なんでも好きな様に残せる!というわけでもない - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

なんでも好きな様に残せる!というわけでもない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はニューヨークの日です。
アメリカ、本土には足を踏み入れたことがありません。

遺言書についてお話をしています。
生前の諸々を考慮し、死後の分配に関する交通整理を図ることがその目的であることを確認しました。

とはいえ、何でも好きに分配できる、というわけでもありません。
これもまたよくある事例を考えてみます。

「妻にも子供にもあまり思い入れないし、よ~し!愛人ちゃんに全部の遺産を渡しちゃえ!!遺言書にそう書いておこう!」

いや、冗談でなくこういうことをした人は実際にいるそうです。
困ったもんだ…とはいえ、以前にも書いたとおり基本的に遺言書は遺産分配において再優先されるものです。
では遺産が全て愛人に行くのか?というと…という辺りを明日。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

生前の分配や寄与について 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/04 07:00)

亡くなられる人の遺志を表明する方法 高橋 昌也 - 税理士(2014/11/04 07:00)

権利はバランスをとって構築されている 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/11 07:00)

会社を誰が継ぐのか?なども 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/07 07:00)

遺言書の役割は交通整理 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/05 07:00)