保険選びの専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

保険選び の専門家に相談、悩み解決!

専門家

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿したコラム

保険でよく聞く「三大疾病」とは??

三大疾病とは?    ・「がん」悪性新生物等 ・「心疾患」急性心筋梗塞 等 ・「脳血管疾患」 脳卒中等 の3つを指します。 なぜ三大疾病に対する保険が多いのか? なぜ、これらの三大疾病に対して手厚い保障をする保険が多く存在するのでしょうか? 理由として、 1:死亡する人が多い   2:治療期間が長い   3:後遺症が残る場合が多い   怖いのは、後遺症が残ることが多...

小島 雅彦
執筆者
小島 雅彦
保険アドバイザー

医療保険は日々進化してます!

現在の医療保険と、過去の医療保険、 以前の医療保険は入院5日目から給付金が支払われる保険で日額10000円、5000円くらいの契約が多く、 その後は、1泊2日から給付金が出るものになり、日帰り入院、そして、 先進医療特約もいつの間にか付帯するのが当然であり、医療保険はどんどん日々進化してます。 現在は短期入院化(国の政策)という事もあり、 日額よりも一時金(50万100万円)を重視する保...

小島 雅彦
執筆者
小島 雅彦
保険アドバイザー

介護関連の民間保険が多様化!しっかり見極めて活用

1.従来の逆発想の介護保険 現状の民間の介護保険は、介護状態ではない被保険者がまだ元気なうちに加入し、保険会社が規定している介護状態に該当すれば、保険金が支給される保険が主流だ。 また介護状態が継続すれば、年金形式で継続的に給付金が支給される介護保険もあるため、介護状態が改善したことによる経済的なインセンティブは働かない商品設定である。 SOMPOホールディングスとアイアル少額...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

先進医療費の立替が不要になる保険会社の 直接支払サービス

1.先進医療特約の必要性 ほとんどの保険会社の医療保険、がん保険には先進医療特約が付加できるようになっている。 逆に先進医療特約が付いていない医療保険、がん保険を探す方が難しい現状だ。 先進医療特約については、推進派、反対派さまざまな意見があるが、私は個人的には推進派である。 厚労省の2016年のデータでは、先進医療治療を受けた患者は、24,785人。 入院患者は年間平均で...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

知らないと損します!生保の「危険差益」のしくみ

1.11年ぶりの標準死亡率改定 日本アクチュアリー会が、11年ぶりに標準死亡率を改定したのを機に、生保各社は来春にも保険料に反映させるだろう。 標準死亡率は、死亡保険用と医療保険用に分かれ、来春からそれぞれの率が変わる。 ◆30歳男性の場合の実際の死亡率0.058%に対して、 死亡保険用:0.086%(現状)⇒0.068%(2018年度~) 医療保険用:0.040%(現状)⇒0.041...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿した写真・作品

皆、仲良し

2013/05/12 15:22
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)

「配偶者特別控除と配偶者控除」に関するまとめ

「マンション売却」に関するまとめ

「パート・アルバイトの年末調整」に関するまとめ

  • 保険選びに関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積