不良債権予備群 増加中 - 返済リスケジュール・財務改善 - 専門家プロファイル

森公認会計士事務所 公認会計士・税理士
東京都
公認会計士・税理士
03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不良債権予備群 増加中

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 事業再生と承継・M&A
  3. 返済リスケジュール・財務改善
事業再生

こんにちは、東京港区で会計事務所をしている、公認会計士の 森 滋昭です。


「東京商工リサーチが8日発表した2011年上期(1~6月)の倒産件数(負債総額1000万円以上)によると、6月末までの震災関連倒産は173件に」になるそうです。

一方で、「上期の倒産件数は6523件と2年連続で前年同期を下回った。」とのこと。
(SankeiBizにより)

震災の影響よる一部倒産が増えているものの、日本全体としては、政府の緊急保証制度や中小企業金融円滑化法の施行などの効果がでて小康状態にあるようです。

しかし、この平成23年3月末で、中小企業金融円滑化法の申込(いわゆるリスケですね)は、前年から30兆円増えて、48兆円にも上っています。
中小企業金融円滑化法に基づく貸付条件の変更等の状況について(速報値) 参照)

そして、この48兆円は、銀行の決算書上では不良債権として扱われていません。
(ちなみに、銀行の決算書上、不良債権は、この3月末で約7兆円と、ほぼ前年と変わらず。)


つまり、約7兆円の不良債権とは別に、急激に増えた不良債権予備群が、48兆円もあるということです。
特に地銀は、貸出金の10%にものぼっています。


今、地方を中心に、不良債権予備群が増えています。


-----関連記事です。よろしければ、こちらもご覧下さい。-----
金融円滑化法も、あと、9ヶ月

【金融庁、資産査定を厳格化】


よろしければ、クリックをお願いします。↓

人気ブログランキングへ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
森公認会計士事務所 公認会計士・税理士

会社設立・創業融資をサポート

監査・税務・ビジネス、”3つのキャリア”で、約20年。 その間、いつも「決算書の数字の奥にあるものをみる!」感覚を研ぎ澄ましてきました。 だから・・・ベンチャーから上場企業まで、あなたの会社の、一番の社外サポーターに!

03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「事業再生」のコラム

このコラムに類似したコラム

【不良債権予備軍 なんと44兆円!】 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/10/11 23:52)

【金融円滑化法 延長に?】-自見金融相の発言から 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/09/03 23:39)

従業員持株会とは 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/06 16:01)

倒産急増しているようですが、ちょっと待ってください! 萩原 貞幸 - 経営コンサルタント/起業家(2012/07/21 10:31)