「Google」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「Google」を含むコラム・事例

1,442件が該当しました

1,442件中 1~50件目

コンプライアンス 「非協力・反発」への対応策NEW

どうすればいい? 「めんどうくさい」 「役所みたい」 「そんなことしてたら仕事にならない」 コンプライアンスは、 「嫌われ者」です。 社内でコンプライアンスが反発されたら どうしたらいいか。 あなたは知っていますか? 答えは、   「会社のため」とか   「ちゃんとやれば業績向上に役立つ」  みたいなことを言わない、 です。 なぜか?  【 そんなことに関係なく守らねばならないのがコン...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

今年も紹介、新入社員「コンプライアンス研修」NEW

新入社員のコンプライアンス研修は何がいい? 今年も新入社員研修の時期が迫ってきました。 コンプライアンス面では何をすればいいでしょうか? 大事なポイントを教えます。    ◆ 規則やマニュアルの説明、過去事例の紹介だけではダメです。    ◆ 仕組みが形骸化するから、です。  【絶対すべきこと】    ◆ 絶対にしなくてはならないのは、        「正しいコンプライアンスのインプリンテ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

日本社会 日本企業-女性が活躍するためのポイントNEW

それは何? 女性の活躍が期待されています。 ・ 成長戦略の実行(内閣総理大臣所信表明演説 (第百八十七回国会)) ・ 人材の活躍強化 女性が輝く日本! (アベノミクス 「3本の矢」 ) ・ 女性の活躍推進(2014年10月24日 経団連会長スピーチ) でも、「言うは易く行うは難し」。 特に、  ◆ スローガンは簡単に掲げられる  ◆ それに基づいて仕組みを作ることもそんなに難しいことではな...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事防止 「社長・取締役・役員のコンプライアンス研修」NEW

社長・取締役・役員に対しすべきこと 不祥事を起こした企業は、不正の再発を防がねばなりません。 社長・取締役・役員には何をすればいいでしょうか? 答えは、  「常識を疑わせる」 です。 *******************************************   「もっと売れるように工夫する」     ・・この一言に違和感を覚える人は少ないでしょう。    でも私はこの一言に...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

こうして起こる、不祥事の「発生メカニズム」NEW

それは何か? 不祥事が起きた。 もう繰り返せない。 「口先だけ」は許されないのだから。 そんな企業に必要なのは、 「根本」からの治療。 それには、  (1) 不祥事の「発生メカニズム」を知り、  (2) それをふまえた再発防止策をとらねばなりません。 では、  「不祥事の発生メカニズム」とは何か? 答えは、  【自分のことばかり考える「自分第一主義」の飛び火】 と 【その回帰】 です。 ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0010) なぜ格差が拡がる? ピケティ、新自由主義、そして・・NEW

ブームが去ったからこそ、考える ピケティのお蔭か 「格差問題」が再び脚光を浴びています。 彼曰く、 「r>g」 すなわち 資本収益率(r)が長期的に経済成長率(g)を大きく上回る と格差が拡がりやすくなるそうです。 (ピケティ「21世紀の資本」) 経済学的にはこういう見方もできるんですね。 以前「新自由主義」という言葉が世間を賑わせましたし、 学問的にいろいろな分析・検討が行われてきました...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事 「再発を防ぐマネジメント」ですべきことNEW

それは何か? 不祥事を経験した企業は、事故がまた起こらないように 会社をマネジメントしなければなりません。 そう。 不祥事を起こした企業には、  「再発を防ぐマネジメント」が必要なのです。 さて、 この「再発を防ぐマネジメント」。 一体、どんなことをしたらいいでしょう? いろいろありますが、その1つがこれ  「自分の身の丈を自覚する」です。 なぜか?  身の丈を自覚できないとこうなる...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

コンプライアンス教育、「指導の前日」にすべきことNEW

それは何? 不祥事を起こした企業は再発を防げねばなりません。 よって、コンプライアンス指導は重要です。 そんな企業のコンプライアンス指導者には  「指導の前日にすべきこと」 があります。 何か分かりますか? それは、  (1) 明日言おうとしていることは、  (2) そもそも、  (3) あなた自身が腹の底からそう思っていることか? を自問自答する、です。 なぜか?  【 「腹の底から本...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事・不正・違反が起こった企業へ (その3)-再発防止のToDo(発生直後)NEW

