「Google」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「Google」を含むコラム・事例

1,458件が該当しました

1,458件中 1~50件目

5月の講義予定表、更新しましたNEW

リアル恋愛教室、5月の講義予定表を更新いたしました。 5月の注目講座はこちらです。 ・特別講座/GW特別相談会 ・復活講座/浅田先生になる講座(男女) ・ご利用者は多いはず!?/ネット恋活&婚活必勝法(男女) 特に5/3のGW特別相談会は、GWを上手に生かすためにお勧めです。4日以降にデートやパーティの参加をお考えの方は、ぜひいらしてご相談ください。お茶会のようなイメージでざっく...(続きを読む

マーチン
マーチン
(恋愛アドバイザー)
2017/04/26 19:14

「やってよかった!」というコンプライアンス研修NEW

どうすればいい? 外部講師でコンプライアンス研修をやる。 そんな時、その研修に満足するには どうしたらいいか知っていますか? 答えは、  1.業者のセールストークに呑まれない  2.無料やお試しに呑まれない です。 *******************************************    この会社には一つの特徴があった。     「経営理論」     「流行の人材育成...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

日経記事;『AI同時通訳、五輪までに実用化 精度向上 言葉の壁消える?』に関する考察NEW

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 4月22日付の日経新聞に、『AI同時通訳、五輪までに実用化 精度向上 言葉の壁消える?』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『政府は2020年の東京五輪・パラリンピックをにらみ、人工知能(AI)を使う同時通訳システムを実用化する方針...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

「カナダにいらっしゃい!」の時代ですNEW

トランプは、馬鹿なことに(馬鹿ですから)アメリカのIT企業が有能な外国人を雇う規制を厳しくしてしまいました。   IT 企業が怒ってアメリカから逃げ出し始めました。 様々な文化背景を持った多様で能力のある人材こそがIT企業を支えて来たことなど、全く無視の無能なトランプの国から。   そこにどっしり存在するのがカナダです! ITを勉強したい人! ぜひ「カナダにいらっしゃい!」 カナダ政...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)
2017/04/22 03:20

コンプライアンスとは何か?NEW

理解に必要な「頭の使い方」 コンプライアンスでよく出てくるものの中に   「法規」   「法令」   「マニュアル」  などがあります。    そして、多くの人は  「コンプライアンスとは、それらを守ることだ」と  思っています。    でも、本当でしょうか?    それらは、   「コンプライアンスを守るための手段」  に過ぎないのではないでしょうか?    コンプライアンスって一体何なのか?...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

カナダの[A.I.(人工知能)研究]に参加する留学

カナダが非常な重きをおく A.I. 研究。 政府・企業・大学・科学者こぞっての一大目標となっています。 専門技術を持つ人が国中どこででも簡単にビジネスを立ち上げられる環境を作り、カナダの大学が育てた熟練専門家を国に留まらせるこのがゴールです。 (New York Timesより) サイエンス系の日本のみなさん。 ぜひカナダへ。 カナダが気合入れて育ててくれますよ。 チャンス! 実はカナダ...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

不祥事を防ぐ能力(日常編)

それは何か? 不祥事を防ぐには様々な能力が必要ですが、 研修ではなかなか身につかない能力があります。 何だか分かりますか? それは、 「逃げない力」 です。 *******************************************    B      「結論には納得だが、新規事業は社長が言い出した案件だ。       当の本人を前に言えないよ」    コンサルタント   ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0012) スマホばかり見ちゃうわけ ―どうしたら止められる?

私たちをスマホから解放してくれるサービス があるそうです。 (引用始*)   スマホ疲れ…求む「圏外」 癒やしのサービス続々    カフェ、電源オフには特典/宿泊施設、地図だけで街歩き    どこにいてもインターネットに接続できる便利さから急速に普及したスマートフォン(スマホ)。    画面を常にチェックするのが習慣になり、気になって仕方がない。    交流サイト(SNS)から解放されたい、...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

