住宅ローン破産すると厳しい取立てにあいます。 - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年07月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン破産すると厳しい取立てにあいます。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

住宅ローン破産すると
住宅金融支援機構(旧公庫)や
住宅ローン信用保証会社や
債権回収会社(サービサー)から
厳しい取立てにあいます。

例えば、

「給与の差押をされます・・・」

「会社にまで催促の電話がきます・・・」

「自己破産をしなければならなくなります・・・」

「離婚しなければなりません・・・」

「奥さんや子供にも請求が来ます・・・」

「直ぐに住まいを追い出されます・・・」

「自宅に取立てに来ます・・・」

「近所に知れ渡ります・・・」
と友達や知り合いから、
「聞いた話なのですが・・・」
と怯えながら相談してくる方がいます。

しかし、
そのうようなことは
絶対にありません。
住宅金融支援機構(旧公庫)や
住宅ローン信用保証会社や
債権回収会社(サービサー)は
そのようなことはしません。
個人情報の漏洩や法律で定められた範囲を
超えた催促は出来ないのです。

悲しいことにそのようなことは
有り得ないのに、
よくわかっていない
と友達や知り合いから聞いた話として
信じないまでも、
不安にかられながらの相談なのです。

くれぐれも、知り合いや友達の話は
参考程度にしておき、
まずは、
住宅ローン問題の専門家してください。
正確な情報を元に行動を起こさなければ
後々後悔することになります。
相談をお待ち申し上げます。



このコラムに類似したコラム

風邪をひいたのに眼科へ? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/03 11:44)

任意売却すると債務が帳消しに? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/01/31 06:13)

任意売却とは? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/12/12 22:14)

任意売却に対する誤解 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/06 09:52)

住宅金融支援機構(住宅金融公庫)より延滞金の一括納付の催告… 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/10/02 10:22)