国産ライムでケーク 9月の製菓連続講座にて - 洋菓子・和菓子 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
水島 弘史
水島 弘史
(料理講師)

閲覧数順 2017年05月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国産ライムでケーク 9月の製菓連続講座にて

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 洋菓子・和菓子
フランス菓子

9月の製菓連続講座にて

国産のライムとアプリコットのケーク

酸味を効かせて、夏の終わりのパウンドケーキを作ってみました。
卵を泡立てて作るタイプです。ライムは果皮と果汁を入れています。酸味を強めるために、アプリコットのドライを使っています。色味も美しくなりましたが、けっこうしっかり酸っぱいものに!
しみじみ、夏の終わりを感じつつ。



ピスタチオとグロゼイユの小さいケーキ

シシリー産のピスタチオを粉末状にして、サバラン型で小さいケーキを焼きます。中心にはグロゼイユのパート・ド・フリュイを入れて。




サブレ・ナンテsable nantais
先日十数年ぶりにナントに行きました(というか、寄っただけ)。TGVが来るまでの時間、のこり約15分!
駅前のパン屋さんに駆け込み、
「サブレ・ナンテを!!」
と叫んだのに、「ない」とのつれない返事。
(ここ、ナントでしょうがぁ!!・・・心の叫び)
「もっと町の中心に行けばどこにでもあるけど・・」
その時間がないのです(フランスの地方は駅と町の中心街が少し離れているのが普通です)。残念ながら諦めました。以来なんとなく満たされない気持ちだったので、授業で作ることにしました。
薄く伸ばして菊型で抜いて焼いた、素朴なサブレです。



本当に作りたかったのは、ヂィアマンdiamant(左)
ほろほろと口の中で崩れる、私の大好きなサブレです。ディアマンはダイアモンドという意味。周囲にきらきら光るグラニュー糖をつけて焼きます。
ついでにキャラメル味も作ってみました。

サブレ・ナンテにココア生地を組み合わせ、サブレ・オランデsable hollandaisも作成。オランダ風のサブレという意味です。渦巻きに市松模様など、子供にかえったような気持ちで楽しみました。



生地の端っこから、ヘンなのができました

スパイダーマンに見えなくもない。奥は、象かも!?

このコラムに類似したコラム

マロンのビュッシュ・ド・ノエル講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/12/12 00:31)

千歳烏山「ヴィエイユ・フランス」へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/05 23:19)

夏の簡単フランス料理講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/08/06 23:26)

イギリスのお土産「ファッジとミントケーキ」 塚本 有紀 - 料理講師(2013/06/30 00:16)

ようやく解禁フランス産仔牛 6月の料理連続講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/06/10 23:25)