コンプライアンス教育 「説得力」を出すには

どうすればいい? コンプライアンスを教える時、 「説得力」は重要です。 それがないと、  スルーされる からです。 説得力を出すにはどうすればいいか。 あなたは知っていますか? 答えは、  「資料の化粧に頭と時間を割く」 をしない です。 *******************************************    プレゼンテーション資料を作る場に居合わせたりすると  ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

コンプライアンスに必要な思考

前回に続き、教育ネタを紹介 コンプライアンス教育をしているのに不正がなくならない。 そんな企業は何をすればいいでしょうか? ありきたりなコンプライアンス教育はダメです。  (無駄ではないが、足りない) では、どうすればいい? 答えは  「根源の教育」 です。 根源の教育とは何か? それは  「深く考える」 。 ************************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

コンプライアンスの学習方法

それは何? 社員にコンプライアンスを学ばせる。 どんな学習方法があるでしょうか? 答えは、  「表面でなく、その奥を考えさせる」 です。 *******************************************    コンビニエンス・ストアで支払いの順番を    待っていたときのことだ。    私の前にはだらしのない格好をした今風の若者がおり、    ジュースと菓子パンを買...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

違反をさせない会社づくりの「基本」

それは何か? コンプライアンス違反をさせない会社づくり は大切です。 それには、  「基本」があります。 基本、とは何か。 知っていますか? 答えは、   (1) 世の中は 「金だけ」 でない。           ・・たとえ「あなたの会社」がそうであったとしても。   (2) 人間は 「金だけ」 でない。           ・・たとえ「あなた」はそうであったとしても。   (3) とい...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

コンプライアンスを理解し、実行するための「訓練」

それは何か? コンプライアンスを理解し、実行するには どんな訓練が必要か。 あなたは知っていますか? 答えは、  「知と情の訓練」 です。 *******************************************    知的頭脳だけでは経営できない。    情的頭脳だけでも経営できない。    知的理解だけでは経営できない。    情的理解だけでも経営できない。    ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事防止に必要な「経営トップの行動」

それは何か? 企業が不祥事を防止するには  「経営トップに必要な行動」 があります。 それは一体何か。  知っていますか? 答えは  【 「自分だけ例外」 をしない、させない 】 です。 *******************************************    第1の人     混んだ電車の中でバックを肩にかけたままの      「他人との距離が取れない」人がいる。 ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

「コンプライアンス感度」を高めるには?

どうすればいい? いくらコンプライアンス対策をやっても、なびかない。 いくら口酸っぱく言っても、動かない。 そんな会社はきっと、  社内の「コンプライアンス感度」が低い 、 のです。 コンプライアンス感度が低い とはどんな会社か? それは  「空気に支配されている」会社 です。 *******************************************    ◆古代◆   ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

コンプライアンス 「非協力・反発」への対応策

どうすればいい? 「めんどうくさい」 「役所みたい」 「そんなことしてたら仕事にならない」 コンプライアンスは、 「嫌われ者」です。 社内でコンプライアンスが反発されたら どうしたらいいか。 あなたは知っていますか? 答えは、   「会社のため」とか   「ちゃんとやれば業績向上に役立つ」  みたいなことを言わない、 です。 なぜか?  【 そんなことに関係なく守らねばならないのがコン...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

今年も紹介、新入社員「コンプライアンス研修」

新入社員のコンプライアンス研修は何がいい? 今年も新入社員研修の時期が迫ってきました。 コンプライアンス面では何をすればいいでしょうか? 大事なポイントを教えます。    ◆ 規則やマニュアルの説明、過去事例の紹介だけではダメです。    ◆ 仕組みが形骸化するから、です。  【絶対すべきこと】    ◆ 絶対にしなくてはならないのは、        「正しいコンプライアンスのインプリンテ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0011) 日本社会 日本企業-女性が活躍するためのポイント

それは何? 女性の活躍が期待されています。 ・ 成長戦略の実行(内閣総理大臣所信表明演説 (第百八十七回国会)) ・ 人材の活躍強化 女性が輝く日本! (アベノミクス 「3本の矢」 ) ・ 女性の活躍推進(2014年10月24日 経団連会長スピーチ) でも、「言うは易く行うは難し」。 特に、  ◆ スローガンは簡単に掲げられる  ◆ それに基づいて仕組みを作ることもそんなに難しいことではな...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事防止 「社長・取締役・役員のコンプライアンス研修」

