貯蓄、年金、生活防衛資金の配分。 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

貯蓄、年金、生活防衛資金の配分。

マネー 家計・ライフプラン 2011/05/01 13:49

お世話になります。
東京都・37歳・独身・女性・契約社員・年収530万・勤続5年です。
現在の貯蓄額は現金100万円のみです。

現在月の貯蓄額14万です。
賞与分含み、年間200万を貯蓄します(予定)

その内訳について教えて下さい。
金融、貯蓄については全くの素人です。

(長文になります)

--------------------------------------

(1)貯蓄は『不動産・現金・金融商品』の3本立てが基本と聞きました
以下の考え方は正しいでしょうか?

金融商品:老後資金(10年以上運用)
現金 :生活防衛資金(5年定期など)
不動産 :自宅 or 投資用不動産の購入


(2)老後・防衛資金・不動産購入の為の資金、この3つは
並行して進めるのがベストですか?
不動産購入資金をを優先したほうが良いですか?

現在賃貸(公社・10年定期借家・月8万)に住んでいます。
かなり古いですが、内装はきれいで立地に恵まれたお得感ある賃貸です。

将来も都心に住み続けるつもりです。
自分が望むエリアで家を持つことは難しいだろうと思っています。

不動産を所持するならば、中古か、
不動産投資を視野に入れた形を考えており、
現在その資金500~1000万目標に決めたところです。

住宅ローンは受けることができるとしても1千万程度だろうと予測しています。
また、できれば住宅ローンは避けたいと思っています。

家賃を考えると、不動産向けの貯蓄優先にしたほうがいいのでしょうか?
それとも家賃の掛け捨て覚悟で賃貸に住みながら、貯蓄をしたほうが
よいのでしょうか?



(3)生活防衛資金として、現金300万確保を目標に、月5万貯蓄しています。
300万に達したら、この額を不動産投資向けに貯蓄しようと思っています。

優先順位が違いますか?

--------------------------------------

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

torajimaさん ( 東京都 / 女性 / 37歳 )

回答:4件

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

自分のスタイルを守り、どのようにお金を守るか。

2011/05/02 09:17 詳細リンク
(4.0)

torajimaさんへ
こんにちは。

お金をどのようにして守るか、方法がたくさんあるだけに、いろいろと悩みますね。

(1)についていうと、
リスクヘッジの意味合いで、ある程度正しいと思います。現金が必要なのは、世の中がどう変わっても今の生活は大事だから。現金以外の金融資産があってよいのは、長期間にわたってお金の価値を守れる可能性があるから。不動産があるとよいのは、衣食住の生活の基本の一つだから。
この答えは、他の専門家の方は違うようにいわれるかもしれません。

(2)についていうと、
まずは防衛資金だと思われます。他の二つの資産を手に入れるためには、目利きの仕方、torajimaさんのお金に対するスタンスの確立といった点で、ある程度の時間が必要になるからです。

(3)についていうと、
これからの生き方、お金に対するスタンスから考えて、不動産投資がよりよい方法と思えば、それでもよいとおもわれます。ただ、torajimaさんの今の立場は、ご心配も多い反面、人生の選択肢もまだ多くあるように感じます。

今お持ちのライフスタイルや価値観が変われば、今良かれと思っていたことが逆転することだってありえます。これからどのように生きたいかを考えて、それからお金をどのように守り使うかといったことがよりよい方法のように感じます。

気になること、お聞かせください。
上津原マネークリニック
http://www.urban.ne.jp/home/uechan/

人生
リスクヘッジ
マネー
生活

評価・お礼

torajimaさん

2011/05/05 14:47

お忙しい中回答ありがとうございます。

ライフスタイルや価値観...、これからどうなるのか(笑)。
この年齢層の独身女性共通の悩みと言えばそうですが、不透明な部分が多くて困りますね(^^;)..。

当面は現金(生活防衛資金)優先で300万を貯めつつ、その間に投資や貯蓄について、
いろいろ学んでいこうと思います。

ありがとうございました!

