保険事故が起こったときの影響について考える - 会社設立全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険事故が起こったときの影響について考える

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立全般
経営 経営実践

おはようございます、今日は鰹節の日です。
どちらかというと、我が家は昆布だしの方が多いかな・・・


自著『高校生からはじめる投資のはなし』について。
動画配信もはじめました!


保険について、例えば「新社会人が保険に入ることの意味」について考えてみます。
この場合、基本的な考え方はこんな感じです。


・どのような保険事故があったら、困ることになるのか?


例えば、車を買ったのであれば「事故を起こしたら困るから、自動車保険に入る」のが普通です。
これを逆説的に言えば、車を持っていないのであれば、自動車保険に入る意味はないということです。


では、昔よく言われた「社会人になったのだから、保険くらいは入らないと」というセールストークはどうでしょう?
この理屈が正しいのだとすれば、社会人になる時点で、なにかしらのマイナスリスクを抱えている、ということになるはずです。


ただ、実際にはそんなこと、ないんじゃない?ということは、少し考えればわかってきます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

福利厚生としての保険(2022/01/22 08:01)

高度障害状態(2022/01/20 08:01)

このコラムに類似したコラム

インデックス投資 高橋 昌也 - 税理士(2021/12/23 08:00)

投資と呼ばれる分野と保険 高橋 昌也 - 税理士(2021/12/17 08:00)

保険が必要な状況とは? 高橋 昌也 - 税理士(2021/11/23 08:00)

最近では死亡保障以外も注目が高まっている 高橋 昌也 - 税理士(2022/01/15 08:00)

保険金で時間稼ぎをする 高橋 昌也 - 税理士(2022/01/14 08:00)