住宅設計・構造設計の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

住宅設計・構造設計 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

竹内 隼人

建築プロデューサー

家族が笑い、共に成長する住まいの空間

東京都清瀬市を中心に関東地区の家づくりのお手伝いをしています。「家族が笑い、共に成長する住まいの提案」をモットーにお施主様と向かい合っています。難しい内容…

竹内 隼人

専門家が投稿したコラム

地盤調査と杭工事

地震大国の日本において「地盤調査」と「地盤補強」は重要です。地盤補強には「地盤改良」と「杭工事」などがありますが、支持層へ建物を緊結させる意味合いでは「杭工事」が安心ですね。大規模建築には「場所打ちコンクリート杭」が主流ですが、住宅規模では「鋼管杭」が主流です。先日も杭工事の監理へ行ってまいりました。 一時期、杭データの偽装問題がニュースになりましたが、設置震度(支持層へ届いているか)杭芯ズレ...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

鉄筋コンクリート造とJASS5

木造建築において鉄筋コンクリート造は「基礎」部分ですが、RC造は躯体そのものが鉄筋コンクリート造になるので、鉄筋の配筋とコンクリート強度がポイントになります。 施工監理でもベースとなる「建築工事標準仕様書」内の鉄筋コンクリート欄は「JASS5に準ずる」とされてたりするので、JASS5は重要な指針です。 複雑な意匠デザインだと構造設計士の腕が頼りになり、設定も任せきりになりがちですが、鉄筋コンクリ...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

神対応ではなく紙対応

建築業界は他の業界より、色々な面で体質が古いと常に感じています。世の中、残業時間について議論されてますが、建築業界は残業どころか「土曜日や祭日などが休み」と言う観念がないと思います。(雇用形態に左右されます)最近は現場の職人さんと図面のやりとりをIPADなどで行うケースも耳にしますがご年配の職人さんには「紙ベース」で見せたほうが確実です。建築確認も構造計算が絡むと意匠図と合わせて、紙対応の場合はこ...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

床下暖房の平屋の木の家 エアコン設置

我孫子市で工事中の床下暖房の平屋の家でエアコンの設置工事中です。壁掛け用のエアコンを床下に設置して、床下全体にエアコンの暖気、冷気を送ります。 冬はあたたく、夏は涼しいヒートショックのない家を2台のエアコンで計画しています。1階の床の要所要所には60×600の木製床通風口が15ヶ設置されます。 建築主のYさんと2人3脚で設計の段階から先例や資料を調べながら、ここまでやってきました。...

栗原 守
執筆者
栗原 守
建築家

我孫子市の床下暖房の平屋の木の家外構の工事中です

我孫子市の床下暖房の平屋の木の家は4月9日に完成現場見学会を開催します。現在は内装工事と外構の工事が進んでいます。大工さんは南側のデッキテラスの工事をしています。洗濯物を干したり、天気のよい日にはブランチもできるゆったり広めのデッキテラスになります。   4月9日(日)11:00〜16:00 完成現場見学会を開催しますので光設計の設計する我孫子市の床下暖房の平屋の家にご関心ある方、ぜひご参加...

栗原 守
執筆者
栗原 守
建築家

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿した写真・作品

「新築トラブル」に関するまとめ

  • 新築を買ったら雨漏りやカビが発生!そんなトラブルは未然に防ぎましょう

    念願のマイホーム購入。しかし、雨が降るたびに雨漏りが起きて家の中にカビが。購入した家が傾いてきたけど、これって欠陥住宅では?!そんなトラブルに遭遇する前に事前に担当業者と打合せを入念にしたいけどどう進めればいいかわからない。そんな方に向けて、専門家がトラブルを未然に防ぐアドバイスします!!

「片付け方」に関するまとめ

  • 住宅設計・構造設計に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積