生命保険・医療保険の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

生命保険・医療保険 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

堀池 泰

保険アドバイザー

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しし…

堀池 泰

宮里 恵

ファイナンシャルプランナー

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

宮里 恵

矢崎 雅之

ファイナンシャルプランナー

保険・住宅購入・相続相談・人間関係のお困りにアドバイス

FPとして通算約19年に渡り様々なご相談・アドバイスをして参りました。状況に合わせた保険相談や資産形成・積立プラン、ゼロから始める住宅購入相談、相続専門の士…

矢崎 雅之

渡辺 博士

ファイナンシャルプランナー

マネーリテラシー向上で、家族みんなを幸せに!

ファイナンシャルプランナーは保険や金融商品を売るのが本業ではありません。将来の不安を解消する良き相談相手として、将来のライフプランを実現させるお手伝いを致…

渡辺 博士

利用者からのQ&A相談

アクサ生命のユニットリンクについて

先日ある保険代理店のFPにもともと定期預金に預け入れている貯蓄を増やせる方法はないかと思い相談したところアクサ生命のユニットリンクという商品を勧められました。外国株式100%で月々1万を保険料として支払い、10年後に払い済みにすれば120万より多く手元にお金が返ってくるという説明でした。私の希望として、元本割れだけは絶対に嫌だとFPに伝えたんですが、「10年後なら絶対に元本割れしない」と断言されま...

回答者
小島 雅彦
保険アドバイザー
小島 雅彦

保険の解約について

先日知り合いに勧められて生命保険に加入しました。しかし後日、身内が別の生命保険に加入させていたことが判明しました。内容としては身内が加入させていた保険のほうが保障が良く、知り合いからの勧めで加入した保険を解約したいと思っております。返金額などは特に気にしていないのですが、すぐに解約してしまうと担当者にペナルティーがいってしまうとちらほら見かけました。担当者が知り合いなだけにもし何かペナルティーがいってしまうと思うと、解約を言い出しづらい状況です。どうすればよろしいでしょうか?

回答者
上津原 章
ファイナンシャルプランナー
上津原 章

払込期間満了となる終身保険の対応について

終身型保険に入っていますが、60歳で払込期間満了となります、今後どうするのがよいか教えてください。             記1.保障内容   終身保険(1000万円、一生涯)        定期保険特約(500万円、60歳まで)2.契約     平成1年3.医療特約なし4.現在の状況  貸付あり(現時点で、貸付金を返済しても数十万円の解約金が戻る)5.質問     今すぐ解約するのがよいのか、そ...

回答者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー
渡辺 行雄

生命保険の上限等について

ご相談です。会社による掛金の半額損金計上と、退職時の退職金会社負担軽減を目的として、経営者が複数の保険会社の保険に入っています。もちろん目的は既述の通りですが、万一死亡した際の保険金も累計すると相当な額になる状態です。このたび、個人で3社の3つの保険(無解約払戻金型終身ガン治療保険、積立利率変動型終身保険、料率区分型収入保障保険)(受け取りは奥さん)に申し込みました(掛け金合計は約5万円/月)。査...

回答者
久保 逸郎
老後のお金の不安解消アドバイザー
久保 逸郎

終身保険と定期保険、養老保険について

初めまして。子供が生まれ、夫婦共何も保険に入っていないこと、また子供のために貯蓄を兼ね、保険を考え始めました。情報: 主人 32歳 年収 1030万(去年の確定分) 妻  32歳 年収 800万(去年の確定分※今年は、産休中のため、減額) 子供 0歳(将来もう1人を予定) ●ローン 5300万(購入して3年 毎月31万返済) ●貯蓄  銀行口座:600万      財形・持ち株:300万     ...

回答者
岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー
岩川 昌樹

専門家が投稿したコラム

認知症に関連する保険が、保険の新しい波となるのか?