上津原 章

2011/05/05 18:35

torajimaさんへ
ご評価ありがとうございます。

今悩まれていることは決してムダになりません。悩むことによって、よりよい答えが出てくるのだと思います。選択肢が多い場合、吟味した上で、失敗のリスクはあっても自分で決めたという経験を積んだほうがよいこともあります。

気になることなど、引き続きお聞かせください。

上津原拝

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

優先順位の件

2011/05/02 15:50 詳細リンク
(4.0)

torajima様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

貯蓄、年金、生活防衛資金の配分を検討されているとのこと。

まず、「不動産・現金・金融商品」の3本立てが基本という点は、正しいと思います。

老後・防衛資金・不動産購入の為の資金を並行して進めるのがベストか、については、本気で不動産(投資用・居住用)を買うつもりなのかがポイントになりそうです。

というのも、これから日本は、人口減少社会に入ります。

国立社会保障・人口問題研究所という国の研究機関の中位推計によると、35年後あたりに、日本の人口は、1億人を割り込む見込みです。
(2010年時点は、約1億2700万人)

日本の住宅事情が今後どう変わるのか、想像力をよく働かせましょう。

いずれにしても、アドバイスにあたっては、torajimaさんが、どんな知識や経験をお持ちで、何が得意で、これからどうしたいのか、どうなりたいのか、を伺うことが先です。

不動産投資は、これからの時代、簡単ではないと思いますし、競争が激化するため、サービス業の要素も強くなると思います。
まして、お金が欲しいという理由だけで、素人なりに手を出しても、上手くいくとは思えません。

一度、特定企業との雇用関係のないフリー(独立系)のFPにトータル的なご相談を申し込まれてはいかがでしょうか。

以上、ご参考にしていただけると幸いです。

相談
ファイナンシャルプランナー
老後
不動産
投資

評価・お礼

torajimaさん

2011/05/05 15:01

お忙しい中回答ありがとうございます。

不動産投資については、賃貸派の自分の、最悪の場合の居住地確保のつもりでした。
大家さんブログ等を拝見しておりますが、確かにそれほど簡単でも有効なものでは
ないように思いました。

しかし仕事が建築不動産であり、建物がとても好きなのです...。
作る側専門で、資産や投資に関しては全く素人なのですが、
家道楽で暮らしたい、そんな夢を持っております。。。

一度FPの方にご相談したいとは思っておりましたので検討しようかと思います。
ありがとうございました!

森本 直人

2011/05/06 14:51

torajima様、コメントありがとうございます。

まずは、ご自身がどうなりたいか、が大切ですね。

その意味で、建築の知識を活かして、不動産投資を行いたい、というのは、わるくない流れのように思います。

ただ、どんな事業や投資でも、失敗はつきものなので、それを乗り越える覚悟ができているかどうかもポイントです。

失敗経験を積み上げていくことで、どんどん楽になってきますが、好きなことだから、乗り越えられるという側面はあります。

あとは、一緒に学べる仲間を作られるとよいと思いますよ。

ご参考です。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

貯金の優先順位について

2011/05/04 12:04 詳細リンク
(5.0)

torajima さま

はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。
ご質問いただきました件ですが、

まず、貯蓄の優先順位を上からあげると

1.生活防衛資金
2.不動産購入資金
3.老後の生活資金
4.老後の医療・介護資金

となります。

生活防衛資金とは、急に収入がなくなってもすぐに対応できるつなぎ資金のことで、一般的には年収の半年分ぐらいが目安となります。銀行に預けておくのが一般的です。

次に不動産購入資金ですが、これは生活防衛資金と並行して貯める方が良いでしょう。
中古住宅を購入するのであれば、リフォーム代等が必要になってくる可能性もあるため、その分を見越しておくことをお勧めいたします。


老後の生活資金は、定年退職時から30年ぐらいの期間は見積もっておいてください。
すぐに必要となる資金ではないため、収益性のある商品で一部運用するのが一般的です。
また、投資は安全性と収益性のバランスが非常に大切になってくるため、なるべく長期で運用して元本割れリスクを軽減させる一方、リスクは少々高いけれど収益性のある商品で運用していくことも大切です。
もちろん、毎月コツコツと貯めていくことも忘れないでください。


最後に忘れてはいけないのが、老後の医療・介護資金です。
これは保険をメインに不足部分は預貯金で賄うのが一番だと思います。
保険は若いうちに入っておく方が望ましいので、今から検討してみてはいかがでしょうか?
保険期間は終身、保険料は60歳で払い終わるのが理想的です。


