平成27年税制改正概要 - 今後の検討課題 - 税務全般 - 専門家プロファイル

森公認会計士事務所 公認会計士・税理士
東京都
公認会計士・税理士
03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

平成27年税制改正概要 - 今後の検討課題

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 税務全般
税金 平成27年 税制改正

大企業だけではなく、今後は中小企業にも大きな影響を与える内容が、

検討課題として挙げられています。



例えば、減価償却には、定額法や定率法などさまざまな方法があります。

これを定額法に一本化するなど、実務にも大きく影響する内容です。


定額法より、定率法の方が減価償却の金額・スピードが大きいので、増税要因となります。



事業税は、法人税上損金(経費)扱いとされています。

(これは専門的で分かりにくいかもしれませんが)


これを経費とは認めてもらえなくしようとしており、隠れた増税です。



中小法人(資本金1億円以下の会社)には、各種税務上の特例が定められており、

大法人と異なる優遇を受けています。


これについても、見直し検討が諮られます。






会社設立・創業融資サポートはこちら 森公認会計士事務所まで




カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
森公認会計士事務所 公認会計士・税理士

会社設立・創業融資をサポート

監査・税務・ビジネス、”3つのキャリア”で、約20年。 その間、いつも「決算書の数字の奥にあるものをみる!」感覚を研ぎ澄ましてきました。 だから・・・ベンチャーから上場企業まで、あなたの会社の、一番の社外サポーターに!

03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

このコラムに類似したコラム

平成27年税制改正 概要ー 個人税制関連 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2015/06/10 06:52)

【27年の法人税改正はこうなる!】 近江 清秀 - 税理士(2015/01/25 16:02)

【26年10月1日から地方法人税が創設されます】 近江 清秀 - 税理士(2014/09/29 07:00)

【生産性向上設備投資促進税制の適用上の注意事項です】 近江 清秀 - 税理士(2014/09/22 07:00)

【消費税に軽減税率を導入するに当たっての検討課題】 近江 清秀 - 税理士(2014/06/16 07:00)