消費税、相続税など相次ぐ増税!この大増税にあなたができる対策は? - 専門家プロファイル

増税

消費税、相続税など相次ぐ増税!この大増税にあなたができる対策は?

消費税は2014年に8%、2015年に10%の増税(2014年11月、2017年4月に延期されました)。相続税は2015年、復興税は2013年と相次ぐ増税が決定しています。
今後の経済回復が不透明の中、あなたの家計に大きな打撃となること間違いありません。 この大増税時代に、どんな対策ができるか?何が必要なのか?プロファイルの専門家が増税対策の情報を発信していきます。

  1. マネー
  2. 税金

大増税時代の幕開け! 今後の税制は、どう変わる?

  • 2013年度 税制大綱決定

    政権交代の影響で遅れていた 今年度の税制大綱が明らかになりました。 今回の税制改正による減税効果は 約2700億円を見込んでいるとのこと。 減税枠の拡充で消費税増税の負担増を和らげるのと、 高齢者が持つ 「眠れる資産」 を若い世代に移転させて、個人消費の活性化を促すのが狙いです...

  • 平成25年度税制改正大綱(1.基本的考え方)

    昨日24日に公表された与党税制改正大綱は、 第一 平成25年度税制改正の基本的考え方 第二 平成25年度税制改正の具体的内容 第三 検討事項 に大別されるが、まずは第一の基本的考え方について検討したい。 ...

  • 大増税時代の幕開け

    今回の消費税増税を柱とする社会保障税一体改革関連法の成立で財務省や政府の思惑通り増税への道筋ができたと言えますね。 それにより長期化するデフレのもとでの増税は東日本大震災からの復興途上にある国内景気への打撃ともなりかねず、先行きの見通しはより厳しいものとなりそうです...

  • 税制全体の動向

    法人設立の有利不利について紹介しています。 法人税の税率が低下傾向にあったことをお話しました。 これはここ数年で進んできたお話です。 これと非常に対照的なのが個人に対する課税です。 個人所得税の最高税率がアップすることや、相続税の増税は皆様もよくご存知なのではないかと思います...

  • 負担増時代のマネー戦略

    さて、1月から復興増税がスタートしました。 2014年4月からは消費増税も予定されています。 1月下旬に発表になった税制改正大綱でも 所得税が4000万円を超える部分で税率が40%から45%へアップ。 相続税の基礎控除が縮小されるなど、増税基調になっています。 厚生年金保険料のほうも2017年まで毎年0.345%引き上げ中(労使折半)。 お給料も上がらない時代、負担も増え...

今後予定されている消費増税。あなたの家計への影響は?

  • やはり消費税増税延期されましたね

    「消費税は消費税増税は来年10月に実施するのではなく最低1年半は延期すべきだと思います」と書きましたが、それが現実になりました。 昨日、安部首相は消費税増税(8%→10%)は2017年4月に延期することを明言しました。確かに直近のGDPの数字(景気の悪化)を見ると消費税をあげたくてもあげれないですね...

  • 消費税ってどんな税?(1、100%+4%+1%)

    消費税は単純に5%と考えられているかもしれませんが、現行法は、 国税としての消費税は本体価格に対して、4/105。 国税としての消費税額の1/4を地方消費税として地方財源になります。 単純に5%なら5/100でしょうが、 本体価格100%に本体価格の5%が消費税として加算されて、 税込みでは105%になりますよ、というのが消費税の構造なんです...

  • 消費税の基本的な仕組み

    消費税は、物の販売や貸付、サービスなどに対して課税される税金です。 消費税という名の通り、最終的に消費者に負担されることを予定しています。消費者は、消費税を実際に負担しますが、消費税を納税するのは、消費者ではありません。 消費税の取引の流れについて簡単に説明をします...

  • 消費税の基本的な目的と仕組み

    費税には、国税分と地方消費税という2つの消費税があります。現時点で国税分消費税は4%で、地方消費税が1%です。増税後の税率10%の場合には、8%と2%になるのでしょうか。 その性格は、消費者に広く薄く負担を求めると云う観点から、金融取引や医療、福祉、教育の一部を除いて、原則として、国内におけるすべての商品の販売、サービスの定期用および保税地域から引き取られる外国貨物を課税対象としています...

  • 消費税が上がるといくらの負担増となるのか。

    これから住宅を買う方にとっては大きな問題ですよね。 なので改めて簡単に消費税をチェックしてみましょう。 現行のまま消費税が5%から10%になったと仮定します。 建物売買代金に消費税は課税されます。 仲介手数料に消費税は課税されます。 土地売買代金に消費税は課税されません。 事業者ではない個人の住宅を売却しても消費税は課税されません...

  • 消費税改正の実務上の留意点

    消費税が平成26年4月1日から8%に増税されることは周知のとおりですが請負工事・自動更新契約の場合の取扱について取扱で間違いやすいポイント がいくつかありますので、まとめて簡潔にご案内いたします 1.長期請負工事の場合平成25年10月1日までに工事請負契約が締結されていれば、完成後の引渡しが平成26年4月1日以降であっても税率は5%が 適用...

