小笠原 隆夫(経営コンサルタント)- コラム「変わってきている「直接会った」の境界線」 - 専門家プロファイル

小笠原 隆夫
組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

小笠原 隆夫

オガサワラ タカオ
( 東京都 / 経営コンサルタント )
ユニティ・サポート 代表
Q&A回答への評価:
4.7/75件
サービス:4件
Q&A:193件
コラム:565件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

変わってきている「直接会った」の境界線

- good

社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験 2018-07-17 08:00

 地方に本社があるIT会社で、東京支社に勤務する女性営業職の方にお話を聞く機会がありました。

 技術者はほとんどが地方の本社にいるそうですが、「それではコミュニケーションを取るのが大変では?」と尋ねると、「いつも細かく打ち合わせをしているので、全然問題はありません」「よく話もしていて、技術と営業は仲が良いんですよ」と言います。

 

 よほど頻繁に本社と東京を行き来しているのかと思いましたが、「本社には年一回の全社ミーティングの時しか行かないので、向こうの地域の話題とかは全然わからないんです」などと言って笑っています。

 そんなお互いのコミュニケーションの大部分は、スカイプなどでのテレビ会議やテレビ電話なのだそうです。

 

 「それでは直接会っていることにならない」「実際に会って話すことが大事」などと言う人がいるかもしれません。

 ただ、私もテレビ会議などをクライアントの都合でときどきやりますが、使ってみる前のイメージよりは、意外に直接話している感覚が持てて、それほどストレスはありません。

 最近は、会議スペースのテーブルの向こう側に大型のスクリーンを設置し、そこに等身大の相手方が映るような会議システムもあると聞きますので、そんな中で話していれば、さらにリアリティが増すように感じられるのでしょう。

 

 一昔前までは、「直接会うこと」に次ぐコミュニケーションは、電話による音声か、メールなどのテキストによるものでした。この直接とそれ以外の間には、わりとはっきりした境界線がありましたが、ここに相手の映像や動画が加わってくると、この感覚がずいぶん変わってきます。

 

 「直接会うこと」がコミュニケーションの上で好ましいのは変わらないでしょうが、それを実行するには、必ず時間と距離の問題が出て来ます。これを電話やメール、手紙だけで埋めようとしても、会って話している感覚には絶対になりませんが、テレビ会議などを使うことで、直接会っている感覚でのコミュニケーションの頻度を上げることができます。

 直接会うのは週一回でも、間にテレビ会議が挟まれば、本当に毎日会っている同僚のような感覚になり、「私たち仲がいいんです」などと言う気持ちもわかるような気がします。

 

 このように、「直接会うこと」とそうでないことの境界線は、IT技術の進歩とともにどんどん変わっています。

 こんなツールをうまく使っていけば、「会ったことはないけど仲良しの友達」などと言える関係もできるのでしょう。それが自分の「直接会った」という感覚として納得できるのであれば、それは全然悪いことではないと思います。

 

 

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

料金
無料

組織の課題は、当事者しかわからない事とともに、当事者であるために気づきづらい事があります。これまでの組織コンサルティングで、様々な組織課題とその改善プロセスにかかわった経験から、貴社社員へのヒアリング調査によって組織課題を明らかにし、その原因分析や対策をアドバイスします。予算がない、依頼先を見つけられないなど、社外への依頼が難しい中小法人限定です。社員ヒアリングのみで行う簡易診断になります。

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム