劣後ローンとは? そしてそれは有効? - 事業・企業再生全般 - 専門家プロファイル

萩原 貞幸
株式会社ファンドファンクション 代表取締役社長
大阪府
経営コンサルタント/起業家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

劣後ローンとは? そしてそれは有効?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 事業再生と承継・M&A
  3. 事業・企業再生全般

■劣後ローンとは



劣後ローンとは、債務者から考えると、


通常の金融機関から借り入れている資金より


優先順位が低い(つまり劣後する)借入(ローン)のこと。




メリット


・まず劣後ローン、つまり借入することによって


キャッシュが入ってくるため資金繰りが楽になる。



・劣後ローンは負債であるけれども資本性の意味合いが


強いため、実際資本として財務指標を計算する。


そのため指標評価が上がり、他の金融機関から、


もう一段の融資を受けやすくなる。






デメリット


・金利が高い


・利害関係者が増える(これは劣後ローンに限ったことではないが)








■今、劣後ローンが増えている



日本政策金融公庫が「挑戦支援資本強化特例制度」として


中小企業に劣後ローンを出している。上限2億円。





近畿2府4県の上半期の利用社数は103社、


融資金額は67億円




既存の取引金融機関が劣後ローンの活用を


働きかけていることが



背景にある模様。








そして


私の意見としては




この劣後ローン


借りれるものなら借りておく方が得です。


これは有効な技です。











































このコラムに類似したコラム

資金繰りをよくするため、勇気を出して! 萩原 貞幸 - 経営コンサルタント/起業家(2013/04/13 19:40)

資金繰り改善策の誤解とは? 萩原 貞幸 - 経営コンサルタント/起業家(2013/04/08 22:26)

金融円滑化法(モラトリアム法)が終わるけど大丈夫? 鈴木 祥平 - 弁護士(2013/02/27 02:18)