銀行が重視する住宅ローン審査のポイント - 住宅ローン審査 - 専門家プロファイル

アネシスプランニング株式会社 代表取締役
東京都
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

銀行が重視する住宅ローン審査のポイント

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン審査
正しい住宅ローンの選び方

先日も住宅ローンの長期固定の金利がさがり、

史上最低とも言われる。



そんな住宅ローンを申込みしても、審査に落ちる場合がある。

銀行は一体、どこにポイントを置いているのか?


多くの金融機関が重点的に見ているのが以下の項目。


1、完済時の年齢

2、借入れ時の年齢

3、収入に対する返済負担

4、勤続年数

5、年収

6、担保評価


これらの項目はほぼ100%に近い数字で重視している。


特に注意すべきは返済負担。

こちらは既に借りているカードローンなどの返済額も含めて計算する。


この中には、他の債務の状況や返済履歴が必ずチェックされる。

延滞などカードローン等の借入れ状況によっては審査が通らない場合が多い。


また、勤続年数については半年でOKとか言われるが、

やはり最低でも1年以上の勤続は必要とされる。


ただ、基本的にはやはり3年以上の勤続年数が必要である。


その他の点で注視しているのが雇用形態。

派遣社員や契約社員は対象外という金融機関がいまだに多い。

やはり、正社員の雇用が必要ではあるが、比較的長期雇用が続く

企業であれば、OKになる場合もあるようだ。


このように、金融機関側ではいろいろな視点からローン審査を行っている。



住宅購入には欠かせない住宅ローン。


よく、「返済は家賃並みだから問題ない」とか

「年収の返済比率はクリアーしているから

大丈夫ですよ」と聞くが本当に大丈夫なのだろか??


消費増税を前に住宅購入した方がトクとも言われるが、

増税後には、ローン負担以外の家計費用の増加は見込まれる。

例えば、光熱費や食費は今よりはコスト高になる。


そう考えると、いくらローン金利が低いとはいえ、増税分に占める

家計の負担は間違えなく多くなる。


となれば、住宅購入後の増税分を加味した資金計画は必要だろう。

安易に返済額が家賃並みだから大丈夫とはいえない・・・



■住宅ローンの個別相談 受付中!

詳しくはお電話もしくはメールでお問い合わせください。



■お問い合わせ先

アネシスプランニング(株)

電話:03-6202-7622

メール:info@anesisplan.co.jp


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「正しい住宅ローンの選び方」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 住宅ローン個別出張相談会

フラット35の審査が不安な方など、どうしたら住宅ローン審査が通るかお教えします!

料金
5,000円

マイホームの購入前に住宅ローンの個別相談を!
★住宅ローンのご相談として…
住宅ローンは変動金利、それても固定金利がいいのか?
フラット35、フラット35Sを利用したいが・・・
ローンの借り換えをしたいがどうしたらいいのか?
審査基準はどうなっているのか?、
など、色々なご相談をご自宅など出張してご相談を承ります。

住宅ローン個別出張相談会

このコラムに類似したコラム

「住宅ローン」審査の基本 小川 正之 - ファイナンシャルアドバイザー(2015/09/15 10:00)

【7月18日 大阪開催】 住宅購入に関する個別相談会 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/07/08 12:16)

住宅ローン”戦国時代”到来か!? 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2010/09/27 09:00)

【住宅ローン控除 年末調整の書類を紛失してしまったら・・・】 真崎 喜雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/27 17:03)

20代~30代、住宅購入のポイント 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2016/07/08 10:11)