老後の貯蓄方法、金額について。 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

老後の貯蓄方法、金額について。

マネー 家計・ライフプラン 2011/05/01 13:53

お世話になります。
東京都・37才・女性・独身・契約社員・年収530万・勤続5年です。
現在の貯蓄額(資産)は現金100万のみです。公社賃貸に住んでいます。

---------------------------------------------

(1)老後資金の貯蓄の方法について教えてください。

先日、証券会社の無料セミナーに行き、投資信託が良いかと思いましたが、
保険商品や年金商品など、税制控除が受けられるものが良いのでしょうか?


(2)老後の為にいくら積み立てたらよいのか教えてください。
目標は60~65才までに4000万です。

現在、月8万円を現金で積立していますが、多すぎますか?
今後、出産育児はない予定です。仕事は続けてゆくつもりです。
若い(?)ときは5万程度で良いのでしょうか?


(3)自己投資(資格取得やキャリアアップ)資金が不足しています。

年間30万程度は確保したいと思っているのですが、
捻出できません。老後資金を5万程度にして、
自己投資へまわして老後は大丈夫でしょうか?

---------------------------------------------------------

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

torajimaさん ( 東京都 / 女性 / 37歳 )

回答:1件

渡辺 美晴

渡辺 美晴
保険アドバイザー

- good

老後への対処について

2011/05/02 09:26 詳細リンク
(4.0)

こんにちは
保険アドバイザーの渡辺です。

老後については個人年金や終身保険などを活用した積立が所得控除もでき効果的です。
また、会社によっては財形積立てなどやはり税制メリットのある積立があるかもしれま
せんので確認してみてください。
投資信託は現預金を10年程度運用する場合が効果的だと思いますので、その辺使い分け
されてはいかがでしょうか。ライフプランの節目で満期が来るように設定すると便利です。

老後の貯蓄ですが、月15万円必要とすると年間必要分は180万円。
60歳では平均余命(60歳から平均何年生きるか)は28.46年、65歳からは23.97年です。
(厚生労働省の平成21年簡易生命表参照)
計算すると、60歳 180万円×28.46年=5122.8万円
65歳 180万円×23.97年=4314.6万円
ざっと5000万円くらいでしょうか。このうち、厚生年金と基礎年金の分を引くのですが、
ざっくり想像で月10万円(年120万)くらいとして計算すると、
60歳 120万円×28.46年=3415.2万円
65歳 120万円×23.97年=2876.4万円
自助努力分は、
60歳 1707.6万円・・・・だいたい2000万円
65歳 1438.2万円・・・・だいたい1500万円
です。
数値を入れなおせば目標額も計算できるので、いろいろ試してください。
公的年金については、会社や社会保険庁などで確認してみるとより精度が
上がると思います。

最後に自己投資ですが、資格取得のほか、能力開発セミナーや、異業種交流など
で社外人脈をたくさんつくることをお勧めします。
個人的には、こちらが最優先とも考えています。なぜかというと、現在の状況がわかり
今後どうしたいかというのが明確になるほど、将来の予定も立てやすくなるからです。
そのためには、いろいろな事を学習し来るべき老後に備えておく必要があります。
老後資金はそれからでも何とかなるかもしれません。
「自己投資で生涯働ける仕事をみつける!」という意気込みで
がんばってみてはいかがでしょう。。

以上参考になればうれしいです。ご不明点などあればお気軽に御相談ください。
もちろん匿名で無料です。オールアバウトとお伝えくださいませ。。
当社サイト↓
http://www.ehoken-web.com
http://www.work-sol.com

保険アドバイザー
老後
終身保険
厚生年金
個人年金

評価・お礼

torajimaさん

2011/05/05 15:27

お忙しい中回答ありがとうございます。
他の質問でもお世話になりまして恐縮です。

このGW中にいろいろ調べまして、老後資金について税制控除が受けられる
401kを基本にしようかと考えました。現在厚生年金ではありますが、契約社員なので、
年金基金には参加しておらず、財形貯蓄も対象外です。

しかし、保険商品等もいろいろあるし、、、わからなくなってきました...。

自己投資はやはり重要と思い、老後資金を5.5万/月に落として、2.5万/月を
自己投資に費やしたいと思います。

ありがとうございました。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
今後のライフプランについて(結婚3年目) ☆カツオ☆さん  2009-11-20 19:56 回答3件
長生きリスク対応について ももここららさん  2011-05-16 09:56 回答4件
貯蓄、年金、生活防衛資金の配分。 torajimaさん  2011-05-01 13:49 回答4件
この家計で子ども3人は難しいでしょうか? にこたんさん  2010-01-25 22:12 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マネー相談

教育費・年金・資産運用・住宅購入・相続などに関する面談

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

辻畑 憲男

株式会社FPソリューション

辻畑 憲男

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

支出を減らし貯蓄ができる家計診断(家計診断書&提案書付)

過剰な支出がひと目で分かる家計診断を行いますので、今月からすぐに貯蓄ができるようになります。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)