  • 来年から消費税が増税になる予定ですが、考えていますか!

    来年の4月1日から消費税率が5%から8%になります。 今日の朝日新聞では、消費税率アップ分の価格転嫁が 進むように特別措置法ができるそうです。 ようするに、下請け企業が消費税の増税分を価格転嫁 出来るように、公正取引委員会が大企業を立ち入り検 査する法律です...

  • いつまでに契約すれば消費増税の対象のならない??

    消費増税をにらみ住宅購入の前倒しを検討している人が増えている。 やはり、消費税のアップは住宅購入には痛いもの。 マンションなどは価格のほとんどが消費税の対象。 5,000万円の物件で3%アップとなれば、150万円のプラスになる。 確かにこの額を見るとその負担は大きい...

  • 予定されている消費税増税/家を建築する場合には経過措置が適応

    家を建築する場合にかかる消費税率は 基本的には引渡の年月によって決まってくるのですが 家造りはご契約からお引渡しまでに時間がかかることから 経過措置が適用され 下記のとおりとなります...

  • 消費税増税!依頼時期に注意!

    新聞によると、「2013年12月末に期限切れとなる住宅ローン減税を延長し拡充する検討に入った。」とあり、所得の少ない人でも住宅ローン控除を使いきれるようにするようだ。 ただし、所得税部分で使い切れない場合に住民税部分にも控除を受けられるようだが、制限枠があるので注意したい。 2014年4月には、5%→8%、2015年10月には、8%→10%に消費税は、跳ね上がる...

  • 消費税増税と注文住宅

    「消費税増税は2014年4月1日でしょう。」と思ったあなた。それは、正しくはありません。 皆さん、ご存じの通り、2014年4月1日に消費税が8%に、そして、2016年10月1日に10%になることが国会で可決されました。 前回、消費税が3%から5%に上がったのは1997年4月1日でした。 住宅建築の請負契約の場合は、1996年9月30日までに締結された契約が税率据え置きの適用条件となりました...

  • 消費税増税と住宅購入

    住宅購入を考える際、消費税を無視することはできません。 消費税は、消費税は平成26年4月に8%、27年10月に10%に上がります。 これは、物件価格2,000万円であれば、5%→8%で約60万円、5%→10%で約100万円の差が発生するということです。...

  • 消費増税で家計はどうなる?

    増税のニュースを多く拝見しますが、これから、家計を上手くやりくりしていくための、ヒントやポイント、また、これからの人生における心構えがあったら、教えてください。 たまにお弁当を作っていたりしますが、微々たるもので、例えば、都内で家賃を支払う生活ではなく、地方や海外に移住するなど、大きくライフスタイルを変えることもアリだと思っています。 (30代半ば・都内独り暮らし・会社員)

税改正により変更される相続税。近い将来、増税でこう変わる!

  • 相続対策がわかる!~将来型はこうする(20)

    税制大綱が発表され、そこには相続税の増税改正も盛り込まれています。 相続税は、相続する財産の額から諸々の控除額を引いた後の金額に対してかかる税金です。 したがって、控除額が多ければ税額は減りますし、控除額が少なければ税額が増えます。今回の改正では、この控除額を減らそうとしています...

  • 相続税の増税と贈与税の減税

    消費税の増税により、低・中所得者の税負担が増え、 これにより高所得者層に対する課税構造への 不公平感が広がるおそれがあることから、 平成25年度の税制改正には、 高所得者層に対する課税を強化する改正が3点織り込まれました...

  • 相続税の改正

    相続税と家族関係について取り上げています。 まず相続税の改正について簡単に。 報道等ですでにご存じの方も多いかと思いますが、 相続税の改正が今度こそ行われるようです。 改正の内容は基本的に増税です...

  • 消費増税の次は相続増税か!?

    社会保障と税の一体改革関連法案は、26日午前中に開催された 一体改革特別委員会において、民主、国民、自民、公明の賛成多数で 可決され、午後に開催される本会議で可決される見込みとなった...

  • 土地の相続時精算課税制度について

    私41歳(妻)の両親(66.67歳)の土地(父名義と父母共有名義とが混在)に新しく別棟タイプの二世帯分の住宅を建てる計画があります。 両親宅の建築費用として私達夫婦で1500万円、一部分を負担する予定です。 土地の名義を両親のままにして、建てることも検討しましたが、(私の方が、先に亡くなってしまった時など)名義を不安定な状況にしたくない為、「相続時精算課税制度」を利用し...

  • 相続税っていくらからかかるのかしら?子供に財産を譲ったら相続税は減るのかしら?今住んでる家ってどうすればいいの?新築で家を建てるときに両親からの贈与で税金が節約できるの?贈与税と相続税、どちらも遠いと思っているかもしれませんが、税制改正によってあなたも対象になるかも。相続税はきちんと対策することで節税できるかもしれません!相続に特化した専門家たちがあなたのお悩みをサポートします!!

増税だけじゃない!?知らないと損する減税、控除の税改正とは?

