お酒の無理強いなどがあったとすれば、それは最近の若手社員が最も嫌がることです。お金や時間の無駄だと感じて、誘いに応じなくなるのは当然でしょう。

 

 逆に「どうせ来ないから」と誘うことをやめてしまっている上司がいますが、これも余計に交流が少なくなってしまう原因です。「飲みニケーション」の衰退には、「仕掛けること」と「成り行き任せ」のバランスが崩れているという部分も大いに影響していると思います。

 

 ビジネスの上では「自分から行動する」「自分から仕掛ける」ということが常に良いことであるようなイメージがありますが、ここにはやはりバランスが必要です。

 前述の調査結果でも、会社での飲み会を「上司や先輩と親しくなれる」「いろいろな経験談が聞ける」「他部署の人とも気軽に話ができる」など、肯定的に捉える意見がたくさんあります。

 

 「飲みニケーション」であっても通常の仕事と同じで、誘うという「仕掛けること」と、誘われるように仕向ける、誘われるのを待つという「成り行き任せ」の部分でのバランスが必要だと思います。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

このコラムに類似したコラム

「チンパンジーは激しい競争から“攻撃性”を持った」という話で思ったこと 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2018/10/02 08:00)

「認められるにはアピールが必要」という話 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2018/07/24 08:00)

変わってきている「直接会った」の境界線 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2018/07/17 08:00)

中小企業でもなってしまう「大企業病」の理由 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2018/05/29 08:00)

「やる気が出ない理由」を解決するとやる気が出るのか 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2018/05/22 08:00)