ガレット・デ・ロワの講習会へ - 洋菓子・和菓子 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
(料理講師)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ガレット・デ・ロワの講習会へ

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 洋菓子・和菓子
フランス菓子


ガレット・デ・ロワクラブの伝統菓子講習会のお手伝いに行ってきました。
(ガレットは第7回の優勝者神戸屋の津田さん作)
今年のテーマはミディ・ピレネー地方です。(マニアック!)

ミディ・ピレネーとはフランス南部、西のアキテーヌ(ボルドーが中心)と東に接するラングドック・ルーションの間の地域で、トゥールーズが中心です。

トゥールーズといえばすみれの砂糖漬けviolette cristalliseeが特産品。がりっと噛むと、においすみれのよい香りがします。
というわけで会長島田進シェフのデモはガトー・ショコラ・ヴィオレット・ノワ(左)

ふんわりヴィオレットの香りがチョコとともに香り、とてもおいしいケーキです。


今回とても面白かったのは、藤生シェフのボンボン・フイユテbonbon feuillete

あめの中にプラリネを包み、折り畳んで伸ばして、はさみで切って作ったボンボンです。

左がボンボン・フイユテ、右のカラフルなのは藤生シェフのお弟子さんが現地で買ってこられたもの。とてもきれいです。


ガトー・ド・ボワの林シェフ作パスティスpastis(大、中、小と並んでいるもの)
とてもおいしかったのです。柚子のコンフィ入り。
「パスティス(アニスのお酒)と、じつは和素材はとても合うと思う」と林シェフ。
へえ!と思いました。たしかにとてもおいしいパスティスです。




このくねくねはクレープ・フリゼcrepe frisees
メゾン・ド・プティフールの西野シェフ作。オレンジの香りがあり、とても上品でおいしい揚げ菓子でした!

このコラムに類似したコラム

房すぐりgroseilの季節 塚本 有紀 - 料理講師(2012/06/21 22:07)

6月7日アペリティフの日に 塚本 有紀 - 料理講師(2012/06/08 22:17)

アルザス・復活祭の仔羊ケーキ 塚本 有紀 - 料理講師(2011/04/12 10:44)

マロンのビュッシュ・ド・ノエル講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/12/12 00:31)

「源平いも」とは 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/22 00:53)