【金融庁、資産査定を厳格化】 - 返済リスケジュール・財務改善 - 専門家プロファイル

森公認会計士事務所 公認会計士・税理士
東京都
公認会計士・税理士
03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年09月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【金融庁、資産査定を厳格化】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 事業再生と承継・M&A
  3. 返済リスケジュール・財務改善
ビジネス

こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。


少し前になりますが、6月24日付のニッキン(日本金融通信社)によると、金融庁は、金融検査で、銀行や信用金庫等の資産査定の厳格化に舵を切り始めたそうです。

対象は、中小企業金融円滑化法に基づき貸付条件を変更した先です。

特に、円滑化法を施行した際に、債務者区分を要管理先・破綻懸念先(不良債権)から要注意先(正常債権)に区分を変更した先を抽出して検査をしているようですが、検査を受け銀行からは、「予想以上に厳しかった」との声が出ているそうです。



金融機関の方に伺ったところ、金融機関では承知のことで、来年3月に円滑化法の適用期限が切れるので、すでに銀行内に対策チームを作っているようです。


企業側としては、金融庁の方向転換が行われたのを受けて、金融機関の姿勢が変わってきていることに対応し、来年3月の円滑化法の適用期限までに、至急、経営改善を図っていく必要がありますね。

-----関連記事です。よろしければ、こちらもご覧下さい。-----

不良債権予備群 増加中

金融円滑化法も、あと、9ヶ月


よろしければ、クリックをお願いします。↓

人気ブログランキングへ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
森公認会計士事務所 公認会計士・税理士

会社設立・創業融資をサポート

監査・税務・ビジネス、”3つのキャリア”で、約20年。 その間、いつも「決算書の数字の奥にあるものをみる!」感覚を研ぎ澄ましてきました。 だから・・・ベンチャーから上場企業まで、あなたの会社の、一番の社外サポーターに!

03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ビジネス」のコラム

このコラムに類似したコラム

【不良債権予備軍 なんと44兆円!】 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/10/11 23:52)

【金融円滑化法 延長に?】-自見金融相の発言から 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/09/03 23:39)

不良債権予備群 増加中 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/07/09 20:18)

金融円滑化法の1年間の延長について(金融庁のプレスリリース) 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2010/12/16 02:18)

「経営者保証に関するガイドライン」2月1日から適用開始 濱田 浩三 - 事業承継アドバイザー(BSA)(2014/01/31 12:33)