社長・取締役・役員に対しすべきこと 不祥事を起こした企業は、不正の再発を防がねばなりません。 社長・取締役・役員には何をすればいいでしょうか? 答えは、  「無意識下の常識」 を疑わせる です。 *******************************************   「もっと売れるように工夫する」     ・・この一言に違和感を覚える人は少ないでしょう。    でも私...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

こうして起こる、不祥事の「発生メカニズム」

それは何か? 不祥事が起きた。 もう繰り返せない。 「口先だけ」は許されないのだから。 そんな企業に必要なのは、 「根本」からの治療。 それには、  (1) 不祥事の「発生メカニズム」を知り、  (2) それをふまえた再発防止策をとらねばなりません。 では、  「不祥事の発生メカニズム」とは何か? 答えは、  【自分のことばかり考える「自分第一主義」の飛び火】 と 【その回帰】 です。 ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0010) なぜ格差が拡がる? ピケティ、新自由主義、そして・・

ブームが去ったからこそ、考える ピケティのお蔭か 「格差問題」が再び脚光を浴びています。 彼曰く、 「r>g」 すなわち 資本収益率(r)が長期的に経済成長率(g)を大きく上回る と格差が拡がりやすくなるそうです。 (ピケティ「21世紀の資本」) 経済学的にはこういう見方もできるんですね。 以前「新自由主義」という言葉が世間を賑わせましたし、 学問的にいろいろな分析・検討が行われてきました...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事 「再発を防ぐマネジメント」ですべきこと

それは何か? 不祥事を経験した企業は、事故がまた起こらないように 会社をマネジメントしなければなりません。 そう。 不祥事を起こした企業には、  「再発を防ぐマネジメント」が必要なのです。 さて、 この「再発を防ぐマネジメント」。 一体、どんなことをしたらいいでしょう? いろいろありますが、その1つがこれ  「自分の身の丈を自覚する」です。 なぜか?  身の丈を自覚できないとこうなる...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

コンプライアンス教育、「指導の前日」にすべきこと

それは何? 不祥事を起こした企業は再発を防げねばなりません。 よって、コンプライアンス指導は重要です。 そんな企業のコンプライアンス指導者には  「指導の前日にすべきこと」 があります。 何か分かりますか? それは、  (1) 明日言おうとしていることは、  (2) そもそも、  (3) あなた自身が腹の底からそう思っていることか? を自問自答する、です。 なぜか?  【 「腹の底から本...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事・不正・違反が起こった企業へ (その3)-再発防止のToDo(発生直後)

それは何か? 不祥事経験企業が、 組織内の芽を除去し、変わるには「最短で」3年必要です。 これを3年でやるには、  (1) 「発生直後にすべきこと」をだけをやり  (2) 「しなくていいこと」は絶対にしない の2つが必要です。 (他のことに手を出すと見せかけの安心感が蔓延し、失敗します) そこで、  ◆ 不祥事・不正・違反が起こった直後の企業へ  ◆ [不祥事で報道された企業]、及び、[報...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不祥事・不正・違反が起こった企業へ (その4)-再発防止のToDo(1年目-3年目)

それは何か? 不祥事経験企業が、 組織内の芽を除去し、変わるには「最短で」3年必要です。 これを3年でやるには、  (1) 「1年目にすべきこと」、「2年目にすべきこと」、「3年目にすべきこと」、         だけをやり、  (2) 「しなくていいこと」は絶対にしない の2つが必要です。 (他のことに手を出すと見せかけの安心感が蔓延し、失敗します) そこで、  ◆ 不祥事・不正・違反が...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0009) 麻痺するとこうなる・・金持ち令嬢(副社長)が暴走した理由

人を「麻痺」させるのは何か? 皆さん 「ナッツ事件」って知ってますか? 富豪の令嬢でもある大韓航空の副社長(当時)が自社機のファーストクラスに乗った際、 ナッツの出し方に激怒し、飛行機を引き返させた事件です。 その副社長が、裁判で有罪判決を受けました。 (引用始*) 大韓航空前副社長に懲役1年の実刑 「ナッツ事件」地裁判決   乗務員のナッツの出し方に激高し、滑走路に向かっていた飛行機を引...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

2017年3月8日読売新聞東京本社版夕刊広告掲載!

