管理費等の滞納でお悩みのお客さまへ - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

管理費等の滞納でお悩みのお客さまへ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却








管理費等の滞納でお悩みのお客さまへ
管理費等の滞納でお悩みではありませんか?


管理組合がマンションの管理運営を行う上で、
非常に重要な資金となるのが、この「管理費等」です。
 管理費とは、主に建物の共用部分等の管理を行うことを
目的として徴収される費用です。

 管理費等の滞納を放置し続け、滞納額が増大すれば、
 管理組合の管理運営に大きな影響を及ぼしかねません。
また、その滞納が修繕積立金にまで広がることとなれば、
長期修繕計画の実施の際にも
大変大きな影響を与える結果となってしまいます。


管理費等の滞納の期間が長期に及ぶと、
その滞納額も多額になり、さらに支払いが困難になるため、
トラブルを解決することが難しくなってしまいます。
このような事態を避けるためにも、
 滞納1~2ヶ月目から早めの対策を心掛けましょう。


滞納している管理費等を清算することができます。
マンションの管理費等の滞納でお悩みの方は、
住宅ローンは大丈夫でしょうか?


思い切って任意売却をご検討されてみてはいかがでしょうか?
このまま放置していても、滞納額がドンドンと膨らむばかりです。
滞納額が膨らめば膨らむほど、その支払いが困難になります。


滞納、延滞となっている管理費などは、
売買の決済時に売却代金の中から全額清算されます。
 管理組合の指定された口座へ全額振り込まさせていただきます。


ちなみに、任意売却物件をご購入された方で、
前の所有者の管理費滞納分などが
 清算されないままで引き渡されてしまい、
 何十万円、何百万円という請求を受けたことにより、
管理組合や管理会社を交えた
裁判沙汰に発展してしまう人のケースもあります。

 任意売却に不慣れな業者が処理をすると
後々までゴタゴタが続くことになりますから、
 的確に処理がでる弊社にお任せください。


管理費や住宅ローンのように
『お金』に関するトラブルは、
 非常にデリケートな問題なので、
 どうすれば解決できるのか悩んでしまいます。
 任意売却推進センターでは、
親切・丁寧に迅速対応をさせて頂きますので、
 安心してお気軽にお問合せください。


このコラムに類似したコラム

住宅ローンの「無理」な支払い 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/19 13:41)

任意売却では必ずしも高い査定がいいわけではない 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/12/13 08:40)

空室が続きその投資用アパートローンなどの返済に行き詰まる 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/13 07:48)

Q:2任意売却の場合は管理費は払わなくてもいいと聴きましたが? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/09/18 06:32)

なぜ?任意売却の場合は管理費は払わなくてもいいのですか? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/09/08 16:11)