それは何か? 不祥事経験企業が、 組織内の芽を除去し、変わるには「最短で」3年必要です。 これを3年でやるには、  (1) 「発生直後にすべきこと」をだけをやり  (2) 「しなくていいこと」は絶対にしない の2つが必要です。 (他のことに手を出すと見せかけの安心感が蔓延し、失敗します) そこで、  ◆ 不祥事・不正・違反が起こった直後の企業へ  ◆ [不祥事で報道された企業]、及び、[報...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事・不正・違反が起こった企業へ (その4)-再発防止のToDo(1年目-3年目)NEW

それは何か? 不祥事経験企業が、 組織内の芽を除去し、変わるには「最短で」3年必要です。 これを3年でやるには、  (1) 「1年目にすべきこと」、「2年目にすべきこと」、「3年目にすべきこと」、         だけをやり、  (2) 「しなくていいこと」は絶対にしない の2つが必要です。 (他のことに手を出すと見せかけの安心感が蔓延し、失敗します) そこで、  ◆ 不祥事・不正・違反が...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0009) 麻痺するとこうなる・・金持ち令嬢(副社長)が暴走した理由NEW

人を「麻痺」させるのは何か? 皆さん 「ナッツ事件」って知ってますか? 富豪の令嬢でもある大韓航空の副社長(当時)が自社機のファーストクラスに乗った際、 ナッツの出し方に激怒し、飛行機を引き返させた事件です。 その副社長が、裁判で有罪判決を受けました。 (引用始*) 大韓航空前副社長に懲役1年の実刑 「ナッツ事件」地裁判決   乗務員のナッツの出し方に激高し、滑走路に向かっていた飛行機を引...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

2017年3月8日読売新聞東京本社版夕刊広告掲載!NEW

人の印象の専門家の吉武利恵です。 2017年3月8日読売新聞東京本社版夕刊にて、 「素敵な本との出会いは、人生の喜び。〜クリエイティブメディア出版の本〜」カラー広告に掲載されました。 著書・電子書籍「心がつながる印象マネジメント」は上段中央にございます。 テレビ番組欄の下なので、多くの方の目にとまっていれば嬉しいです。   私も多くの素敵な本に勇気をもらったり、刺激を受...(続きを読む

吉武 利恵
吉武 利恵
(イメージコンサルタント)

(0008) なぜ人は、税金を「払いたくない」と思うか?

日本人は馬鹿でない 税金を納めるのは、国民の義務であり、企業の義務です。  ・ 車が通れば砂埃がたつ砂利道ではなく、きちんと舗装された道路。  ・ 酔った帰り道でも安心して歩けるよう、私たちを守ってくれる街灯。  ・ 急に具合が悪くなったら来てくれる救急車に、泥棒に入られたら直ちに駆けつけてくれる警察。 いずれもみな「税金」のお蔭です。 にも関わらず、世には「脱税」という行為や 「税金で持...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

コンプライアンスを教える時、部下を「納得させる」には

何が必要? 不祥事を起こした企業の管理職が再発を防ぐため、 部下にコンプライアンスを「教える」。 その時、  「はいはい」と適当にあしらわれたくなかったら どうすればいいでしょう? 答えは、  【 「そもそも論や能書き」を「自分の言葉」で語る 】 力を鍛える、 です。 *******************************************      人事部長は3人が研修で...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0007) 前の入居者の自殺を知らされずに部屋を借りてしまったら

内部告発と自殺。 あなたなら、どうする? 世の中にはいろいろなことがあります。 「自殺」もそのひとつです。 自らの命を絶つ、ということは相当のこと。 一般論で「してはならぬ」と言えても、当事者にしか分からいこともあるに違いありません。 いずれにしても、苦しいことです。 こんなニュースがありました。 (引用始*)   内部告発者の郵便持ち出し、アパマン系に賠償命令 福岡簡裁   不動産...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

