任意売却して残った債務が、暴力団などに売られて、厳しい取立… - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年04月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

任意売却して残った債務が、暴力団などに売られて、厳しい取立…

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

よくある相談で
「任意売却して残った債務が、
暴力団などに売られて、
厳しい取立てにあわないか心配だ、、、」

という心配の相談がありますが、
心配には及びません。
暴力団や怪しい業者への
債権譲渡はありません。

任意売却するということは、
必ず、債務が残ります。
債務が残らない売買は
任意売却ではなく通常売買になります。

では?
この必ず残る債務は
どうなるのでしょうか?
もちろん消えてなくなることはありません。
当然請求されます。
そして、
民間の住宅ローン保証会社などの場合は
法律事務所か債権回収会社(サービサー)へ 
 いずれ、不良債権として債権譲渡されます。 
これは法律で決められていて、
住宅ローン保証会社などの金融債権は
法律事務所か債権回収会社(サービサー)  
以外には債権譲渡できません。
つまり、
資格や免許のないような恐い所に
売却されることはありません。
債権譲渡は、
債権の譲渡人から債務者に対して
債権譲渡の通知を
しなければならない事になっています。
債権の譲受人から通知しても
法的には効力がありません。
債権譲渡の通知は、
証拠の残る内容証明郵便などで
届くことになります。


このコラムに類似したコラム

住宅ローンの「無理」な支払い 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/19 13:41)

任意売却が終了するまで、住民票の移動はしてはいけない 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/05/19 07:25)

有担保つきの債権譲渡は債務免除のチャンス 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/10 14:11)

任意売却はどうして無料でできるのですか? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/04 07:36)

任意売却がゴールだと勘違いしていませんか? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/03/11 08:02)