売買・贈与と遺贈の比較 - 会社設立全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

売買・贈与と遺贈の比較

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立全般
経営 経営実践

おはようございます、今日は写真の日です。
花を飾るようになって以降、花の写真も撮るようになりました。


自著『高校生からはじめる投資のはなし』について。
動画配信もはじめました!!


非親族である後継者候補にとって、株式が手元に中々来ないことは、
事業を維持、成長させていくために大きな足かせとなります。
このような問題点を解決するためには、遺贈以外の方法論を検討する必要があります。


売買や(生前)贈与を駆使すれば、株式の移転はすぐにでも実現します。
そうなれば後継者は、安心して事業経営に勤しむことが可能です。
ただし、従前に確認をした通り、売買や贈与にもお金が必要です。


売買:後継者は先代に対して、株式の時価相当額を支払う必要がある
贈与:後継者は株式の時価相当額に一定の税率を乗じた贈与税を国に納める必要がある


売買にせよ贈与にせよ、一般的には遺贈より多額の資金が必要です。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

電子債権(2022/08/08 08:08)

キャッシュレスの普及(2022/08/07 08:08)

決済手段(2022/08/06 08:08)

税務も同じ(2022/08/05 08:08)

資料収集(2022/08/04 08:08)

このコラムに類似したコラム

そもそも後継者になり得る人は数が少ない 高橋 昌也 - 税理士(2022/06/23 08:00)

先代がフォローしてあげることの重要性 高橋 昌也 - 税理士(2022/05/04 08:00)

小さな仕事の広報不足 高橋 昌也 - 税理士(2021/07/09 07:00)

営業分野について 高橋 昌也 - 税理士(2022/07/27 08:00)

経営に必要な技術 高橋 昌也 - 税理士(2022/07/24 08:00)