防ぐコンプライアンス、従わせ方の「秘訣」

どうすればいい? 不祥事発生企業にとって、  社員に「コンプライアンスを守らせる」 は、 何が何でもやらねばならぬこと。 一体、どうやって従わせればいいのでしょう。 知っていますか? 大事なポイントを教えます。 それは、  「理詰めでごり押ししない」 です。 なぜか?  「気持ちが冷める」  「反発する」 からです。 ********************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0006) 「皆がやっているから・・・」という心理

なぜこうなるのか? 前回、 “「公共」の気持ちを持てない人” でこんなことを書きました。   自分の隣のスペースにわざわざ荷物を置き、    「この場所、埋まってます」サインを発する。   自分の部屋ならいざ知らず、公共の場所なのに。    (中沢 努 考えるための素材 0005) なぜこのような意識が生まれるのか? それは、私たちの中に  「他の人がやっているから・・・」という気持ち...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0005) 「公共」の気持ちを持てない人

あなたは大丈夫? 私が度々お世話になるもののひとつに「公共の場所」があります。 皆さんも、お世話になることがあるのではないでしょうか。 私がよく利用するある場所、公共のスペースなのですが、 ここに「公共の気持ち」を持てない、と思わせる人がいます。 その人は毎日のようにそこを利用している (私が行くと、ほぼ必ずその人にお目にかかる)ようなのですが、 いつも「あること」をしているのです。 それ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

社員の「コンプライアンス評価」、どこを見る?

これがポイント 不祥事を起こした企業は、 社内にある不正の芽を摘まねばなりません。 そこで大事になるのが、 社員の「コンプライアンス評価」。 一体、 どこを見ればいいのでしょう。 答えは、  「プロセス」 です。 *******************************************    「過程を知ればそれに文句を言う人はいなくなるに違いない」    そう思わせる一日...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0004) これが「ブラック企業」と「普通の会社」の差

どこが違う? 「ブラック企業」と呼ばれる一連の会社群があります。 厚生労働省も「若者の「使い捨て」が疑われる企業等への取組を強化」 (同省HP) しているようです。 このような企業がなぜ跋扈するのか? 「ブラック企業」と批判される企業が生まれる背景の一つに過度な安売り競争がある。 参入障壁が低く競合が次々と現れる飲食や小売りなどの業界は構造的に価格競争に陥りやすい。 人件費も圧迫されるの...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不正させない「空気」、どうつくれば?

すべきことは何か 不祥事を起こした企業にとって再発防止は喫緊課題。 そのためには、  「不正させない空気」を社内に広める ことが大切です。 では、そんな空気をつくろうとしたら どうしたらいいか。 あなたは知っていますか? 答えは、  (1) 目の前にある  (2) 自分にとってのあたりまえを  (3) 素朴に疑ってみる です。 ***************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0003) STAP細胞問題と倫理

今だから振り返る STAP細胞論文の不正問題が世間を賑わせました。 不正が起こった背景には何があるのでしょうか?  ・ ルールや規則の問題  ・ 管理監督上の問題  ・ 予算獲得を含む組織内外の政治的問題 などが挙げられます。 でも「もっと根底にあるもの」が潜んでいる、と私は考えます。 皆さんは、何か分かりますか? それは「実利に埋もれた意識」です。 世の中の役に立つか立たないかは...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

最近のSEO業界を見て想う(ネット集客を試みる上で)

まずSEOとは検索エンジン最適化と言われており、簡単に言い換えると、何かを検索した際に、上位表示させる手法・方法のことを指します。 ここで、これまでの記事でも述べたように、起業や副業、独立、個人事業主で商売をしている方々において事業を優位に進めていくことができます。 勿論オフラインでの人脈やクロージングも大切な要素です。 しかし、元々自然と築かれるパイやファーストコンタクトの枠がかなり狭くなっ...(続きを読む

瀧内 賢
瀧内 賢
(Webプロデューサー)
2017/02/24 14:13

(0002) iPhoneの製造現場と見えない貧困

イギリスBBCのニュースでiPhone製造現場の様子を見ました。 あるアジアの国。 画面には「劣悪な労働環境」と「疲弊する工員たちの姿」が 映し出されていました。  ・ すし詰めの職場  ・ 長時間労働  ・ 疲れ果て、死んだような目をした作業員たち 人間を「使い捨てる」という言葉がそのまま当てはまるかのような光景でした。 ことの是非を問うているのではありません。 好ましいことではないが...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