  • 税制改正大綱 所得税

    平成25年度の税制改正では、所得税に関する項目として、高所得者層の負担増を求めるため、最高税率が引き上げられ、消費税増税による住宅購入への影響を考慮し、住宅ローン控除が大幅に拡充されました。 また、上場株式等に係る税率の引き上げ(10%→20%)と引き換えに、少額非課税口座(日本版ISA)の創設や、公社債等の課税方法の変更など、金融所得課税の一体化がより進むこととなりました...

  • 住宅ローン減税の盲点

    2013年度の税制大綱が発表されて半月がたちました。増税のタイミングに合わせて住宅ローン減税の拡充も盛り込まれていますが、一部や紛らわしい点もあるので、ここで改めて整理したいと思います。まずは 一般住宅...

  • 住宅ローン控除と転勤

    税制改正で住宅ローン控除が拡大する予定になっています。 現行は、一般住宅で、最大200万円(10年間)だったのが、 平成26年4月以降は、最大400万円(10年間)になるとのこと。 転勤がある職場に勤めていると、なかなか住宅購入に踏み切れなかったりします...

  • 住宅ローン減税について

    2013年4月に土地を購入し、2013年9月30日までに住宅の工事請負契約を終え、3月15日までに棟上げを済ませて消費税5%のうちに間に合わせたいと思っています。 実際の住宅の完成は2014年4月以降(おそらく6月ぐらい)になります。 2014年4月1日以降の居住開始者は、現行では9万7500円までとなっている住民税からの住宅ローン控除額の上限を、13万6500円に引き上げると大綱の発表が...

  • 消費税増税分の負担を軽減できる!『すまい給付金』

    4月から消費税が8%になり、税金の負担が増えましたね。 住宅は高額な買い物ですので、購入する人に消費税の8%が大きな負担となってしまいます。 これから賃貸併用住宅の取得しようとしている人に朗報です...

  • 年末調整で住宅ローンでの減税・控除を受けようとお考えの方は多いと思います。 最初の1年目と2年目からの手続きの違い、年末調整に必要な書類がない場合の対処方法などを専門家が詳しく説明したコラムや 住宅ローンを組んだ後で状況が変わった場合の年末調整はどうするの?などのQ&Aをまとめました。

「増税」に関する最新のQ&A

  • 住宅取得等資金の贈与と別に親の出資分を共有名義

    初めて質問させていただきます。現在、自宅の新築を計画しています。土地はローンによって取得済みですが、2017年1月以降に建築請負契約を締結する予定にしております。当初は消費税率が10%に上がった場合の「住...

  • 退職金での資産運用

    退職し退職金を頂きました。どの様に、振り分けて老後の生活に備えればよいのでしょうか?退職金3000万持ち家で、ローンなどはありません。どの位を銀行や個人年金などにして、どの位を運用?などをしたら良いの...

  • ドル建て保険の加入割合

    無料でファイナンシャルプランナーに相談できますと気軽に申し込みましたが、話を聞いて保険変更を検討してます。悩みどころはドル建て。為替など知識があまりなく説明をうけて分かった気もしますが、為替リスク...

  • フラット35 本審査が不安です

    始めましてミナコと申します。先日大手不動産屋さんの仲介で築45年の中古団地の購入を検討して銀行3社にローンの申請をしましたが否決されました価格1300万、頭金なし(諸費用などに当てる為)不動産屋さんと落ちた...

  • 老後が心配です・・・。

    最近不勉強なので質問させてください。 私は地方公共団体の管理職を数年前から拝命しており、現在年収は約900万円です。妻は民間企業に勤めており年収約450万円ほどしかありません。 私も妻も現在52歳...

  • 最大建築床面積とおおまかなコストが知りたいです

    先日も同じような質問をしてしまったのですが、土地はそれぞれで条件が違い素人にはなかなか難しいのでお許し下さい。都内で小さな会社を営んでいます。自社ビル所有を目標に中古ビルや土地を物色しているのです...

  • 現在、建て替えを検討しています。

    現在、築33年の中古住宅に住んでいます。4年目となります。リフォームを含め1500万程度で購入しました。3年前の東日本大震災の影響もあり一部(ダイニング)が傾いていますがすむにはもんだいがありません。夫婦共働きで今...

  • 年収1150万住宅ローン5000万

    来年10月の消費税増税前にマンション購入予定です。親に相談したところ高すぎるんじゃない?と相当不安がられました。妥当か判断願います。世帯年収1150万(夫750万、妻400万)年齢(夫31歳、妻28歳)子供0歳(妻...

  • 住宅購入、時期尚早でしょうか。

    来年以降の住宅購入について検討中のものです。夫32歳 年収700万(基本給のみで600万)妻31歳 専業主婦(保育園が見つからず退職。住宅購入後は就労希望)子供 幼稚園年少、0歳現在の家賃 4万円...

  • 詳しい方お願いいたします。

    半年前位にニュースで、増税後、低所得者に手当が出るというものを見ました。そして先ほどテレビで低所得者が申請すれば15000円〜貰える、というものを見ました。上記2点は同じものかもしれません。ニュースでは...

  • 「増税」に関して174件の相談が投稿されています

増税についてもっと知りたい方はこちらで検索してみてください
「増税」に関する質問を投稿する (無料)