年金・社会保険の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

年金・社会保険 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

渡辺 行雄

ファイナンシャルプランナー

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハード…

渡辺 行雄

辻畑 憲男

ファイナンシャルプランナー

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく…

辻畑 憲男

堀池 泰

保険アドバイザー

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しし…

堀池 泰

釜口 博

ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

釜口 博

利用者からのQ&A相談

難病指定を受けている母との世帯分離

現在母親と同居しております。年金収入もなく、貯金もなく、しかも膠原病のため働くこともできません。介護保険料を支払えないので私が払わないといけないのですが、高額でとても払えそうにもありません。そこで世帯分離をすれば介護保険料が安くなると知りました。ところが、母は夫の会社の保険に扶養として入っております。健康保険は扶養のままでも世帯分離できるのか、もしできなければ国民保険をどれぐらい払わなければならな...

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

子供の会社の保険の扶養にはいる場合について

ご回答ありがとうございます。そうしますと、年額130万未満の考え方は3/31迄働いた分が振込まれる今年4月の収入〜来年2/28迄働いた分が振込まれる3月の収入迄の解釈で正しいですか?

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

今年の保険の扶養にはいる場合について

素早い回答ありがとうございます。大変スッキリしました。4月に働いて5月に振込まれた収入〜来年3月迄の収入が130万未満であれば大丈夫と言う事ですね。この場合の来年3月迄の収入とは2/28まで働いて3月に振込まれる給料の解釈で合っていますか?何回も質問して申し訳ありません。

回答者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー
岡崎 謙二

子供の会社の保険の扶養にはいる場合について

丁寧で分かりやすい説明ありがとうございました。何回も質問して申し訳無いのですがもう一点だけ教えて下さい。年度の考え方は今年の4月〜来年3月迄の一年間と分かりました。130万未満の金額についてなのですが、今年の3/31迄は正社員として働いていたので4月に振込まれる給料は何も引かれない状態で30万位、社会保険や雇用保険、厚生年金、住民税など引かれて23万位になると思います。この4月に振込まれる金額も年...

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

子供の会社の保険に加入する際の130万未満の金額について

再度の分かりやすい説明ありがとうございます。年間について確認させて下さい。年間収入130万未満の年間とは加入予定の今年4月〜12月迄の収入計算では無く今年4月〜来年3月迄の期間になるのでしょうか。保険の扶養の場合の年度は今回の私の場合は4月〜12月迄の収入計算になると聞いたのですが教えて下さい。税制上の扶養は1月〜12月と聞いております。

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

専門家が投稿したコラム

健康保険料が上がる!

平成29年3月から、健康保険料が、都道府県よりますが、上がったり下がったりりします。大阪府の場合は10.07%から10.13%へアップします。 厚生年金保険料も9月に0.354%上がりますから、収入上がっても手取りは増えない・・ 少子高齢化が医療費が増大してます保険料が上がるのはやむを得ないですが、何らかの対策を考えないと!

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

意味がない?配偶者控除150万円への拡大

3つのメリットのうち最重要ではない 女性の労働制限をなくすべく議論され続けている「3号被保険者」の問題。 そもそも3号被保険者の問題は3つの要素があり・「夫の所得控除になる配偶者控除」・「パートの所得に対する所得税・住民税」・「夫の扶養から外れて自分の社会保険料を自分で負担する」という3つです。今議論されている扶養控除拡大はそもそも影響力は小さい。 世間一般で認知されている103万円のハード...

三島木 英雄
執筆者
三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

年金の「繰り上げ受給」と「繰り下げ受給」比較

年金の繰り下げと繰り上げ公的年金の受給は現在の所65歳からとなっています。老後の働き方や、年金制度の変化はわかりませんが、予備知識として年金の「繰り上げ」「繰り下げ」を知っておきましょう。 早くもらう「繰り上げ受給」本来65歳からもらう年金を早くもらうことも可能です。ただその際は1ヶ月あたり0.5%減額されて受給します。仮に60歳まで繰り上げる場合は5年間早くもらうことになりますので0.5%×60...

三島木 英雄
執筆者
三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

高額療養費って?