トレーナーに必須の「思考力」の高め方について考えてみた

 こんばんわ 先日、imok's Mentershipのグループページの中で 『スタッフ育成などにおいて、「思考力」を高める為に何をしていますか?』 といったご質問を頂いたので 自分なりの考えをお答えさせて頂きました   そして 日頃から同じ様な質問を頂く事も多いので 今回はこちらのブログにも記載してみようかなと   「思考力」を高める為には 僕は以下の3つが重要だと考えています ①考える材料...(続きを読む

Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
2017/02/23 21:21

(0001) CIAの拷問と部下の操縦術

はじめまして。 私は、  「人間を深く考える」専門家 です。 今日から、 新聞や雑誌などに採り上げられている社会の様々な出来事を「人間」の視点で捉え、 私なりに感じたことや考えたことを素直に書いていきたいと思います。 第1回のテーマは  「拷問と部下の操縦」です。 先日のある日。 新聞を読んでいたら、こんな記事を目にしました。 *****************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不正を起こさない人間の「根源」

それは何か? 不祥事を起こした企業が再発を防ぐために知るべきこと。 それは、  不正を起こさない人間の「根源」 です。 なぜか? 「根源が成っていなければ、何をしても無駄」 だからです。 では、  不祥事を起こさない人間の「根源」は何か? それは  自分の中に巣くう 「アイヒマン」を乗り越える です。 ****************************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

SEO書籍新刊≒これからのSEO内部対策 本格講座

3月4日~新刊SEO書籍が発売となります。 「これからのSEO内部対策 本格講座」は、 内部が中心となっています。 しかし、Googleの技術力に鑑みて、外部対策 でも特に効果の高い、正しい手法を掲載しています。 今もなお、外部対策との連携が必要であり、 きちんと計算された施策ではじめて響いてくるのです。 仮になんとなく行った施策で上位表示できたのならば、 それは...(続きを読む

瀧内 賢
瀧内 賢
(Webプロデューサー)

えっ、また不正?-起こった時の注意点

それは何か? 不正が起こらないよう手を打ったのに、また起こった。 無策でいるわけではないのに、なぜ? そんな時は、ここを見て下さい。  (1) 外の目線から見た時、  (2) うちは「再発してしまうような、だらしない会社」になっていないか? *******************************************      「もっと家事を手伝ってよ、私だって大変なんだから」...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

Instagramを開始しました☆神の手、虹の光シャワー、龍神、鳳凰など幸運写真をあなたへ☆

自分の手で、家にいながら顔年齢を若く!老けた顔を美しく!顔筋NANAマジックメソッド☆   今まで何をしてもダメだった人の駆け込み寺 美エイジレス塾でお顔の老化による悩みを改善するメソッドをぜひ、習得してくださいね。 最新レッスン情報はこちら ↓↓↓   ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ 顔筋NANAマジックメソッド創始者美エイジレス塾 主宰A...(続きを読む

NANA
NANA
(イメージコンサルタント)
2017/02/19 23:58

慶應義塾大学 総合政策学部 2017 英語 解答速報

今回もまた明け方の更新になりましたが、よろしくお願いいたします。実は慶應の理工学部や文学部、早稲田の理工(短くしてすいません)等の解答も作ったのですが、upしそこねてます。       2017年  慶應義塾大学 総合政策学部 英語 解答速報   1 31. 2  32. 3  33. 2  34. 1  35. 1  36. 1  37. 1  38. 2 39. 3  40...(続きを読む

中山 航
中山 航
(英語講師)
2017/02/18 04:33

コンプライアンスを守る人になる「とても大切なこと」

それは何? 不祥事を起こした企業は、不祥事を再発させてはなりません。 そして、それを口先だけで終わらせないよう  「コンプライアンスを守る人」を育てねば なりません。 では、不祥事を起こした企業は  社員に何を教えるべきか? それは、  「都合の悪いことから逃げない」 です。 *******************************************      誰だって痛い...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

