開業当初や新規事業開始時には注意 - 消費税 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

開業当初や新規事業開始時には注意

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 消費税
経営 会計・税務

前回からの続き、消費税について。

簡易課税は有利に働くことが多いのは既に紹介しました。

しかし、時に簡易課税にしたことによって損をすることもあります。


簡易課税では実際に課税の経費がいくらあったのか一切無視します。


仮に原則課税で考えると

・売上に対して預かった消費税 < 実際に支払った消費税

この状態なら消費税が還付されてきます。

ところが簡易課税にすると


・売上に対して預かった消費税 > 概算課税経費


概算課税経費は絶対に預かった消費税を超えることがありません。

つまり実額の消費税が沢山です場合、簡易課税を選択すると損なのです。


初期投資を含めた設備投資全般が高額である場合、

原則課税と簡易課税の有利不利が逆転することがままあります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

法人を独立させるタイミング 高橋 昌也 - 税理士(2013/04/07 07:00)

新しい納税義務判定 高橋 昌也 - 税理士(2012/06/22 01:00)

事業を始めて五年目で初めて納税 高橋 昌也 - 税理士(2012/06/21 01:00)

個人と法人はあくまで別人格 高橋 昌也 - 税理士(2012/06/20 01:00)

過去の売上がないと 高橋 昌也 - 税理士(2012/06/18 01:00)