保険選びの専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

保険選び の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

相馬 純

保険アドバイザー

常に笑顔で!!

保険の素晴らしさをご理解頂く・・・。それが私たちの使命です。

相馬 純

専門家が投稿したコラム

医療保険は日々進化してます!

現在の医療保険と、過去の医療保険、 以前の医療保険は入院5日目から給付金が支払われる保険で日額10000円、5000円くらいの契約が多く、 その後は、1泊2日から給付金が出るものになり、日帰り入院、そして、 先進医療特約もいつの間にか付帯するのが当然であり、医療保険はどんどん日々進化してます。 現在は短期入院化(国の政策)という事もあり、 日額よりも一時金(50万100万円)を重視する保...

小島 雅彦
執筆者
小島 雅彦
保険アドバイザー

介護関連の民間保険が多様化!しっかり見極めて活用

1.従来の逆発想の介護保険 現状の民間の介護保険は、介護状態ではない被保険者がまだ元気なうちに加入し、保険会社が規定している介護状態に該当すれば、保険金が支給される保険が主流だ。 また介護状態が継続すれば、年金形式で継続的に給付金が支給される介護保険もあるため、介護状態が改善したことによる経済的なインセンティブは働かない商品設定である。 SOMPOホールディングスとアイアル少額...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

先進医療費の立替が不要になる保険会社の 直接支払サービス

1.先進医療特約の必要性 ほとんどの保険会社の医療保険、がん保険には先進医療特約が付加できるようになっている。 逆に先進医療特約が付いていない医療保険、がん保険を探す方が難しい現状だ。 先進医療特約については、推進派、反対派さまざまな意見があるが、私は個人的には推進派である。 厚労省の2016年のデータでは、先進医療治療を受けた患者は、24,785人。 入院患者は年間平均で...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

知らないと損します!生保の「危険差益」のしくみ

1.11年ぶりの標準死亡率改定 日本アクチュアリー会が、11年ぶりに標準死亡率を改定したのを機に、生保各社は来春にも保険料に反映させるだろう。 標準死亡率は、死亡保険用と医療保険用に分かれ、来春からそれぞれの率が変わる。 ◆30歳男性の場合の実際の死亡率0.058%に対して、 死亡保険用:0.086%(現状)⇒0.068%(2018年度~) 医療保険用:0.040%(現状)⇒0.041...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

中途解約でも元本割れしない貯蓄型保険が登場

1.いつ解約しても元本割れしない貯蓄型保険とは? 昨年10月に販売開始された明治安田生命の「じぶんの積立」は、契約件数が32万件に達し、密かに明治安田生命のヒット商品となっている。 http://www.meijiyasuda.co.jp/find2/light/list/jibunnotumitate/ この保険の最大のメリットは、いつ解約しても払込保険料を割ることがないという設計内容に...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿した写真・作品

皆、仲良し

2013/05/12 15:22
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)

「節税」に関するまとめ

「扶養家族」に関するまとめ

  • 扶養家族から外れるとなぜ税金が増えるのか?税金と扶養家族の関係

    働くなら扶養家族から外れないように!と一度は耳にしたことがあるはず。でも、なぜ扶養家族から外れてはいけないのでしょう・・・。今回は、そんな扶養家族をテーマに「扶養家族を外れるとどうなるのか?」「扶養家族と保険の関係」について、専門家が解説します。

「青色申告」に関するまとめ

  • 多くの特典がある青色申告。白色申告と青色申告の違いや青色申告の特徴、条件などを知って賢く節税を!

    フリーランス、個人事業主の方の確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。違いを知って申告していますか? 青色申告には最高65万円の特別控除を受けることが出来る青色申告特別控除の制度があります。複式簿記で帳簿を付けている方以外でも10万円の青色申告特別控除が受けられます。 その他に損失分の繰越控除、減価償却の特例、家族への給与が必要経費として計上出来たり等、事業を続ける上でプラスな特典が受けられます。 白色申告をしている方も2014年(平成26年)1月から全ての白色申告者に記帳と帳簿保存が義務化されました。せっかく帳簿をつけるなら青色申告に切り替えた方がお得かも!? 白色申告と青色申告の違い、青色申告をするための方法、青色申告のデメリットなどの正しい知識を身につけて税金対策をしませんか?

  • 保険選びに関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積