退職金選択課税制度 - 税金全般 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

退職金選択課税制度

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般
税金

通常、退職金は受取時に税金が確定しているため

確定申告は必要ありません。

しかし、まれに確定申告をした方が

よいケースがあります。


例えば、海外転勤となり、

そのまま現地で退職をした場合などです。

海外現地で退職した場合の退職金の計算は

通常と異なります。

国内勤務期間に対応する退職金の


20%の源泉徴収となります。


退職所得控除や退職所得控除後の1/2もありません。

これは、国内勤務だけの人に比べ不利なケースが多く、

たまたま退職したときに海外にいた人にとっては

非常に不利な制度です。

これを救済する制度が退職金の選択課税制度です。


退職金の選択課税の確定申告は難しくありません。


退職金すべてを、国内で勤務していた人と同様に

「勤続期間」を考慮し、退職所得控除をし、

さらに控除後の金額に1/2し、税率を乗じます。


この際注意しなければいけないのは、

「基礎控除」は控除できないということです。


最近は、海外勤務も珍しくない時代ですので

もし、この制度を知らなかった方は

早めに確定申告をして還付金をもらって下さい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

流行の兆し iDeCo(2016/12/02 11:12)

まだ間に合う今年の節税(2016/11/30 15:11)

ていないしんし?(2016/09/14 18:09)

このコラムに類似したコラム

非居住者が貰う退職金の税金について 大黒たかのり - 税理士(2010/08/19 10:50)

配当金をもらったら確定申告も 大黒たかのり - 税理士(2015/10/16 11:00)

特定支出控除による節税 大黒たかのり - 税理士(2014/06/10 16:29)

サラリーマンに朗報 節税できる特定支出控除 大黒たかのり - 税理士(2013/11/22 10:48)

【年末調整質疑応答-1 生命保険料控除の留意点】 近江 清秀 - 税理士(2012/12/17 08:00)