住宅金融支援機構(住宅金融公庫)より延滞金の一括納付の催告… - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年08月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅金融支援機構(住宅金融公庫)より延滞金の一括納付の催告…

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

現在住宅ローンの延滞が3ヶ月で住宅金融支援機構(住宅金融公庫)より
延滞金の一括納付の催告書がきてしまいました。

4年前までは自営業をしていましたが、
昨今の不況のあおりで、事業が立ち行かなくなり
個人再生をしてきましたが、
3年間の支払い減額終了と同時に支払いが厳しくなり、
とうとう延滞4ヶ月になってしまいました。

家族はわたしと妻と中学3年と小学6年と、
犬と猫を飼っています。現在は警備員のアルバイトと
知り合いの手伝いで生計を立てていますが
ギリギリの生活のため今後も支払えそうもありません。
妻とは家庭内離婚状態で、任意売却することになると
子供たちとも別れなければならず
踏ん切りがつかない状況です。
また、犬と猫を飼っているので障子は破れ、
壁などは引っかき傷などで人様に見せられる状態ではないのですが、やはり任意売却を考えるべきなのでしょうか?
--------------------------------------------------
※プライバシー保護のため内容は変更してあります。
このようなご相談がありました。
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)は
6ヶ月延滞すると債権回収会社(サービサー)に委託して
「任意売却」か「競売」を選択するよう通知してきます。
その問いかけに答えず放って置くと、競売にします。


まだ、3ヶ月弱ありますので
どなたか身内の方で現金をお持ちか、
住宅ローンを組める方を探せれば、
任意売却の身内間売買などで

買い戻すことも可能です。

残念ながらそれがダメなら、
引越費用などの現金を残せるように
任意売却に応じるほうが
競売で処理されるよりはいいと思います。
任意売却終了後に残った債務は

小額返済を認めてもらえます。


まだ、時間はありますので
相談者にとって一番有利で無理のない形で
進めていければと思います。






このコラムに類似したコラム

静岡県静岡市にマンションを所有しています。 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/12/20 06:06)

愛知県名古屋市の任意売却の相談 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/02 15:57)

どうしても引っ越したくない!親子間・身内間による任意売却!! 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/05/16 22:06)

住宅ローン破産すると厳しい取立てにあいます。 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/04/07 18:57)

有担保つきの債権譲渡は債務免除のチャンス 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/10 14:11)