1.認知症に関連した保険商品を、保険会社各社が手がけ始めた メットライフ生命は今月から、認知症と診断された時点で一時金を支払う業界初の商品を発売する。 高齢化に伴い認知症患者が増え続け、社会問題化しているのが現状 厚生労働省は、団塊の世代が75歳を超える2025年には、全国で認知症患者が700万人を超えるとの推計値を発表。 2012年の調査では患者数が462万人。 65歳以上の高齢者のう...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

医療保険のチェックポイント

   保険会社各社が医療保険を出しているのでどこがいいのか迷っていませんか。医療保険の基本は入院給付金と手術給付金です。それにいろいろな特約(オプション)があります。選ぶときのチェックポイントは下記のとおりです。保険料の比較は最後にしましょう。保険は確率でできています。保険料が安い理由のチェックは大事になってきます。保障期間は終身がいいですね。 ≪主なチェックポイント≫ 1、入院給付金 入院...

辻畑 憲男
執筆者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

塩分摂取1位『カップ麺』

皆さんこんにちは、 個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動している渡辺です。   日本経済新聞の記事によると、 国立研究開発法人の医療基盤・健康・栄養研究所は、 日本人が塩分を多く摂取している食品のランキングを公表した。 1位は『カップ麺』で、一日あたり5.5グラムの塩分を摂取していた。 塩分の過剰摂取は高血圧につながる恐れがある。 厚生労働省の国民健康・栄養調査(20...

渡辺 行雄
執筆者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

保障の空白領域!!!

収入保障保険「&LIFE 新総合収入保障保険」と「&LIFE 新収入保障保険」   働けなくなったときの備えは? 怖いのが就労不能となったときです。 一般に入院保障・死亡保障には加入してるが、、、、、 就労不能の場合は?? 自宅で長期療養する。 働けない状態。 介護が必要になる。 また、 住宅ローンの返済がある方や車のローン等の支払いは待ってくれませんね?   三井住友あい...

小島 雅彦
執筆者
小島 雅彦
保険アドバイザー

自己負担ゼロの医療保険ZiPPi、インターネット限定で登場

今回は「自己負担ゼロの医療保険ZiPPi、インターネット限定で登場」  についてお伝えいたします。  日本人の医療保険および医療保障がある生命保険の加入率は 72.1%(生命保険文化センター H28年生活保障に関する調査)。 そのほとんどが1日5,000円や1万円などの日額医療保障です。 そして、単体の医療保険の場合、そのほとんどが終身型の医療保険 というのが実態です。 ...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

サービス

正しい生命保険の選び方

保障の空白領域を考える。

カテゴリ:生命保険の加入・見直し

料金:無料

場所:出張/場所指定

小島 雅彦

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

新社会人の方のムダのない保険の加入方法(提案書付)

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

カテゴリ:生命保険・医療保険全般

料金:2,160(税込)

場所:---

渡辺 行雄

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

生命保険の見直し&診断 (保険商品の提案や勧誘は行いません)

商品の提案や勧誘を行わないので…とことん中立! とことん貴方のために!

カテゴリ:生命保険・医療保険全般

料金:10,800(税込)

場所:出張/場所指定

大泉 稔

大泉 稔

(研究員)

入院、介護に備えるための保険相談会

カテゴリ:生命保険・医療保険全般

料金:無料

場所:東京都中央区

辻畑 憲男

辻畑 憲男

(ファイナンシャルプランナー)

専門家が投稿した写真・作品

だまされない保険 ダイヤモンド社発行

2015/06/29 10:15
西村 和敏
(ファイナンシャルプランナー)

大阪社長TV

2014/04/29 03:27
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)

今日も1日が終わりました。

2012/11/25 00:07
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)

セイメイくん

2012/11/14 01:36
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)

「マイナンバー」に関するまとめ

  • これからどうなる!?マイナンバー制度のはなし

    今年から「マイナンバー」制度が導入されますが、みなさんはご存知でしたか。名前は知っているけど何がメリットなの?手続きの方法とかあるの?と疑問がたくさんあるのではないでしょうか?そんな皆さんの疑問に専門家がお答えします!!

「フラット35」に関するまとめ

「増税」に関するまとめ

  • 消費税、相続税など相次ぐ増税!この大増税にあなたができる対策は?

    消費税は2014年に8%、2015年に10%の増税(2014年11月、2017年4月に延期されました)。相続税は2015年、復興税は2013年と相次ぐ増税が決定しています。 今後の経済回復が不透明の中、あなたの家計に大きな打撃となること間違いありません。 この大増税時代に、どんな対策ができるか?何が必要なのか?プロファイルの専門家が増税対策の情報を発信していきます。

  • 生命保険・医療保険に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積