遺留分(いりゅうぶん)という考え方 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

遺留分(いりゅうぶん)という考え方

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は菊の節句です。
陰陽思想上のものみたいですね、奇数は陽。

遺言書についてお話をしています。
愛人に全遺産を渡すような遺言書はそのまま有効となるのでしょうか?

ここで知っておきたいのが遺留分(いりゅうぶん)という言葉です。
本来、遺産というものは親族間で分配することが想定されています。

その中でも「普通に考えればこの人には取り分があるよね?」という人達をのことを、法定相続人と呼んだりします。
法律でも「まぁ普通に考えれば妻子にはいくらかの取り分があるよなぁ…」と考えているのですね。
今回の話からは少し逸れますが、法定相続人の考え方は相続税の計算においてもかなり重要な要素となってきたりします。

平たくいうと、遺留分とはこの「普通に考えて遺産をもらう権利のある人々」に認められている権利のようなものです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

そもそも遺産分配の対象になっていない人達 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/13 07:00)

遺留分には限界がある 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/14 07:00)

あなたに取り分はありません 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/12 07:00)

権利はバランスをとって構築されている 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/11 07:00)

想定される取り分の半分を主張できる 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/10 07:00)