定年過ぎて大きくのしかかる住宅ローン - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年05月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

定年過ぎて大きくのしかかる住宅ローン

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

定年を過ぎているのに

まだ10年以上もの期間の住宅ローンが残っていて
少ない給料と年金からの支払では苦しい。
どうしたらよいのでしょうか?


このような相談が多くきています。
今の日本ではこのように定年を超えてからの
住宅ローンの支払は厳しいものがあります。
駅のトイレ掃除やコンビニのアルバイトなど
定年を超えているであろう方の姿を時々見かけます。
皆さん全員が
住宅ローン返済のために働いているのではないでしょうが、、、

先日の相談例ですと64歳で
アルバイト収入が月12万円、年金が5万円
それに対して、
住宅ローンがまだ10年以上あり、
毎月の返済額は管理費など含めて13万円です。
これまでの足りない分は貯蓄などから支払っていました。
しかも数年前よりリスケ(返済の変更)をしているので
毎月の支払は金利のみのです。
これでは何時まで経っても返せる見込みはありません。

ではこのような方の場合はどのようにすればいいでしょうか。
住宅を失いたくないのなら、
任意売却にして身内に買い取ってもらい
住み続けるという方法があります。

よくあるのはお子さんに住宅ローンを組んでもらい
そのまま住み続けるのです。
任意売却ですから、安く購入できますし、
何よりも今のローン金利で購入できますから
かなり有利ではないでしょうか。

そのような身内がいないのなら、
任意売却して賃貸住宅に移り住めば
少なくとも今の住宅ローンよりは
少ない住宅費で済むようになります。
最近は賃貸住宅も値下がりしていますから、、、

そもそも定年してお子様も独立なさっていれば
20年以上前の家族構成に合わせて購入した
マンションなどは広すぎます。
だれも使わない部屋のために
固定資産税や管理費など支払うのは
もったいないことです。

このように定年してもまだ10年以上も
住宅ローンが残っていて毎月の支払が厳しい方は
相談してください。
定年してからも
住宅ローン地獄のままでは、、、、

このコラムに類似したコラム

住宅ローンの「無理」な支払い 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/19 13:41)

住宅金融支援機構の『家賃返済特約付きフラット35』 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/10/09 08:49)

千葉県市原市のマンションの任意売却の相談 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/09/28 16:05)

千葉県佐倉市の任意売却 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/16 06:50)

取り立ての人が訪ねてくると居づらくなる? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/02/23 16:31)