競売で処理された場合の滞納管理費・滞納税金 - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

競売で処理された場合の滞納管理費・滞納税金

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

競売で処理された場合の滞納管理費・滞納税金


任意売却での処理ですと
滞納管理費は全て売却代金の中から
配分として、例外を除いて捻出してくれます。
例外とはあまりに高額の滞納ですと
競売での処理のほうがいい場合があるのです。
その場合は競売での処理となります。

競売の場合の滞納管理費・滞納税金
の請求はどのようになるのでしょうか。



「滞納管理費はその滞納している本人と
 マンションの部屋に付いて回るもの」
というふうに考えると分り易いと思います。
つまり、
競売での処理後の滞納管理費の請求は
管理組合はそのマンションを滞納した元の所有者と
競売により落札した新所有者の両方へ請求できます。

一方、滞納税金は、
「その滞納している本人に請求されるもの」
です。
そのマンションの部屋に付いて回るもの
ではありません。
ですから、任意売却での処理でも
その不動産の売買自体には影響がありませんから
配分はしてくれません。


ただし、滞納税の処分による差押登記がなされていた場合は
その売買にも影響がありますから、
配分として支払われるケースが多いのですが
滞納税全額を負担してくれるかどうかは、
債権者次第です。



このコラムに類似したコラム

債権者が11社もある任意売却 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/22 06:05)

滞納管理費・滞納修繕積立金や滞納税は高額になると任意売却できない可能性も 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/17 17:46)

任意売却はどうして無料でできるのですか? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/04 07:36)

管理費等の滞納でお悩みのお客さまへ 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/03/25 06:09)

「不動産鑑定士 不動産に関する行政法規」、その3 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/15 07:42)