科学のない、思いつきの英語教育ーカナダから呆れて見ています

ー2020年から英語に親しむ活動の開始を小学3年に早め、小5から英語を正式教科とするとのこと。3、4年では「聞く」「話す」を主体として、5、6年から正式教科となる「英語」では「読む」「書く」を加え、教科書を使い成績もつける。授業の改善で「対話的で深い学び」を実現し、思考力や主体性を伸ばす。ー (日本経済新聞より)   38年日本で英語思考法を指導し、ほんの一握りの日本の子供たちの脳にですが、...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

コンプライアンス対策を「本当に効かせる」方法

それは何? 不祥事を起こした企業が同じ事を繰り返さないようにする。 それには  コンプライアンス対策を「本当に効かせる」 ことが必要です。 では、どうすれば  「本当に効かせ」られるか。 知っていますか? 答えは、  【表面】 でなく、【根本】 を変える です。 なぜか? それは下で示したように  「表面(政権や政治家)だけを変えても結局変わらない」 と考えるからです。 ****...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

「善悪を見分け、行動する力」をつけるには

どうすればいい? 不祥事を起こした企業に必要なこと。 それは、 「善悪を見分け、行動する力」の強化 です。 でも、この力は ありきたりな研修をさらっとやらせても強化できません。 なぜか? 不祥事の再発防止に必要な  「善悪を見分け、行動する力」の根本は、  【ものごとの価値を判断する力】 もっと言うと、 「全人格を賭して行う『価値判断』」 にある からです。 ***********...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事ノー、コンプライアンス研修の企画ネタ

どんなネタ? 不祥事を起こした企業がコンプライアンス研修をやろうとする。 どんな企画がいいでしょうか? 大事なテーマがあります。 それは、  「人は自分のことは見えない」 という心理 です。 なぜこれが大事か? (1)コンプライアンス研修はどうしても  「他人事(ひとごと)」になりがち だからです。 (2) 普通の研修を普通にやるだけでは  「自分は大丈夫」と思ったままで終わる からで...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事を防ぐ「平易、簡単、教育のツボ」

それは何? 不祥事を起こした企業が不正を防止するため コンプライアンス教育を実施する。 その時の「大事なツボ」、  あなたは知っていますか? 答えは  「幼稚なへ理屈を言わない、言わせない」 です。 *******************************************      「不正な行為で利益を増やした経済人」    「自分の失敗を素直に詫びようとしない上級管理職」...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

「不祥事、再発抑止、すべきこと」(2)

それは何? 前回から続けます。 不祥事を起こした企業の社員が 再発を抑止するためにすべきこと。 その2つ目は、   「お金と競争にまみれた自身の日常」    を見つめる    ・・良し悪しを問うのではなく、ただ真っ直ぐに見つめる です。 なぜか? 不祥事の根源は、  結局のところ、モラルや人間性に行き着く からです。 *****************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

「不祥事、再発抑止、すべきこと」(1)

それは何? 不祥事を起こした企業が再発を抑止しようとする。 何が社員に必要でしょうか? 無関係に見えるが、実は大きく関係する 「すべきこと」があります。 それは、  そもそも「何のために生きているのか」を考える です。 なぜ、こんなことが必要か? *******************************************      その理由を以下に記す。    「どう生...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事撲滅 「グレーゾーン、判断、ポイント」

それは何? 不祥事を起こした企業にとって、不祥事撲滅は絶対課題。 何としても再発を防止しなければなりません。 そんな企業は、  (1)グレーゾーンに直面した時、どうすればいいか?  (2)そのために、事前に何を鍛えておかねばならないか? を社員に教える必要があります。 上の2つの答え。 何だか分かりますか? 答えは、  (1a) 土壇場の修羅場では、ルールや罰則などの「客観的基準」など頼り...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事、再発を防ぐ「上司の力」

それは何か? 不祥事を起こした企業が不正の再発を防げるかどうかは、   「部下を指導する上司に力があるか否か」 で決まります。 では、  「力のある上司」 とはどんな人か? それは、  (1) 他人のことを言う前に、  (2) 自分が行動し、  (3) 自分を証明する   すなわち、 下記の父親とは真逆 の人です。 ***********************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事を再発させてはならぬことを「本気で理解させる」には?

