想定される取り分の半分を主張できる - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

想定される取り分の半分を主張できる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は下水道の日です。
実は色々な生き物の棲家になっているそうですね。

遺言書についてお話をしています。
遺留分のことについて簡単に。

少し具体的に話をしてみます。
配偶者一人、子供が二人いるような家庭を想定します。
この場合、本人が亡くなった場合には

・配偶者:1/2
・子供:1/2✕1/2ずつ=1/4

半分は配偶者が、もう半分を子供で分け合うことが法律では想定されています。
この取り分を法定相続分と呼んだりします。

遺留分というのは、この法定相続分の半分は「少なくともこれだけもらっても良くない?」と主張できる権利です。
上記の例であれば、配偶者ならば1/2の半分、つまり1/4だけは遺言書にも逆らって「これだけはもらっても良いはず!」と主張できるということになります。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

遺留分には限界がある 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/14 07:00)

そもそも遺産分配の対象になっていない人達 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/13 07:00)

あなたに取り分はありません 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/12 07:00)

権利はバランスをとって構築されている 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/11 07:00)

遺留分(いりゅうぶん)という考え方 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/09 07:00)