二年前の売上が5,000万円いくと使えない - 消費税 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

二年前の売上が5,000万円いくと使えない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 消費税
経営 会計・税務

前回からの続き、消費税について。

簡易課税制度について取り上げています。

適用を受けたい場合には事前に届け出を出す必要があると紹介しました。

しかし、どんな規模でも受けられるわけではありません。


簡易課税制度は経理処理が煩雑な消費税計算を体制を整えづらい中小企業が

楽に出来るようになるために用意されている仕組みです。

従ってそれなりの規模を達成している企業では適用できません。


具体的には、二年前の売上が5,000万円に達している場合です。

(正確にはもう少し細かな定義があります)

この場合、簡易課税制度適用の届け出を出していても原則課税となります。


原則課税と簡易課税では納税額に大きな差が出ることが非常に多いです。

売上が伸びてきた時にはご注意を。


詳しくはこちらをご参照下さい。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6505.htm

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

経費には消費税がかからないものが含まれている 高橋 昌也 - 税理士(2012/03/18 01:00)

法人税の税率の動向 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/27 07:00)

平成25年度税制改正大綱(1.基本的考え方) 平 仁 - 税理士(2013/01/25 20:18)

税制の傾向と生活のお話 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/26 01:00)