【新規事業は新規ではない】 - 創業事業計画 - 専門家プロファイル

森公認会計士事務所 公認会計士・税理士
東京都
公認会計士・税理士
03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【新規事業は新規ではない】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 創業事業計画
起業

こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。

新規事業の立ち上げは、経営をする上で大切なことです。

特に、今のようにビジネスモデルあるいは商品の陳腐化が激しい時代、
「このビジネス・商品がいつまで利益を出し続けるのか?」
つまり、プロダクトライフサイクルを自問しながら経営することがキーになってきます。

つまり、会社が停滞に陥いる前に、既存事業の利益を元手に、新たな事業を立ち上げることは、事業ポートフォリオという点から重要なのです。


しかし、新規事業の立ち上げは、実際なかなかうまくいきません。

【CFO養成講座】-あなたの会社を成長させよう!  - 東京港区の会計事務所 公認会計士 森 滋昭

なぜなら、新規事業を立ち上げる企業にとって、新規事業は“新規”であっても、マーケットでは既存の事業だからです。

(もちろんアップルのipadのように、世界で誰もやったことのない初めての事業・製品というのもあります)

会社の中で“新規”の事業を行うことは、ゼロからの経験であり、難しいことです。

しかし、マーケットからすれば、競争がひしめく中で、最後発として事業を立ち上げるのだから、当然一番難しいことになります。


これを商品ではなくエリアを軸に考えれば、日本企業の海外進出、今で言えばアジア進出も同様です。

いくらマーケットが伸びていても、そこの多くの企業が一斉に参入している中で進出しようとするのであれば、海外という壁も含めて、簡単ではありません。



これを、起業という時間軸で見れば、起業も同様です。


起業する本人にとって、起業はすべてが初めての新鮮な体験です。

その分、困難でありながらも、一種の興奮があり楽しく、夢中で出来る面もあります。


しかし、マーケットから見れば、マーケットで100人の会社が競争をしていれば、101番目の最下位からのスタートになるのです。


普通、起業家は、人・物・金、そして情報と、全て”ないないづくし”からの出発です。

普通の会社の新規事業以上に厳しいはずですね。


<あわせて、よく読まれる記事です>
 【地銀も中国でビジネスマッチング】
 【独立1年。】 実際儲かっているの?



よろしければ、クリックをお願いします。↓

人気ブログランキングへ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
森公認会計士事務所 公認会計士・税理士

会社設立・創業融資をサポート

監査・税務・ビジネス、”3つのキャリア”で、約20年。 その間、いつも「決算書の数字の奥にあるものをみる!」感覚を研ぎ澄ましてきました。 だから・・・ベンチャーから上場企業まで、あなたの会社の、一番の社外サポーターに!

03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「起業」のコラム

マイナンバー制度について(2015/07/30 06:07)

このコラムに類似したコラム

『企業診断ニュース(6月号)』にインタビュー記事が掲載されました 高木 仁 - フランチャイズビジネスコンサルタント(2016/06/14 09:26)

企業家は、何度も何度も起業を重ねて 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/18 20:19)

起業に向けて今年の正月福袋 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/04 20:29)

1度切りの起業で成功するのは奇跡 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/12 20:48)

首相が国会会期中に企業の使い走り? 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/12 20:43)