有担保つきの債権譲渡は債務免除のチャンス - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年08月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

有担保つきの債権譲渡は債務免除のチャンス

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

銀行や住宅金融支援機構などの住宅ローン
が支払えなくなった場合は
期限の利益の喪失後は
銀行の場合は住宅ローン信用保証が、
住宅金融支援機構の場合は
委託先の債権回収会社(サービサー)が
任意売却の窓口になり任意売却を行ないます。
このようなケースが圧倒的に多いのですが、

時々、あまりメジャーではない金融機関の場合は
期限の利益の喪失後に有担保のまま債権回収会社(サービサー)へ
債権譲渡してしまう場合があります。

この場合は冒頭に記しましたように
「有担保つきの債権譲渡は債務免除のチャンス」
です。
どういう事かと申しますと、

有担保のまま譲り受けた債権回収会社(サービサー)は
目標の金額で任意売却できた場合は
残債務を免除してくれる場合があるのです。

この場合は任意売却と同時に
債務もなることになります。

ちなみに
住宅ローン信用保証や住宅金融支援機構は、
任意売却後の残債務の免除は会計上出来ません。



このコラムに類似したコラム

住宅ローンの「無理」な支払い 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/19 13:41)

任意売却するには期限がある 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/10/31 16:34)

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)は任意売却後の残債務を債… 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/10/25 06:17)

抵当権とは? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/06/18 08:46)

「住宅ローン破綻の解決に向けて」-4 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/04/30 08:17)