いずれにしろ、年間200万円の預貯金が可能なため、いろいろな選択肢があると思います。
一度ライフプランを立ててみて、ライフプランシミュレーションを作成してみてはいかがでしょうか?
ご自身で作成するのが難しいのであれば、資産運用系に強いFPに相談してみるのも一つの方法です。


以上、ご参考になりましたでしょうか

アドキャスト:http://ad-cast.co.jp/ 藤森哲也

FPによる住宅ローン初回無料相談 http://www.ad-cast.co.jp/money/loan/
住んでから気になることを事前に説明 物件調査報告 http://www.ad-cast.co.jp/purchase/object-report/

定年退職
不動産購入
資産運用
住宅ローン
ライフプラン

評価・お礼

torajimaさん

2011/05/05 15:18

お忙しい中回答ありがとうございます。

老後の医療・介護資金!?,,,盲点でした。。。
現在医療保険(7000円・掛捨・45才まで払って一生保証タイプ)に入っておりますが、
介護...?うーん、保険の内容をよく確認してみます。

他の方にも回答頂いたように現金優先であることは間違いないようなので、優先しようと思います。

色々わからなくなってきました。。。老後については税制控除効果が高そうな401Kを基本に
考えようと思っておりましたが、休み明けに一度FPの方を探してご相談してみようと思います。。

ありがとうございました。

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

藤森 哲也が提供する商品・サービス

対面相談

相続相談

~おひとりで悩まず、まずはご相談ください~

対面相談

住宅ローン相談

金利が0.5%違うだけで、返済額は違ってきます

渡辺 美晴

渡辺 美晴
保険アドバイザー

- good

貯蓄について

2011/05/02 08:45 詳細リンク
(4.0)

こんにちは
保険アドバイザーの渡辺です。

貯蓄というより資産運用という考え方に近いと思います。
貯蓄も金融の一種ですが、ここでいう金融とは信託などをさしているのかと思います。

さて、不動産・金融・現預金の3本立てという考え方はよいとして、
それぞれのリスクは把握されていますでしょうか?
資産運用の目的がはっきりしないまま検討を進めているのも少々気になります。
一見整理されているようには思いますが、肝心の前提がまだ整理されていないように
思います。ご自身のライフプランを立て、その計画に従った積立て、運用が効果的です。

1~3への回答もいろいろ記載しようと思いましたが、まずは大前提を明確にすることが
最大の優先事項です。資金運用は現金、保険、信託などお金のままで運用します。
投資は金や株、先物、土地、社債など一旦お金を別の物に変換してもう一度お金に換えます。ですからリスクはそれぞれ随分違ってきます。専門性も必要になります。

今のお住まいも気に入ってるようですし、当面は現預金で500万~1000万円まで
積み立て、それまでにもう一度、ライフプランや運用方法を再チェックすべきと思います。

簡単で恐縮ですが何かの参考となればうれしく思います。

保険アドバイザー
資産運用
保険

評価・お礼

torajimaさん

2011/05/05 14:32

お忙しい中、回答ありがとうございます。

『まずは大前提を明確に』『ライフプランを』というご指摘がとても的を得ていて、納得しました。
このGWを有効に利用し、ライフプランを整理しております。
エクセルを使って時系列で追っていますが、なかなか大変な作業です...。

未婚である為、結婚という不確定要素が大きく、いくつかのパターンが考えられますが、
何にしても経済的自立を確保する方向で考えております。

手元に現金が少ないのは問題ですので、目標現金300万貯めながら、色々と勉強しつつ、
考えようと思います。

ありがとうございました。

渡辺 美晴

渡辺 美晴

2011/05/09 08:56

おはようございます。
評価を頂きありがとうございます!

GWでライフプランは少し整理できましたでしょうか。。
収支計算はEXELなどで細かくだしてもかまいませんが、
あまり細かすぎるとメンテナンスも大変です。
まずは大まかに、そして是非楽しい夢を織り交ぜてプランニングしてください。

またここにご相談にお出でくださいませ!
いつでもお待ちしております!

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

離婚後の生計 gummyさん  2016-01-24 19:40 回答1件
40代の賢いお金の貯め方は? とおちゃんさん  2010-01-27 23:32 回答3件
シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
老後の貯蓄方法、金額について。 torajimaさん  2011-05-01 13:53 回答1件
生活費の組み立て sugさん  2009-01-06 15:08 回答8件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)