年々、社会保障費が増加し、このままでは破綻するのでは無いかと心配されてる方も多いのでは無いでしょうか。 ある意味、優れてると言うべきなのかも知れませんが、健康保険制度には医療費が一定以上の高額になると、その負担を補助してくれる高額療養費制度と言うものがあります。簡単に言うと1ヶ月の医療費が一定額を超えた場合に、その超えた金額を健康保険制度が負担してくれるという制度です。対象となる医療費としては健...

植森 宏昌
執筆者
植森 宏昌
ファイナンシャルプランナー

手取りが大きく変わる「確定拠出年金」の受け取り方

来年から20歳以上の全国民が原則的に加入できる個人型の確定拠出年金。制度を扱う金融機関も急速に増え、各社顧客を取り込もうとしています。大きく3つのメリットを掲げていますが、思わぬ落とし穴もあり注意をしておきましょう。 3つのメリット・掛け金が全額所得控除・運用益も非課税で再投資できる・受け取る時も税制優遇がある この3つがメリットなのですが、すぐに実感できるメリットは「掛け金の所得控除」です。仮に...

三島木 英雄
執筆者
三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

サービス

しっかり解る!確定拠出年金の「制度・運用レッスン」

~投資のリスクをしっかりと理解、確定拠出年金の制度をしっかり使いきろう~

カテゴリ:個人年金・確定拠出年金401K

料金:3,240(税込)

場所:神奈川県川崎市高津区

三島木 英雄

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

401Kポートフォリオ構築支援

カテゴリ:個人年金・確定拠出年金401K

料金:3,086(税込)

場所:---

青野 泰弘

青野 泰弘

(ファイナンシャルプランナー)

友達や同僚と学ぶ 401K制覇セミナー

401Kの組み合わせ方法がわからない方必見!初心者の方でも細かく学べます。

カテゴリ:個人年金・確定拠出年金401K

料金:5,142(税込)

場所:出張/場所指定

田中 佑輝

田中 佑輝

(ファイナンシャルプランナー)

専門家が投稿した写真・作品

確定拠出年金の運用

2016/10/27 17:51
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

共済年金ガイドブックが売れています

2016/02/13 16:04
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

「不動産投資」に関するまとめ

  • 不動産投資に関する不安や悩みの解決は専門家に相談!不動産投資のリスクや知ってると安心な情報も掲載中。

    不動産投資を考えている方も実際に不動産投資をしている方もそれぞれ不安や心配な事が沢山ありますよね?そんな時に専門家の力を借りて解決しませんか? 不動産投資で税金対策する?アパートへの不動産投資は運用時に何が問題になる? 不動産投資をスタートする前に知っておいた方が良い知識は沢山です。不動産投資は始めてみて分かるリスクもあります。事前に知っていれば対処方法を計画することも可能です。 不動産投資に関する知識やアドバイスを色んな角度から書かれた専門家コラム、Q&Aをまとめました。

「扶養家族」に関するまとめ

  • 扶養家族から外れるとなぜ税金が増えるのか?税金と扶養家族の関係

    働くなら扶養家族から外れないように!と一度は耳にしたことがあるはず。でも、なぜ扶養家族から外れてはいけないのでしょう・・・。今回は、そんな扶養家族をテーマに「扶養家族を外れるとどうなるのか?」「扶養家族と保険の関係」について、専門家が解説します。

「青色申告」に関するまとめ

  • 多くの特典がある青色申告。白色申告と青色申告の違いや青色申告の特徴、条件などを知って賢く節税を!

    フリーランス、個人事業主の方の確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。違いを知って申告していますか? 青色申告には最高65万円の特別控除を受けることが出来る青色申告特別控除の制度があります。複式簿記で帳簿を付けている方以外でも10万円の青色申告特別控除が受けられます。 その他に損失分の繰越控除、減価償却の特例、家族への給与が必要経費として計上出来たり等、事業を続ける上でプラスな特典が受けられます。 白色申告をしている方も2014年(平成26年)1月から全ての白色申告者に記帳と帳簿保存が義務化されました。せっかく帳簿をつけるなら青色申告に切り替えた方がお得かも!? 白色申告と青色申告の違い、青色申告をするための方法、青色申告のデメリットなどの正しい知識を身につけて税金対策をしませんか?

  • 年金・社会保険に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積