実例で考える - 消費税 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

実例で考える

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 消費税
経営 会計・税務

前回からの続き、消費税について。

簡易課税を使った場合の実例を取り上げてみます。


業種を製造業だと仮定します。

売上:3,150万円

経費:2,075万円(内課税の経費が1,575万円)


これを原則課税の方法で計算すると

150万円 △ 75万円 = 75万円(納税額)

こうなります。


これを簡易課税で計算すると

150万円 △ 105万円 = 45万円

※105万円 = 150万円 × 70%


実際にかかった経費を一切無視して売上から概算で経費を計算します。

今回のケースでは70%くらいは課税の経費があるんじゃない?と

仮定して計算を行なっています。


明日はこの概算経費の率について取り上げます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

判断をしないことの重要性(2016/11/28 07:11)

このコラムに類似したコラム

顧問料算定のポイント続き 高橋 昌也 - 税理士(2012/05/10 01:00)

消費税増税による影響 高橋 昌也 - 税理士(2012/04/14 01:00)

二年前の売上が5,000万円いくと使えない 高橋 昌也 - 税理士(2012/03/30 01:00)

開業当初や新規事業開始時には注意 高橋 昌也 - 税理士(2012/03/28 01:00)

簡易課税が有利なことは多い 高橋 昌也 - 税理士(2012/03/27 01:00)