結論を出す時に重要視するのは何ですか? - 自己分析・適職診断 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

結論を出す時に重要視するのは何ですか?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. 自己分析・適職診断
視点を変えて 笑顔で生きよう!

この仕事の手順をこうしよう!と、結論を出す時に重要視するのは「過去の経験」ですか?

それでは、過去に経験がないことについては、何を重要視して結論を出しますか?

価値観が多様化しています。

過去も、5年前なのか、10年前なのか、もっと以前のものなのかによって、

重要視して出した結論が、残念ながら受け入れられないことがたくさんあります。

例えば、営業は人間力がすべてだ!とおっしゃる経営者が多く、

精神論ばっかりを唱えて社員を叱咤激励していますが、

人間力は基礎力としてあってしかるべきもの。

その上に、交渉力や論理思考力、傾聴力などを上乗せさせた社員を作らないと、

商品は売れません。売れない時代になったのです。

過去の実績やプライド、経験が、むしろ結論を出す妨げになってしまうという事例です。

では、結論を出す時、何を重要視したらよいのか?

私は、まず、仕上がりをしっかりイメージすることを大切にします。

出来あがった時に聞こえるであろう音、周りの明るさ、場所、誰とそれを話して達成を喜んでいるか。

そんなことを明確にし、そのために何を準備するか、何を知っておく必要があるか、どんな情報を得たらよいか?

などなど、慣れてきたので、これらにそんなに長く時間を使う必要はありません。

後は、進める手順の中で、修正したほうが良いと思うことについては、

躊躇なく修正することを恐れないようにする。

そして、ときどき利用するのは、過去の経験と成果です。

皆さんも、午後、ゆっくりできる時間を見つけて、

「結論を出す時、重要視していることが何か?」を考えてみてくださいね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「視点を変えて 笑顔で生きよう!」のコラム

今、あなたがなすべきこと(2014/10/23 10:10)

たおやかに生きる(2014/10/14 11:10)

順番を守りましょう(2014/09/14 16:09)

このコラムに類似したコラム

満足が表す笑顔を大切に 竹内 和美 - 研修講師(2012/01/01 11:24)

自分の強みを仕事で発揮するためには 山川 純子 - 職務経歴書コンサルタント(2010/12/20 17:58)

その時代にあったものを生み出さなくては技術は伝えられない 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2010/10/28 10:00)

【女性のキャリア(2)】 20代ではない30代で思うこと 壷井 央子 - キャリアカウンセラー(2015/06/28 13:44)