これがその方法 不祥事を起こした企業は再発を防がねばなりません。 社会の一員として存在している以上、当然の責務です。 ホームページで謝罪し、 再発防止を約束。 それを「口だけ」で終わらせたくなければ、 社員に、不祥事を再発させてはならぬことを「本気で理解」 させねばなりません。 本気で理解させる。 どうしたらいいか分かりますか? 答えは、  (1) 自社の視点、自分の目線を捨てる。  (...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事経験企業が知るべき「コンプライアンス学習理論」

それはどんな理論? 不祥事経験企業はコンプライアンス教育をしっかりやらねばなりません。 不祥事を再発させてはならないからです。 そんな企業が知っておくべき大事な「コンプライアンス学習理論」があります。 それは、  ◆ 不祥事を再発させないためのコンプライアンス教育で重要なことは「腹の底から理解する」こと。  ◆ そうでないとまた「同じ轍をふむ」から。 腹の底から理解させたければ以下の2つが...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

大泉学園駅を中心として、チラシ配布中です!

今日は、いくらかあったかいですねぇ。何をするのにも楽ですね。   さて早速ですが、 今週から、大泉学園駅を中心として、写真のチラシを配布中しております! ご覧になった方は、是非 お読み下さいね 女性の目にとまりますようにと、紙の色はピンクにしてみました。 皆さん、気づいてくださいますように。 気づいたら、お読みいただき、どうか捨てないで~! 保存版ですよ~! 大泉学園駅周辺...(続きを読む

野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(建築家)

不祥事の再発を防ぐ「圧力に負けない社員」を育てるには

そのポイントは? 不祥事を起こした企業が事故の再発を防ぐために  「圧力に負けない社員」を育てようとする。 何が必要でしょうか? 答えは、   テクニックでなく   「人間を鍛錬する」・・特に精神を です。 *******************************************      1.逆風が吹いても耐え抜き、復活する人は         「独自の世界観を確立させて...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事を再発させない上司に必要な「大事なもの」

それは何か? 不祥事を起こした企業。 そういう企業の上司は、 不祥事を再発させないために 「大事なもの」を持たねばなりません。 一体何か? それは、  「人としての厚み」をもたらす  「上から目線でない人間らしさ」 です。 *******************************************      その3      「お言葉ですが、それは見直すべきです」と役員に苦...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

研修をやっているのに不祥事が再発する時の「問題点」

何がいけない? コンプライアンス研修をやっているのに不祥事が再発する、 ということがあります。 研修なんて無駄なのか?  ・・いいえ、違います。 では何が問題なのか? 答えは、  「中途半端」 です。 *******************************************      他人から学んだことをさも自分自身で学んだことのように自他に思わせ、     安心している...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事の再発防止教育「重視すべき」ポイント

その正体は? 不祥事を起こした企業が同じ事を繰り返さぬよう誓い、再発防止教育を行う。 その時、重視すべき大事なポイントがあります。 それは何か? 答えは、  「人間の弱さ」を正視する    ◆ 人間の弱さを卑下するのでなく、    ◆ 奇を衒い正当化するのでもなく、    ◆ ただ、ありのままに正視する です。 **************************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事発生後のコンプライアンスリーダーに必要な「新しいコンプライアンスマインド」

気づくべき「大切な」こと 不祥事の再発を防ぐ。 そのために不祥事発生後のコンプライアンスリーダーは、  「新しいコンプライアンスマインド」を持たねばなりません。 どういうことか? *******************************************      「コンプライアンス部」あるいは「コンプライアンス担当」の仕事は何か?       ・ データを集めることではあ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

時代の先を行き過ぎたか

おはようございます、今日は料理番組の日です。 相変わらずの人気ジャンルみたいですね。   フィンテックについてお話しをしています。 ウェブ上で共有をする、ということから既にないとあるサービスについて。   Google Waveというサービスがありました。 ウェブ上でメールやSNS、ドキュメントの共同編集などができるというかなり高機能なサービスです。   昨日も触れましたが、クラ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

1,442件中 1~50 件目

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索