人の印象の専門家の吉武利恵です。 2017年3月8日読売新聞東京本社版夕刊にて、 「素敵な本との出会いは、人生の喜び。〜クリエイティブメディア出版の本〜」カラー広告に掲載されました。 著書・電子書籍「心がつながる印象マネジメント」は上段中央にございます。 テレビ番組欄の下なので、多くの方の目にとまっていれば嬉しいです。   私も多くの素敵な本に勇気をもらったり、刺激を受...(続きを読む

吉武 利恵
吉武 利恵
(イメージコンサルタント)

(0008) なぜ人は、税金を「払いたくない」と思うか?

日本人は馬鹿でない 税金を納めるのは、国民の義務であり、企業の義務です。  ・ 車が通れば砂埃がたつ砂利道ではなく、きちんと舗装された道路。  ・ 酔った帰り道でも安心して歩けるよう、私たちを守ってくれる街灯。  ・ 急に具合が悪くなったら来てくれる救急車に、泥棒に入られたら直ちに駆けつけてくれる警察。 いずれもみな「税金」のお蔭です。 にも関わらず、世には「脱税」という行為や 「税金で持...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

コンプライアンスを教える時、部下を「納得させる」には

何が必要? 不祥事を起こした企業の管理職が再発を防ぐため、 部下にコンプライアンスを「教える」。 その時、  「はいはい」と適当にあしらわれたくなかったら どうすればいいでしょう? 答えは、  【 「そもそも論や能書き」を「自分の言葉」で語る 】 力を鍛える、 です。 *******************************************      人事部長は3人が研修で...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0007) 前の入居者の自殺を知らされずに部屋を借りてしまったら

内部告発と自殺。 あなたなら、どうする? 世の中にはいろいろなことがあります。 「自殺」もそのひとつです。 自らの命を絶つ、ということは相当のこと。 一般論で「してはならぬ」と言えても、当事者にしか分からいこともあるに違いありません。 いずれにしても、苦しいことです。 こんなニュースがありました。 (引用始*)   内部告発者の郵便持ち出し、アパマン系に賠償命令 福岡簡裁   不動産...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

防ぐコンプライアンス、従わせ方の「秘訣」

どうすればいい? 不祥事発生企業にとって、  社員に「コンプライアンスを守らせる」 は、 何が何でもやらねばならぬこと。 一体、どうやって従わせればいいのでしょう。 知っていますか? 大事なポイントを教えます。 それは、  「理詰めでごり押ししない」 です。 なぜか?  「気持ちが冷める」  「反発する」 からです。 ********************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0006) 「皆がやっているから・・・」という心理

なぜこうなるのか? 前回、 “「公共」の気持ちを持てない人” でこんなことを書きました。   自分の隣のスペースにわざわざ荷物を置き、    「この場所、埋まってます」サインを発する。   自分の部屋ならいざ知らず、公共の場所なのに。    (中沢 努 考えるための素材 0005) なぜこのような意識が生まれるのか? それは、私たちの中に  「他の人がやっているから・・・」という気持ち...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0005) 「公共」の気持ちを持てない人

あなたは大丈夫? 私が度々お世話になるもののひとつに「公共の場所」があります。 皆さんも、お世話になることがあるのではないでしょうか。 私がよく利用するある場所、公共のスペースなのですが、 ここに「公共の気持ち」を持てない、と思わせる人がいます。 その人は毎日のようにそこを利用している (私が行くと、ほぼ必ずその人にお目にかかる)ようなのですが、 いつも「あること」をしているのです。 それ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

社員の「コンプライアンス評価」、どこを見る?

