分けにくさ「小」:現預金 - 会社設立全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

分けにくさ「小」:現預金

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立全般
経営 経営実践

おはようございます、今日はソフト化の日です。
柔軟なのか、軸がないのか、常に注視したいところです。


自著『高校生からはじめる投資のはなし』について。
動画配信もはじめました!


相続税対策の基本は「遺産を分けにくい状態にしておくこと」だと紹介しました。
まず、もっとも分けやすい遺産について。
これは昨日も紹介しましたが「現預金」です。


私の知る限りですが、現預金をもらって、嬉しくない人はあまりいません。
「ここに1億円あって、二人で分けるから、それぞれ5,000万円ずつね」という話がきたとしたら?
まぁ、その話に至るまでにいろいろな過程もあるかと思いますが、揉める可能性も少なそうです。


つまり、亡くなられた方の遺産に現預金が多いほど、相続(遺産の分配)がしやすいわけです。
これを相続税の側から考えると


・現預金の比率が高いほど、相続税が増える可能性が高い


こういうことを意味します。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

保険料が高い(2021/11/27 08:11)

保険が必要な状況とは?(2021/11/23 08:11)

このコラムに類似したコラム

相続対策を重視?相続税対策を重視? 高橋 昌也 - 税理士(2021/10/24 07:00)

分けにくさ「特大」:非上場株式(ちょっと例外的扱い) 高橋 昌也 - 税理士(2021/10/23 07:00)

分けにくさ「大」:不動産 高橋 昌也 - 税理士(2021/10/22 07:00)

分けにくさ「中」:上場株式とか 高橋 昌也 - 税理士(2021/10/21 07:00)

相続税対策≒分けにくい財産にしよう 高橋 昌也 - 税理士(2021/10/19 07:00)