介護保険の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

介護保険 の専門家に相談、悩み解決!

専門家

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿したコラム

介護保険の負担も医療費控除。

  医療費を年間10万円(所得の5%)以上使えば税金が安くなるのはご存知でしょうが、じつは介護保険の負担も、医療費控除の対象となるサービスがあります。 どの介護サービスが対象になるかは国税庁の通達を見て下さい。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1127.htm 訪問看護、介護予防訪問看護、訪問リハビリテーションなど多くの場合で対象となります。 税金の...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

民間の介護保険って必要?

少子高齢化が急速に進む中、2015年には2.3人、2025年には2人の現役で高齢者を支えるという現実が予測される中、2012年以降に契約された民間の介護医療保険の保険料については、限度額4万円の保険料控除が新設されました。 私が色々なお客様とお話して案外知られて無いのが、公的な介護保険の給付内容についてです。中には、公的な介護保険で全て賄われ一切のお金は必要ないと思われてる方も多数おられます。 ...

植森 宏昌
執筆者
植森 宏昌
ファイナンシャルプランナー

5/24の読売新聞に掲載されました

ファイナンシャルプランナーが天職! BYSプランニングの釜口です。 本日5/23の読売新聞19ページに、 「民間介護保険」についてのコラムが掲載されました! 介護について、介護保険について、特徴や注意点が 掲載されております! ご質問やご不明な点がありましたら、 お気軽にご連絡下さい。    メール:waku@bys-planning.com      Tel:06-4305-4425

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

民間介護保険がひろまらないワケ

ファイナンシャルプランナーが天職! BYSプランニングの釜口です。 今回のメルマガは、民間介護保険がひろまらないワケについて お話しいたします。 某新聞社から介護保険についての取材依頼をいただき、 改めて介護保険について調べて分かったことは、日本人のほとんどが 介護保障の必要性を感じているにも関わらず、加入比率がかなり低いということ。 実際私の保険契約者総数に対する加入者比率は、なんと1%...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

介護保険の利用料負担引き上げは見送り

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。   公的介護保険では、要介護状態区分(要支援1・2、要介護1~5)に応じて利用額に上限(支給限度額)が決められています。 上限の範囲内でサービスを利用する場合、利用者負担は1...

森 久美子
執筆者
森 久美子
ファイナンシャルプランナー

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「青色申告」に関するまとめ

  • 多くの特典がある青色申告。白色申告と青色申告の違いや青色申告の特徴、条件などを知って賢く節税を!

    フリーランス、個人事業主の方の確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。違いを知って申告していますか? 青色申告には最高65万円の特別控除を受けることが出来る青色申告特別控除の制度があります。複式簿記で帳簿を付けている方以外でも10万円の青色申告特別控除が受けられます。 その他に損失分の繰越控除、減価償却の特例、家族への給与が必要経費として計上出来たり等、事業を続ける上でプラスな特典が受けられます。 白色申告をしている方も2014年(平成26年)1月から全ての白色申告者に記帳と帳簿保存が義務化されました。せっかく帳簿をつけるなら青色申告に切り替えた方がお得かも!? 白色申告と青色申告の違い、青色申告をするための方法、青色申告のデメリットなどの正しい知識を身につけて税金対策をしませんか?

「配偶者特別控除と配偶者控除」に関するまとめ

「パート・アルバイトの年末調整」に関するまとめ

  • 介護保険に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積