これがポイント 不祥事を起こした企業は、 社内にある不正の芽を摘まねばなりません。 そこで大事になるのが、 社員の「コンプライアンス評価」。 一体、 どこを見ればいいのでしょう。 答えは、  「プロセス」 です。 *******************************************    「過程を知ればそれに文句を言う人はいなくなるに違いない」    そう思わせる一日...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0004) これが「ブラック企業」と「普通の会社」の差

どこが違う? 「ブラック企業」と呼ばれる一連の会社群があります。 厚生労働省も「若者の「使い捨て」が疑われる企業等への取組を強化」 (同省HP) しているようです。 このような企業がなぜ跋扈するのか? 「ブラック企業」と批判される企業が生まれる背景の一つに過度な安売り競争がある。 参入障壁が低く競合が次々と現れる飲食や小売りなどの業界は構造的に価格競争に陥りやすい。 人件費も圧迫されるの...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不正させない「空気」、どうつくれば?

すべきことは何か 不祥事を起こした企業にとって再発防止は喫緊課題。 そのためには、  「不正させない空気」を社内に広める ことが大切です。 では、そんな空気をつくろうとしたら どうしたらいいか。 あなたは知っていますか? 答えは、  (1) 目の前にある  (2) 自分にとってのあたりまえを  (3) 素朴に疑ってみる です。 ***************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

(0003) STAP細胞問題と倫理

今だから振り返る STAP細胞論文の不正問題が世間を賑わせました。 不正が起こった背景には何があるのでしょうか?  ・ ルールや規則の問題  ・ 管理監督上の問題  ・ 予算獲得を含む組織内外の政治的問題 などが挙げられます。 でも「もっと根底にあるもの」が潜んでいる、と私は考えます。 皆さんは、何か分かりますか? それは「実利に埋もれた意識」です。 世の中の役に立つか立たないかは...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

最近のSEO業界を見て想う(ネット集客を試みる上で)

まずSEOとは検索エンジン最適化と言われており、簡単に言い換えると、何かを検索した際に、上位表示させる手法・方法のことを指します。 ここで、これまでの記事でも述べたように、起業や副業、独立、個人事業主で商売をしている方々において事業を優位に進めていくことができます。 勿論オフラインでの人脈やクロージングも大切な要素です。 しかし、元々自然と築かれるパイやファーストコンタクトの枠がかなり狭くなっ...(続きを読む

瀧内 賢
瀧内 賢
(Webプロデューサー)
2017/02/24 14:13

(0002) iPhoneの製造現場と見えない貧困

イギリスBBCのニュースでiPhone製造現場の様子を見ました。 あるアジアの国。 画面には「劣悪な労働環境」と「疲弊する工員たちの姿」が 映し出されていました。  ・ すし詰めの職場  ・ 長時間労働  ・ 疲れ果て、死んだような目をした作業員たち 人間を「使い捨てる」という言葉がそのまま当てはまるかのような光景でした。 ことの是非を問うているのではありません。 好ましいことではないが...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

トレーナーに必須の「思考力」の高め方について考えてみた

 こんばんわ 先日、imok's Mentershipのグループページの中で 『スタッフ育成などにおいて、「思考力」を高める為に何をしていますか?』 といったご質問を頂いたので 自分なりの考えをお答えさせて頂きました   そして 日頃から同じ様な質問を頂く事も多いので 今回はこちらのブログにも記載してみようかなと   「思考力」を高める為には 僕は以下の3つが重要だと考えています ①考える材料...(続きを読む

Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
2017/02/23 21:21

(0001) CIAの拷問と部下の操縦術

はじめまして。 私は、  「人間を深く考える」専門家 です。 今日から、 新聞や雑誌などに採り上げられている社会の様々な出来事を「人間」の視点で捉え、 私なりに感じたことや考えたことを素直に書いていきたいと思います。 第1回のテーマは  「拷問と部下の操縦」です。 先日のある日。 新聞を読んでいたら、こんな記事を目にしました。 *****************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

不正を起こさない人間の「根源」

それは何か? 不祥事を起こした企業が再発を防ぐために知るべきこと。 それは、  不正を起こさない人間の「根源」 です。 なぜか? 「根源が成っていなければ、何をしても無駄」 だからです。 では、  不祥事を起こさない人間の「根源」は何か? それは  自分の中に巣くう 「アイヒマン」を乗り越える です。 ****************************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

