「バカンス中のメール自動削除」は日本企業でもできるか? - 人事労務・組織全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)

閲覧数順 2017年10月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「バカンス中のメール自動削除」は日本企業でもできるか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事労務・組織全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 目に留まった事

 数年前のニュース記事ですが、ドイツの自動車大手ダイムラーが、社員が仕事に関わるメールを気にせずに休暇が過ごせるようにするため、休暇中の社員宛てに届くメールを自動削除するシステムを導入したという話題を目にしました。

 

 メールの送付元には「休暇中で受け取れない」との説明と、対応できる別の担当者の連絡先を知らせるメールが自動返信され、個別設定で特定の相手からのメールだけを受け取ることもできるとのことです。

 社員は休暇中にメールチェックや返信をせずに済み、休暇明けにたまったメールをチェックする必要もなくなるということでした。今もそのまま継続されているのか、調べた範囲では残念ながらわかりませんでしたが、システム導入までしていますから、そう簡単にやめられるものではないでしょう。

 

 私がこの話題を見たときに初めに感じたのは、「先進的な働き方といわれるドイツでさえも、ここまでの対応をしなければ落ち着いて休めないのか」ということでした。

 

 最近はスマートフォンやタブレットなどのモバイル機器、メールやチャットなどのITツールの普及により、どこにいても仕事ができて効率的という反面、時間や場所を問わずに仕事がどこまででも追いかけてくるようになってしまうことがあります。

 

 私のように独立して仕事をしていて、スケジュールをすべて自己管理できる立場であればメリットの方が大きいと思いますが、組織に属して社員として働いている人たちにとっては、仕事か否かのケジメがあいまいになり、実はデメリットの方が大きいのかもしれません。

 

 日本の企業は休暇の消化率もまだまだ低いですし、長時間労働や休まないことを良しとするような風潮もまだまだ存在します。長期の休暇ともなれば、「休暇中も電話やメールに対応できるようにしておくこと」などと指示するような会社もたくさんあるのではないでしょうか。

 ITの進化で確かに便利で効率的にはなったものの、「きちんと休む」ということは、逆にやりにくくなった面があると思います。

 

 さらにそれが日本ではなく、短い労働時間で効率的に働き、休む時はしっかり休むことが社会に根付いているドイツでさえ、IT活用によるワークスタイルの変化とともに、個人の時間に仕事が入り込みやすくなってしまっているということでしょう。

 

 休暇中のメール自動削除は、日本人的な感覚で見ればかなり思い切った対応で、人によっては常識外れと捉えるかもしれません。

 しかし、メールの相手には休暇中であることと、別の対応窓口を知らせる訳ですから、休みの社員がいた際に一般的に行っている対応と大差なく、単にそれをシステム化しただけということです。

 

 さらに休暇中にもメール対応を求めたとすると、その際の対応方法は基本的に本人任せということになります。返信をするかしないか、いつするのか、どんな内容で返信するのかは、本人の判断次第でまちまちになるでしょう。

 これをシステム化することで個人差が出ないと考えれば、顧客に対してはむしろ誠実な対応と言えるかもしれません。

 

 しかし、同じようなシステム化を日本でやろうとしても、仕事の分業ができておらずに属人化していることも多いという点から、そう簡単にはできないように思います。職業観や個人の働き方、社会の仕組み以外にも、入り組んで絡み合った様々な問題があります。

 

 こんなことを見ても、日本とドイツでの働き方の意識や環境の違いは、思った以上に大きいのかもしれません。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

このコラムに類似したコラム

「週4日労働制」推奨の話と「大リーグ投手の投球間隔」の話 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/05/03 08:00)

立場が違うとどうにもかみ合わない「残業代」に関する議論 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2017/05/09 08:00)

労働生産性の低下を助長する「通勤時間」の話 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2014/12/02 08:00)

外国会社の日本支店の社会保険 渋田 貴正 - 組織コンサルタント(2012/06/04 16:42)

パートタイマーが3/4要件を満たさなくなったら? 渋田 貴正 - 組織コンサルタント(2012/05/28 12:54)