労災保険・雇用保険の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

労災保険・雇用保険 の専門家に相談、悩み解決!

専門家

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿したコラム

65歳を過ぎての退職

65歳を過ぎての退職はソン?  間もなく65歳になる方から質問を受けました。「65歳になって退職すると損をすると聞いたけれど、どんな意味なのか」…  65歳の誕生日の前日(これを65歳に達した日と呼びます)以降に退職した場合、雇用保険の給付が基本手当でなく一時金になることを指しているようです。 基本手当と一時金の差  20年以上雇用保険に加入していて定年退職する場合、150日分の基本手当が...

松山 陽子
執筆者
松山 陽子
ファイナンシャルプランナー

業務と負傷の関係-労災保険

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。   労災保険は、仕事中や通勤途中に、労働者がケガをした、病気にかかった、障害が残った、死亡した等について、労働者またはその遺族に対し所定の保険給付を行う制度です。   労災...

森 久美子
執筆者
森 久美子
ファイナンシャルプランナー

育児・介護休業で給付金がもらえる

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。   雇用保険といえば、失業したときの失業給付(失業手当)を思い浮かべる人も多いと思います。   雇用保険では、失業以外にも育児や介護で一時的に仕事を休まなければならない時も...

森 久美子
執筆者
森 久美子
ファイナンシャルプランナー

10.06%も!

健康保険組合(協会けんぽ)から通知来ました。開封すると、健康保険料率が9.56%からついに10%台の10.06%にアップするとの通知です。 近年、徐々にアップしていましたがついに10%超えました。さらに進む高齢化社会、今後保険料や年金保険保険料はどこまであがるのでしょうか、不安です。 ますます可処分所得(手取り)が減少しますから、私達が皆様の可処分所得アップに尽力していきます!

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

4月から、雇用保険料率が引き下げられます。

平成24年1月25日、厚生労働省より平成24年度の雇用保険料率が告示されました。 23年度と比べて0.2%引き下げられ、4月からは一般の事業で1.35%(労働者負担は0.5%)、農林水産清酒製造の事業で1.55%(同0.6%)、建設の事業で1.65%(同0.6%)となります。   厚生労働省HPより http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002...

服部 明美
執筆者
服部 明美
社会保険労務士

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「マイナス金利」に関するまとめ

「増税」に関するまとめ

  • 消費税、相続税など相次ぐ増税!この大増税にあなたができる対策は?

    消費税は2014年に8%、2015年に10%の増税(2014年11月、2017年4月に延期されました)。相続税は2015年、復興税は2013年と相次ぐ増税が決定しています。 今後の経済回復が不透明の中、あなたの家計に大きな打撃となること間違いありません。 この大増税時代に、どんな対策ができるか?何が必要なのか?プロファイルの専門家が増税対策の情報を発信していきます。

「火災保険」に関するまとめ

  • 火災保険のこときちんと知らなかったかも…今からでも覚えて損はないお役立ち情報を専門家が紹介!

    皆さんは火災保険の10年を超える長期契約が、2015年10月から廃止になるのをご存知ですか?実質的な値上げとなってしまうため、家計などいろんな場面での影響が考えられます。 しかし一方で、契約している火災保険を見直すチャンスでもあるのではないでしょうか。 そこでこのページでは、長期契約廃止による影響に関してはもちろんのこと、火災保険に関する基本情報や意外と知らない適用条件など、専門家による様々な解説を紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 労災保険・雇用保険に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積