SEO書籍新刊≒これからのSEO内部対策 本格講座

3月4日~新刊SEO書籍が発売となります。 「これからのSEO内部対策 本格講座」は、 内部が中心となっています。 しかし、Googleの技術力に鑑みて、外部対策 でも特に効果の高い、正しい手法を掲載しています。 今もなお、外部対策との連携が必要であり、 きちんと計算された施策ではじめて響いてくるのです。 仮になんとなく行った施策で上位表示できたのならば、 それは...(続きを読む

瀧内 賢
瀧内 賢
(Webプロデューサー)

えっ、また不正?-起こった時の注意点

それは何か? 不正が起こらないよう手を打ったのに、また起こった。 無策でいるわけではないのに、なぜ? そんな時は、ここを見て下さい。  (1) 外の目線から見た時、  (2) うちは「再発してしまうような、だらしない会社」になっていないか? *******************************************      「もっと家事を手伝ってよ、私だって大変なんだから」...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

Instagramを開始しました☆神の手、虹の光シャワー、龍神、鳳凰など幸運写真をあなたへ☆

自分の手で、家にいながら顔年齢を若く!老けた顔を美しく!顔筋NANAマジックメソッド☆   今まで何をしてもダメだった人の駆け込み寺 美エイジレス塾でお顔の老化による悩みを改善するメソッドをぜひ、習得してくださいね。 最新レッスン情報はこちら ↓↓↓   ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ 顔筋NANAマジックメソッド創始者美エイジレス塾 主宰A...(続きを読む

NANA
NANA
(イメージコンサルタント)
2017/02/19 23:58

慶應義塾大学 総合政策学部 2017 英語 解答速報

今回もまた明け方の更新になりましたが、よろしくお願いいたします。実は慶應の理工学部や文学部、早稲田の理工(短くしてすいません)等の解答も作ったのですが、upしそこねてます。       2017年  慶應義塾大学 総合政策学部 英語 解答速報   1 31. 2  32. 3  33. 2  34. 1  35. 1  36. 1  37. 1  38. 2 39. 3  40...(続きを読む

中山 航
中山 航
(英語講師)
2017/02/18 04:33

コンプライアンスを守る人になる「とても大切なこと」

それは何? 不祥事を起こした企業は、不祥事を再発させてはなりません。 そして、それを口先だけで終わらせないよう  「コンプライアンスを守る人」を育てねば なりません。 では、不祥事を起こした企業は  社員に何を教えるべきか? それは、  「都合の悪いことから逃げない」 です。 *******************************************      誰だって痛い...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

科学のない、思いつきの英語教育ーカナダから呆れて見ています

ー2020年から英語に親しむ活動の開始を小学3年に早め、小5から英語を正式教科とするとのこと。3、4年では「聞く」「話す」を主体として、5、6年から正式教科となる「英語」では「読む」「書く」を加え、教科書を使い成績もつける。授業の改善で「対話的で深い学び」を実現し、思考力や主体性を伸ばす。ー (日本経済新聞より)   38年日本で英語思考法を指導し、ほんの一握りの日本の子供たちの脳にですが、...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

コンプライアンス対策を「本当に効かせる」方法

それは何? 不祥事を起こした企業が同じ事を繰り返さないようにする。 それには  コンプライアンス対策を「本当に効かせる」 ことが必要です。 では、どうすれば  「本当に効かせ」られるか。 知っていますか? 答えは、  【表面】 でなく、【根本】 を変える です。 なぜか? それは下で示したように  「表面(政権や政治家)だけを変えても結局変わらない」 と考えるからです。 ****...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

「善悪を見分け、行動する力」をつけるには

どうすればいい? 不祥事を起こした企業に必要なこと。 それは、 「善悪を見分け、行動する力」の強化 です。 でも、この力は ありきたりな研修をさらっとやらせても強化できません。 なぜか? 不祥事の再発防止に必要な  「善悪を見分け、行動する力」の根本は、  【ものごとの価値を判断する力】 もっと言うと、 「全人格を賭して行う『価値判断』」 にある からです。 ***********...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(経営コンサルタント)

1,458件中 1~50 件目

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索